5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

World of Darkness(暗黒の世界)総合5

303 :NPCさん:04/04/07 18:15 ID:???
いい加減な説明だから、話半分に聞くように。
実際の所は、「トーキョーN◎VA The Detonation」「異能使い」「アルシャード」等を買って自分で見てくれ。

「ハンドアウト」
セッション開始前(キャラ作成前の場合も)に、渡される「キミのキャラはこんな感じで今回動いてくれ」等と書かれたメモ。
恋人を設定してないキャラに突然恋人を発生させられたりするので、嫌ってる人間も多々有り。
実際の所は、「恋人の代わりに異性の友人って事でどうだ?」等とGMと話合う事が良いのだが、聞く耳持たないGMも…(T_T)

「シナリオコネクション」
ハンドアウトに付属する形などで、セッション開始前に予め渡される「そのシナリオの関係者とのコネ」
単純な依頼人から、長年闘ってきた宿敵、そのシナリオのヒロインまで色々な場合が存在し、問題点はハンドアウトと同じ。

「シーンへの登場・退場」「舞台裏」
各場面で、「誰がそこに居るのか?」をわかりやすくするための概念。
例えば、エリュシオンで話を進めている時に、そこにヴェントルーがやってきたらヴェントルーが「登場」したと言い、
トレアドールが用事を思い出してそこから帰ったら、彼は「退場」したという。

登場していないキャラクターが居る場所が「舞台裏」。
通常、FEARのゲームにおいては、舞台裏は「どこでもない場所」として考えられてるので、
舞台裏に存在しているキャラクターは、表舞台での出来事によってダメージ等を受けない。
例えば、ミサイルで街が吹っ飛んでも、その際舞台裏にいたなら何故か無傷…の場合がある。
(GMの判断によってはそうはならないが。)

170 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)