5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆こじつけ講談◆DQ世界の解釈論

1 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:24 ID:OMWPD71x
 誰も来なくても一人でやるぞ。

と言うわけで勝手にはじまりはじまり~


2 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/15 22:27 ID:zMTTvHfp
2


3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/15 22:29 ID:HYpDk9fW
( ・∀・) ワクワク

4 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:40 ID:OMWPD71x
 DQ世界でありきたりになっている事柄についてマジメに考察しようと目論む
スレです。 たとえば、
 なぜ、王様は自分で竜王をやっつけにいかないのか?
 なぜ、モンスターを倒すとお金が手に入るのか?
 なぜ、勇者はタンスや壷の中身を勝手に持っていっちゃうのか?
 こういった素朴な疑問に対し、できる限りDQ世界の枠を維持しながら解釈を加え、検討・解説を試みます。

 どこかで見たようなAAによる一人講演形式で進みます。

 尚、以下のようなものは来るべからず。
・板違いだ、○○板へ池・・・とかの書き込み。
・既に似たようなスレがあるから・・・という書き込み。
・感情的反対論。
・理解できない脳みそによるアラシ。
 では行ってみよーーー。


5 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:43 ID:OMWPD71x
 やっぱ最初はなぜ王様は自分で竜王を倒しにいかずに怠慢かましているのか?
というのを取り上げます(基本だよね)。

6 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:45 ID:OMWPD71x
【疑問 その1】 なぜ、王様は自分の軍隊で魔王を倒しにいかないのか?




 じゃあ、まずこの件からいきましょうかね。

 誰もが一度は感じたことがあるはずの謎ですね。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、 
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)

 
\ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

7 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:46 ID:OMWPD71x
 DQ世界の国々には王様がいますが、
いつもそうなのですが、この王様が世界の危機に

自ら軍を率いて魔王を直接討伐しようとしたためし

が一度もありません。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、 
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)

 
\ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

8 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:47 ID:OMWPD71x
 そのうえ事もあろうにたった一人の勇者とその仲間たちに全てを
任せてしまっています。
 仮にも支配者として怠慢のそしりを免れないでしょう。
 一体どうしたわけでしょう。
 大軍で攻め込めばいいのじゃないのか・・・と
───────v─────────────────────┘

     曰             
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

9 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:48 ID:OMWPD71x
煩瑣なのでこの後はDQTを例にとって考えてみます。
ラダトーム城の王、ラルス16世、この人は竜王軍に
侵攻され、さらには大事なローラ姫までさらわれており、
そのくせ軍隊に総攻撃を命ずるでもなく、全く無気力
に見えます。 
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、 
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)

 
\ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

10 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:49 ID:OMWPD71x


 王として、親として、それでいいのかオッサン!

 と、言いたくなります。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧     
    ノ__丶( `Д´ ) ビシッ!  
     ||天||m9    li|ヽ、 
  _ ||狗|||    | ̄¢*
  \ ||舞|| ̄ ̄ ̄ ^^^^\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

11 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:49 ID:OMWPD71x
 今すぐ船団仕立てて大軍で竜王の城を攻略しろと言いたい所です

が、しかし

 全軍で出かけてしまうと今度は自分の城の守りが危うくなるため、
うかつに動けないとも考えられます。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、 
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)

 
\ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

12 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:50 ID:OMWPD71x
 しかしそれなら、その辺で遊んでいるやつらを片端から徴発して、
兵員を増強すればよろしいのでは?
 なんといっても世界とお国の危機ですよアンタ、
 温泉でパフパフして遊んでいる時じゃないちゅうとんの。
 リルムダールのマヌケ男なんか7厘切手で呼びつけりゃいい。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、 
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)

 
\ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

13 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:51 ID:OMWPD71x
 しかし現実にはそのような臨戦状態の緊張感があまりなく、
ただ沈んでいるだけのように思えますね。
         
 しかしドムドーラみたいに滅ぼされた町もあるし、状況は厳しい
ハズですよね。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、 
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)

 
\ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

14 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:52 ID:OMWPD71x
 ところで理解不能なのは王様だけじゃありません。
 一方の竜王の戦略の方もナゾです。

 なぜ、ラダトーム城の周辺には弱い魔物ばかりが配置されている
のでしょうか?
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

15 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:53 ID:OMWPD71x
 仮にもラダトーム城は竜王側にとって最重要の戦略目的拠点なはず
でしょう。

 当然その方面の前線には最強の精鋭部隊を配置するべきでは
ありませんか? 
 私が竜王ならば絶対にそうしますよ。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

16 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:54 ID:OMWPD71x

 まあ、竜王側の奇妙な戦闘配置については後で考えるとして、今は
ラダトーム王の方を考えます。

 なぜ王は軍を増強して竜王に勝負を挑まないのでしょうか?
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

17 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:55 ID:OMWPD71x
 だいたい、竜王の城を攻略する前に、島に渡るための船が一隻も
見当たりません。

 竜王の城はラダトーム城の対面の海峡を渡ったところにあるのに
なぜ船ヲ揃えてないのでしょうか?
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

18 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:56 ID:OMWPD71x
 この点については、小説では海は竜王の魔力によって恐ろしい波が
あれ狂い云々

・・・と、書いてあります

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

19 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:57 ID:OMWPD71x


 そんな子供だましは消防相手にだけやって下さい!!


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶( `Д´ )   
     ||天||m9    li|ヽ、|
  _ ||狗|||    | ̄¢*
  \ ||舞|| ̄ ̄ ̄ ^^^^\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

20 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:58 ID:OMWPD71x
 普通に考えれば魔の島付近の制海権が竜王側に完全に握られて
いるってことでしょうな。 

 竜王側には空を飛ぶモンスターがおリ、人間側は制空権を取られ
てしまう。 

 その結果制海権も当然取られてしまったわけです。 
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

21 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 22:59 ID:OMWPD71x
 船で近づこうとも、空挺部隊のメイジキメラあたりにギラでことごとく
焼かれて沈没したりして。 

 そうこうしているうちに逆に竜王軍に上陸されてしまったわけですよ。
 きっと。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

22 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:00 ID:OMWPD71x
 どうやらラダトーム側は、海に板切れ一枚浮かべられない状況に
追い込まれているようです。 

 実際、人間は魔の島に上がれないけど、魔物の方はこっちにどん
どん上陸してるじゃん。 
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

23 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:01 ID:OMWPD71x
 その上、もし大軍で上陸できたとしても勝てないのかもしれません。
 と言うのも、竜王の城は城といっても内部は大迷路になっています。 
 細くて狭くて暗い通路が延々と続くわけです。

 これではどんな大軍でも、一気には入れません。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

24 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:03 ID:OMWPD71x
 二人ぐらいしか横に並べない狭い通路で炎を吐き出すドラゴンなんか
に出会った場合、みるみる損害ばかり増えて進むことすら出来なくなる
と思われます。
 大軍は広い場所で展開しないと威力が発揮されません。
 
 その上あの城は強敵ぞろいだし・・・・
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

25 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:03 ID:OMWPD71x
 こうしてみると、竜王の城はよく出来た要塞ですな。
 人間側の大攻勢に対してちゃんと考えている。
 さすが、元は大魔王ゾーマのお城ですな。
 これを突破するには、サシの勝負で強大な魔物にも勝てるような
「勇者」でないとダメなのかも。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


26 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:04 ID:OMWPD71x
 ともかく、実際の戦況は竜王軍が押しまくっている、と言うよりも、
もう竜王軍圧倒的優勢なのでしょう。 

 ラダトーム城側は打つ手に窮して敗色濃厚の中で意気消沈と
いうわけです。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

27 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:06 ID:OMWPD71x
 
 さて、ラダトーム城側に憂色が深まる中、さらに追い討ちを
かけるようにショッキングな事件が起こります。


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

28 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:07 ID:OMWPD71x
 ある夜、竜王軍が夜襲を仕掛け、城の奥の部屋で寝ていたローラ
姫を略奪していきます。 
 (GB版OPより) 


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

29 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:08 ID:OMWPD71x
 
 この時、竜王軍側が本気ならラダトーム城陥落も十分可能
であったのでしょう!


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧     
    ノ__丶( `Д´ )   
     ||天||m9    li|ヽ、 
  _ ||狗|||    | ̄¢*
  \ ||舞|| ̄ ̄ ̄ ^^^^\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

30 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:09 ID:OMWPD71x
 竜王側は「その気になればいつでもラダトーム城を叩き潰せるのだ」

 という実力を十分に示し、ローラ姫を看板代わりに持っていっちゃい
ました。 

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


31 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:11 ID:OMWPD71x
 
 これが勇者の登場の半年前のこと。 

 ラダトーム城側は明日にも最期の日が訪れるかと悲嘆に包まれた
でしょう。 
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

32 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:13 ID:OMWPD71x
この先は純粋な空想になりますが。

 さて、この状況を取りしずめ、竜王側の勢いをくい止めるため、
ラダトーム城側はどうしたでしょうか? 

 おそらく竜王側とひそかに交渉したことと思います。
 そして休戦を願い出たのでしょう。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

33 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:15 ID:OMWPD71x
 おそらくラダトーム王の提案は、
@ラダトーム城側は光の玉奪回を事実上あきらめる。
A竜王配下の魔物に対して軍による集団的討伐は自粛する。
Bかわりに竜王側はラダトーム周辺の治安を保障する。 

 と言うような内容だったと考えられます。 
───────v─────────────────────┘

     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

34 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:17 ID:OMWPD71x
 竜王はせせら笑ったでしょう。
 「万策尽きてついに泣きついて来たか」と、戦況は圧倒的 有利で
あり、いつでも勝てる状態です。

 ラダトーム王の提案は問題の先延ばしでしかありません。
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

35 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:18 ID:OMWPD71x
 結局竜王は提案を受け入れました。
 どうせいつでも勝てるのであるから、余裕たっぷり勝利者の閑日月を
味わうのも悪くない。 

 そのかわりラダトーム以外の方面にはこの約束により魔物が一気に
溢れだしたでしょうね。  

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

36 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:19 ID:OMWPD71x
 これがまあDQ1開始時の状況です。
 すなわち、ラダトーム側は積極的な軍事行動に出ず、また竜王側も
重要なはずのラダトーム方面の前線にはスライムとかドラキーなどの
最弱部隊を配置した状況になっています。

 不思議な状況の謎がこれです。 
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

37 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:20 ID:OMWPD71x
 しかしこれではラダトーム王は国の破局を前に竜王と密約を結んで
問題の先延ばしと自分の保身だけを考えている最低の王様ということ
になります。 

 はたして本当にそうだったんでしょうか? 

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

38 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:22 ID:OMWPD71x
違うのです! 
 これにはラダトーム王の深謀遠慮があったのです。

 王はこの頃、占い師から伝説の勇者が登場するという  
予言を受けていたのです。 
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

39 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:23 ID:OMWPD71x
 

 それだけではありません。


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧    
    ノ__丶( `Д´ )   
     ||天||m9    li|ヽ、 
  _ ||狗|||    | ̄¢*
  \ ||舞|| ̄ ̄ ̄ ^^^^\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

40 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/15 23:24 ID:F0LNqF94
スレ主題のセンスはいいと思うが、もうちょっと他の人も入れる雰囲気にして
くれないかな。コピペ一人語りじゃ伸びるスレも伸びないぞ。

41 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:25 ID:OMWPD71x
 半年後、やっと現れた勇者は・・・やはりというべきか戦闘経験とて
まだない未熟な若者にすぎませんでした。

 なにしろLV1(EXP 0)ですよアンタ!

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ハハハッ    
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

42 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:26 ID:OMWPD71x
 この状態で、いきなり強力なモンスターに出会えば一撃で昇天確実
です。

 城の周りにドラゴンでもうろついていたいた場合にはLV1の勇者は
レベル上げどころか城から一歩も出られなかったでしょうな。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ハハハッ    
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

43 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:27 ID:OMWPD71x
 しかし、先の密約の結果、この時ラダトーム城の周辺には、スライム
やドラキーなどのLV1でも倒せる魔物だけしか配置されていなかった
のです。  

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

44 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:28 ID:OMWPD71x
 勇者は弱い敵から順々に倒して経験を積み、順調に強くなっていき
ました。 

 尚、勇者はラダトーム王の軍隊ではないので、勇者が一人で戦って
いるコトは密約違反とはなりません。 

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

45 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:29 ID:OMWPD71x
 勇者が洞窟でローラ姫を奪回した頃には竜王も状況が
ただならないのを理解したでしょう。 

 しかしここまできたらもう先は見えていました。  

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

46 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:30 ID:OMWPD71x
     
 竜王は勇者がついに自分の前に立ったとき、自分が戦況の
圧倒的優位に奢って墓穴を掘ったことを理解したでしょうか?


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

47 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:31 ID:OMWPD71x
 
 十分に強くなっていた勇者はついに竜王を倒し、光の玉を奪還
しました。

 ここに、ラダトーム王の忍従と深謀遠慮は実を結んだのです。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  

48 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:32 ID:OMWPD71x
 
 勝利寸前の余裕から生じたわずかな油断を突かれて竜王は
あっけなく滅びました。 

 かつと思うな、思えば負けよ・・て感じですね。  

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧    プハア  
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||    

49 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:33 ID:OMWPD71x
 こう考えるとラダトーム王は怠慢で無気力な王ではなく、逆に竜王を
上回る智謀と胆力を持ったすぐれた 王であったようです。

 めでたしめでたし。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ナゲーナ
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   

50 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:34 ID:OMWPD71x
  
・・・しかしこの話はT以外の話をうまく説明できてないような気がする。  

 他はどう説明しようか・・・。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ドーシヨゥ
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   

51 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:36 ID:OMWPD71x
 まず、T、Vのみならずどの魔王も その居城は普通の人間には
越せないような高山や岩山、海に囲まれた所にあるので簡単には
近づけませんし。 

 下手すると魔界や異次元みたいなところにいる。
 シリーズごとに段々魔王の居場所は遠くになってくるな・・・。
 Tでは目と鼻の先の島だったのに・・・
───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧  
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   

52 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:37 ID:OMWPD71x
 また、どの魔王も その居城は迷路のようなダンジョンになっており、
その奥に鎮座しています。  

 よって竜王の時と同様に並みの兵士を大量動員しても 攻めづらい
という 説明は成り立ちますね。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧  
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   

53 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:38 ID:OMWPD71x
 しかしそれ以前に王も一般民衆も王の軍隊よりも少人数の勇者の
パーティーの方に期待し、誰もそれを異常だと思わないようではあり
ませんか。

 他人が束になっても敵わない何かが勇者には有るらしいです。  

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧  
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   

54 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:40 ID:OMWPD71x
 それは何かと尋ねたら・・・ 
 そう、蘇生能力ですね。 この世界にあるザオリクとか世界樹の葉、
あれで生き返るのは勇者とその特定の仲間だけのようです。  


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ソウナノダ   
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

55 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:42 ID:OMWPD71x
 このことはどこかにはっきりと書かれていたわけではありませんが、
他の人間が生き返った話は一件も無いように思いますよ。
 
 一方で死んでそれっきりだった人間はたくさんいます。 
 ムーンブルクの王と兵士、オルテガ、サイモンなんかですね。

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

56 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:43 ID:OMWPD71x
 
 死んでも蘇生できる!
 確かにこれは強力な特性であり、また人知を超えた神の恩寵と保護
を受けた者として人々から特別に崇拝されたでしょう!!

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧      
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


57 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:43 ID:OMWPD71x
   
 王や民衆が自分で戦うより勇者の到来を待ち、その力にすがるのも
当然といえるでしょう。

 なんせ神様の恩寵には敵うわけが無いのだから! 

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧     
    ノ__丶( `Д´ )     
     ||天||m9    li|ヽ、    
  _ ||狗|||    | ̄¢*  
  \ ||舞|| ̄ ̄ ̄ ^^^^\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

58 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:44 ID:OMWPD71x
 
 ん?なになに? モンスターの中にもザオリクや世界樹の葉を使う
やつがいるって・・・・・・。


───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   !!   
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


59 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:45 ID:OMWPD71x
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 えええぇ・・・・っと、それは、
 やっぱり、魔法とは魔の力であって・・・ぇぇ〜っと

───────v─────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   エェ〜   
    ノ__丶(; ´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

60 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:47 ID:OMWPD71x




 

 初手から
 詰まるコトになろうとは・・・。

──────v──────────────────────┘  
        Λ_Λ
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄

61 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:48 ID:OMWPD71x
 ・・・え〜、この件につきましては後でもう一度検討いたしたいと思い
ます。
 ただ、勇者にとってこの点(蘇生可能)がもっとも大きな強みであり、
重要な特徴であることには変わりがないとおもいます。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ハハハハ・・・   
    ノ__丶(; ´Д`)_  
     ||天||/    .| ¢、  
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.)  
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

                      ちゅーとはんぱに終わる。
                      いや、つづく・・・

62 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/15 23:51 ID:OMWPD71x
 以上のような形式でいろいろな疑問をこの後も解析していきます。

よかったら何かDQについての疑問を書いてください(出来るだけ基本的な事柄について)。
 「できれば」答えたいと思います。


63 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:01 ID:hCBAP81j
【疑問 その2】なぜモンスターを倒すとお金が手に入るのか?


 さて、次も納得いかない話なのですが、このシステムはもはや日本
のRPGのスタンダードというか、あまりにも当たり前になっているので、
誰も疑問に思わない様子。

 しかし実際はおかしな話であり、納得可能な説明を試みてみたいと
思います。
──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

64 :モンスターと金の謎01/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:05 ID:hCBAP81j
 
 モンスターがなぜお金を持っているのでしょうか?

 普通に考えてモンスターが町で買い物するとは思われないので彼ら
が意図して持ち歩いているとは思えません。

──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

65 :モンスターと金の謎02/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:06 ID:hCBAP81j
 よく言われる説明に、彼らが襲った人間から奪ったお金である・・・
というのがあります。

 しかしこれは説得力がありません。

──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

66 :モンスターと金の謎03/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:07 ID:hCBAP81j
 なぜならばモンスターの持っているお金はその種族 によって常に
一定金額であるからです。

 非常に不自然ではありませんか。

──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

67 :モンスターと金の謎03/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:08 ID:hCBAP81j
 
 スライムの所持金は常に1G、スライムベスは常に2Gであり、たまに
金持ちのスライムが100G持っていた、などということは絶対にないで
はありませんか!

──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧  ネッ!     
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

68 :モンスターと金の謎05/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:11 ID:hCBAP81j
 
 やはりコトがお金の問題である以上、神や魔物では無く、人間の
所為であると考えるべきでしょう。


──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

69 :モンスターと金の謎06/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:12 ID:hCBAP81j
 
 要するに、勇者が倒したモンスターの種類と数に応じて所定の金額
が勇者に払い込まれるシステムがある、と考えるべきでしょう。


──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧ ウンウン      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

70 :モンスターと金の謎07/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:13 ID:hCBAP81j
 
 もし、魔物を倒した数に応じて手当てを支払う人為的なシステムが
存在するのならば、一体どこの誰がこのお金を払っているのでしょう
か??

──────v──────────────────────
     曰           
     | |   ∧_∧  ダレダ??     
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

71 :モンスターと金の謎08/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:15 ID:hCBAP81j
  
 まず考えられるのは王室です。
 DQをやったものは誰でも王様が勇者に出発時に与える資金が
100G程度というのはセコイのでは? と思ったのではないでしょうか。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_ ヒック!  
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


72 :モンスターと金の謎09/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:16 ID:hCBAP81j
  
 この認識を改めなければならないかもしれません。

 最初に渡されるお金は、いわば手付金で、以降は実際にモンスター
を倒した数によって特定の金額が払い込まれる出来高制だったので
はないのでしょうか?

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

73 :モンスターと金の謎10/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:17 ID:hCBAP81j
  
 もしそうだととすれば、いつまでもレベル上げしてナカナカ魔王を倒し
に行かないような勇者は財政上困った存在ですな。

 TでLV30になった勇者に王様が「そなたは十分強い・・・」とか言い
ますが、言外に「さっさと終わらせろ」と言ってんのかもw

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

74 :モンスターと金の謎11/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:20 ID:hCBAP81j
 
 ところがここで奇妙な問題にぶつかります。 
 T〜Vでは冒頭から王様の御前でじきじきに魔物討伐を言い渡され
て旅に出るのですから、王様公認の勇者と言うことで、そうした設定に
無理はありませんが、 しかし、W以降は必ずしもそうは行きません。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

75 :モンスターと金の謎12/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:22 ID:hCBAP81j
 
 W以降の勇者は必ずしも王様に言われて旅立つわけではありません
ね。  
 山奥の村で人知れず戦う勇者やレイクナバの武器屋のオヤジ、踊り子
と占い師の仇討ち姉妹にまでしっかり同じシステムでお金が支払われ
るは合点がいきません。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧   ドーナッテンダ・・・ト    
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

76 :モンスターと金の謎13/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:24 ID:hCBAP81j
  
 お金の出所が王室でないとするなら・・・ 
 
 ここで私はDQ世界に見られる極めて強力な経済システムに目が
いきます。  

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧ ゼニゼニ      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

77 :モンスターと金の謎14/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:25 ID:hCBAP81j
  
 DQ世界にあるお店は主に武器屋、防具屋、道具屋ですが、世界中
どこへ行っても物価はまったく統一されています。 

 また物を売りたいときにも、どこへ行って何の店でも品物によって決
まった金額で引き取ってくれます。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

78 :モンスターと金の謎15/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:28 ID:hCBAP81j
 
 物の値段は需要と供給の関係で決まるはずですし、薬草ひとつでも
豊富に取れるところもあれば、あまりないところもあるでしょう。

 大きな都市もあれば、田舎の村もあるでしょう。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_フッシギー   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

79 :モンスターと金の謎16/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:30 ID:hCBAP81j
  
 それなのにどこへ行ってもモノの値段が全て統一されています(Vの
アッサラームとYのシェーナをのぞく)。

 このシステムの力は、国の枠をこえて成立しており、一国の王の力
など、はるかに超えてるようです!

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

80 :モンスターと金の謎17/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:32 ID:hCBAP81j
    
 これはもう、ズバリ! この世界の生産流通販売など商業活動全般
を取り仕切る巨大な商人組合の存在を認め ないワケにはいかない
でしょう。
 
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧  ハッハッハ     
    ノ__丶(; ´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

81 :モンスターと金の謎18/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:34 ID:hCBAP81j
   
 勇者たちに金を払っているのは王室を飛び越えて、この国際的な
巨大商人組合そのものと考えてみたいとおもいます。

 
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||



82 :モンスターと金の謎19/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:36 ID:hCBAP81j
  
 この、国際的巨大商人組合(以下、商人組合)は世界中の商人らの
連合体でしょう。

 この商人組合と勇者たちの間にどうしてこんなシステムが出来たの
でしょう?                            
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

83 :モンスターと金の謎20/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:38 ID:hCBAP81j
 
 DQ世界では商人はよく世界を旅してますよね。
 洞窟の中を進む商人もいました。

 彼らにとって襲い来るモンスターは重大な脅威でしょうね。
 各国の軍隊も城や町の周辺とかならともかく遠隔地では必ずしも
頼りにはなりません。
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


84 :モンスターと金の謎21/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:39 ID:hCBAP81j
 
 また、モンスターの増加は消費者心理を冷え込ませ景気の動向に
よくない影響を与えます。

 これらのことから、商人組合が勇者に対してこのようなシステムで
モンスター討伐を援助してもおかしくはありません。
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

85 :モンスターと金の謎22/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:41 ID:hCBAP81j
 ところで、そう考えるとこのシステムは別に勇者だけに適応される
必要はないですよね。

 実際に前述のように、Wの王宮の戦士やジプシー姉妹、Yの村の
少年にだって同じようにお金が払われています。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧・・・     
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

86 :モンスターと金の謎23/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:43 ID:hCBAP81j
          
 誰でもモンスターを倒して町についたらお金を清算するところ(商人
組合の窓口?)があるのでしょう。

 こうなるとDQ世界には勇者達以外にもモンスターで稼ぐ賞金稼ぎの
戦士みたいのがたくさんいたかもしれませんね。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

87 :モンスターと金の謎24/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:45 ID:hCBAP81j
  
 そういえばこの世界では宿代などと較べて強力な武器や防具類が
べらぼうに高価でしたけど、納得するところがありますね。

 強力な武器防具は、賞金稼ぎのための重要な「元手」なわけですか
らね。
           
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

88 :モンスターと金の謎25/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:46 ID:hCBAP81j
             
 何にしろ、このような時代にはこの商人組合と勇者および賞金稼ぎの
戦士や魔法使いは、お互いに共生関係にあったと、言えるでしょうね。


──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

89 :モンスターと金の謎26/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:47 ID:hCBAP81j
 
 さて残る問題は、一体どうやって倒したモンスターの数を正確に証明
するかです。

 これがフィールド上ならまだしも、深いダンジョンの奥で一人戦闘して
倒したモンスターの種類と数を一体どうやって証明したのでしょうか?
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

90 :モンスターと金の謎27/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:50 ID:hCBAP81j
   
 まさか自己申告、は無いでしょう。

 ルビス様や竜の神様が証言してくれるワケでなし。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

91 :モンスターと金の謎28/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:54 ID:hCBAP81j
  
 モンスターを倒したその死体でも持ってくるのでしょうか?

 しかし例えばダンジョンの奥で倒したストーンマンを運び出すのは
大変でしょうし(しかも安い!)w 

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

92 :モンスターと金の謎29/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:56 ID:hCBAP81j
   
 戦国時代の武士みたいに、相手の首を取ってくると言うのも考えら
れますが、勇者達の姿が異様なものになるでしょう。 

 大体スライムやギズモの首ってどこにあるんでしょう?

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧ ワハハッ      
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

93 :モンスターと金の謎30/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:58 ID:hCBAP81j
  

 紙と墨を持ち込んで、拓本でもとっていたら笑えますね。



──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


94 :モンスターと金の謎31/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 00:59 ID:hCBAP81j
 

・・・ここは少し立ち戻って考えてみましょう。



──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

95 :モンスターと金の謎32/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:01 ID:hCBAP81j
 
 そもそもモンスターと普通の野獣や悪人の違いは何でしょう?

 モンスターは魔界の力の影響を受けたものと言うことでしょうね。 

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


96 :モンスターと金の謎33/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:03 ID:hCBAP81j
  
 とすれば倒した時に何か魔力のカタマリみたいなモノを残すのでは
ないでしょうか? 

 ゴーレムみたいな元々無生物のモンスターなんかこれを動かす魔
法の品とかがあるはずですし。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

97 :モンスターと金の謎34/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:05 ID:hCBAP81j
 
 モンスターを倒した後にそういった魔力のカタマリの品物(魔石?)を
採取して袋にでも詰めて保存するというのはどうでしょう? 

後でこれを清算するわけです。

──────v──────────────────────┘
     曰          
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

98 :モンスターと金の謎35/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:08 ID:hCBAP81j
 
 と言うよりも、この魔石(?)自体が通貨の一種として通用していたり
するかも。

 G(ゴールド)ってどんな形状の通貨かわかんないので何ともいえませ
んが。
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

99 :モンスターと金の謎36/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:09 ID:hCBAP81j
  
 モンスターの魔石をお金に換算するに当たって、相場が当然成立
していたでしょう。

 例えばTのスライムベスは所持金2G(ゴールド)となっていますが、
これはスライムベスの魔石(?)の相場が2Gなワケです。 
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

100 :モンスターと金の謎37/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:11 ID:hCBAP81j
  
 この相場は長い時間の中には変動することもあるでしょう。

 同じモンスターでもシリーズによって「所持金」が違うことがあるのは
そういう理由かと・・・。

──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

101 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 01:13 ID:a5nMf1BS
連投支援カキコ

102 :モンスターと金の謎38/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:15 ID:hCBAP81j
  
 こうしてみると魔物の徘徊する世の中と言うのも一攫千金の夢が
あっていい時代かもしれないですね。

 腕利きの戦士なんかは賞金稼ぎのため魔王歓迎! 
なんてやついたりして。
──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

103 :モンスターと金の謎39/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:20 ID:hCBAP81j
  
 もっともやりすぎて死んでしまっても勇者達と違って生き返れ
ないと思われますから、やりすぎは禁物でしょうが・・・。


──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

104 :モンスターと金の謎40/40 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:21 ID:hCBAP81j
  
 金儲けもホドホドがよろしいようで、・・・ではこの話はここまで。



──────v──────────────────────┘
     曰           
     | |   ∧_∧       
    ノ__丶(〃´Д`)_   
     ||天||/    .| ¢、
  _ ||狗||| |  .    ̄丶.) 
  \ ||舞||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||



105 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 01:22 ID:a5nMf1BS
AAサロンならこんな連投たいした事無いんだがなぁ。

106 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 01:26 ID:hCBAP81j
うう、しんどい!今日はもう寝る
明日までに誰かネタを提供してー
AAがあまりにも変化なしなので、次回はなんか別のものにしよう。

107 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 13:48 ID:vJnwAewb
じゃあネタをやるぽ
全滅したらお金が半分になる理由を説明してくれ
ついでに全滅したとき誰が運んでいるかも一緒に


108 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 13:55 ID:j6eYlTjm
脳みそが沸いたヤシがいるな

109 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 20:30 ID:gsm8V9m7
6の主人公らの行動が後のシリーズ4と5にまったくしられていないのはなぜか

110 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 20:45 ID:EsgJKdJp
肝心の内容のよしあしよりも、AAのスルメがかわいいな〜と思った。

111 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 21:01 ID:srafAGh+
良いね。俺も「強引に解釈するスレ」で色々強引解釈してるけど、
竜王とラダトームが密約で休戦状態になっていたという解釈や
商人のギルドが勇者達に金を出して支援しているという解釈は、中々面白いね。

>>58-60
神の恩寵がある勇者としての存在があるなら、
悪魔の恩寵がある魔物が存在してもおかしくないのではないかい?

112 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 22:05 ID:K1sIp8mR
>>107
ネタの提供ありがとうございまスタ
構想3時間、書いてみました!
    │ はいはい、今回は勇者たちの全滅時に勇者たちを教会へ

    │運んでいるナゾの存在について考えます。
    │
__
||  │
||  └─v────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                    |
|| \ (*゚ー゚) ←しぃ                            日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

113 :01/34:04/06/16 22:06 ID:K1sIp8mR
    │
    │  全滅した勇者たちを誰が一体、王様の前や教会に運んで
    │ いるのでしょうか??
__   案外気が付きませんが、これも変です。  
||  │  考えましょう。
||  └─v─────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

114 :02/34:04/06/16 22:07 ID:K1sIp8mR
    │  ある本でこの点について、ゲームに出ては来ないけれど、実は
    │ 勇者の後を追跡する「救出部隊」が存在し、勇者たちが全滅した
    │ 際に死体を運んでいるのだ(報酬は所持金の半分)。
__│   
||  │  というのを読んだことがあります。
||  └─v─────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

115 :03/34:04/06/16 22:09 ID:K1sIp8mR

    │  しかしこれはどうでしょう???
    │  例えば、Wの一章でライアンが死んだ場合は、教会まで戻って
    │ います。
__│  でも、他に同僚の兵士が2人、洞窟などで力尽きていますが、
||  │ こっちは死んだまま放置で、教会に移動も生き返りもしません。
||  └─v─────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三


116 :04/34:04/06/16 22:10 ID:K1sIp8mR

    │  どうやらライアンの例をとっても、全滅時に自動で王の前や教会
    │ に運ばれるのは選ばれた勇者とその仲間だけです。
    │  しかし、Wで一介の王宮戦士や踊り子の美人姉妹や、武器屋の
__│ オヤジやXの「逃げた奴隷」といった面々ををはじめから神に選ば
||  │  れた存在だと認識できた人間がいたとは思えませんよね。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

117 :05/34:04/06/16 22:12 ID:K1sIp8mR

    │  
    │  よって追跡部隊などの人為によるものとする考えはかなーり
    │ 無理があるでしょう。
__│ 
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

118 :06/34:04/06/16 22:13 ID:K1sIp8mR

    │  どうやらザオリク等で蘇生できることと同様、全滅時に教会に
    │ 自動で転送されるのも、神に選ばれた勇者とその仲間たちだけ
    │ の特典のようです。
__│ 
||  │   よってこの件は当然、神が関わっているものと思います。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

119 :07/34:04/06/16 22:15 ID:K1sIp8mR

    │  この現象をざっくばらんに解釈すれば、だれかが全滅した
    │ 勇者たちに、リレミトとルーラをかけているわけですよね。
    │  これは勇者を選んだ神に命じられてルーラやリレミトを司どる
__│ 魔法の精霊たちが・・・。
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

120 :08/34:04/06/16 22:16 ID:K1sIp8mR

    │  なんとなくそれで説明がついてしまいそうでイヤ。
    │  リレミトの利かない洞窟で死んでも、ってのもあるけど・・・。
    │ 
__│  なんか単純でツマンナイ。
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

121 :09/34:04/06/16 22:18 ID:K1sIp8mR
      チョット視点を変えましょう。
    │  ここで注目したいのはWの全滅時です。
    │  暗い画面にどこからとも知れない声で「導かれし者よ、まだ死ぬ
    │ 時ではありません云々」と声が聞こえます。
__│  どうやらこの声の主こそが勇者たちの死体を運んでいる  
||  │ 張本人ではないかと考えられます。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

122 :10/34:04/06/16 22:19 ID:K1sIp8mR

    │  この声の主はマスタードラゴンだと言われますが、もしそうなら
    │ T〜Vのロトシリーズではルビスかその配下の精霊が勇者の死体
    │ を運んでいたと、いうことになるのかもしれません。
__│    
||  │  しかしそう考えた場合X、Yの説明が付きません。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

123 :11/34:04/06/16 22:22 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  ご存知のように、Xではマスタードラゴンはあの体たらくであり、
    │ その配下の天空人たちも湖に沈没して仮死状態では何も出来た
__│ はずありません。
||  │  
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

124 :12/34:04/06/16 22:23 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  また、Yでも天空城は魔物に封印されている状態では勇者の
    │ 死体を運んでいる余裕はなかったでしょう。
__│  いったいX、Yではだれが全滅した勇者たちを運んでいたのか
||  │ と。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

125 :13/34:04/06/16 22:25 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  もっとも、Yはわりと簡単に見当が付きます。
    │  主人公に村祭りの夜、世界を救うための神託を与えたのは
__│  ルビスでした。
||  │  よってこのルビスが主人公たちの面倒も見たことでしょう。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

126 :14/34:04/06/16 22:25 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  しかしXはわからないですね〜。
    │  Xの主人公は勇者じゃありませんが、勇者の仲間として保護を
__│ 受けていたことは確実ですが・・・。
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

127 :15/34:04/06/16 22:27 ID:K1sIp8mR

    │  ここでWの話に戻ってみましょう。
    │  Wで全滅時に聞かれる台詞はこうです。
    │ 
__│  「導かれし者たちよ、まだ死ぬときではありません。あなたたち
||  │ にもういちど、命をさずけましょう・・」
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

128 :16/34:04/06/16 22:27 ID:K1sIp8mR

    │  これ、本当にマスタードラゴンの台詞なんでしょうか?
    │  
    │  なんか「です、ます調」のしゃべり方で、天空城で出会う本人とは
__│ 明らかにしゃべり方が違っていますよね。
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

129 :17/34:04/06/16 22:28 ID:K1sIp8mR

    │  マスタードラゴン言ったのなら
    │  
    │  「導かれし者たちよ、まだ死ぬ時ではない。おまえたちにもう、
__│ いちどいのちをさずけよう・・」みたいになりそうですよね。
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

130 :18/34:04/06/16 22:29 ID:K1sIp8mR

    │  これは
    │  どちらかと言うと女性のしゃべりのように感じられませんか?
    │  
__│  DQでこんな喋りをするような女性人格・・・・・・ルビス??
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧ ムチャな!                        |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

131 :19/34:04/06/16 22:30 ID:K1sIp8mR

    │  しかしまあ、Yで天空編におけるルビスの重要な関与がみられ
    │ ますから、
    │  
__│  天空編だからルビスはいないはず、とは言い切れません。   
||  │  
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

132 :20/34:04/06/16 22:35 ID:K1sIp8mR
    │  こう考えると、Wにルビスがいても悪くありません。
    │  Yでルビスは改定にいましたがWでもXでも主人公達は海底
    │ にはいかなかったので会えなかった・・・と。
    │  また、それならばXでマスタードラゴンが等速円運動している
__│ 最中もルビスが(ゲームじゃ出てこないけど)主人公らの面倒を
||  │ みていたとすれば理屈が付きます。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧ イチオーネ                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

133 :21/34:04/06/16 22:36 ID:K1sIp8mR

    │  ところで全滅すると、なぜ所持金が半分になるのでしょうか?
    │   
    │  
__│  このシステムは最近ではDQぐらいしかなくなっちゃいましたが、
||  │ かつてはBoF等いくつかのゲームでも登用されていました。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

134 :22/34:04/06/16 22:37 ID:K1sIp8mR

    │  この件ですけど、結局「全滅=リセット」としない代わりに導入
    │ されたペナルティーであり、
    │  なおかつ全滅時に所持金が少なすぎて「一人も生き返れませ
__│ ん!!」、てコトにならないようにするためのシステムと言ってしまえ
||  │ ばそうなのでしょう。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

135 :23/34:04/06/16 22:38 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  しかしここでは、 DQ世界としての推測を行い、もう少しメルヘン
    │ チックな解釈を試みたいと思います。
__│    
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

136 :24/34:04/06/16 22:38 ID:K1sIp8mR

    │  
    │  とにかく全滅時のコトですから全滅時にお世話になるお方の 
    │ しわざと考えるべきでしょう。
__│  
||  │ しかし、神や精霊がお金をがめるコトは考えにくいと思います。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

137 :25/34:04/06/16 22:39 ID:K1sIp8mR

    │  
    │  次に生き返らせてくれる教会の僧侶ですが、一旦運び込まれた
    │ 勇者を生き返らせる手間は普段と同じでしょう。
__│  現に他の仲間を生き返らせるときの費用はいつもと変わりませ
||  │ ん。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

138 :26/34:04/06/16 22:43 ID:K1sIp8mR

    │  
    │  全滅時に、「死んでしまうとは何事だ」と文句たれる王様ですが 
    │ 自分は120Gしかくんないくせに、罰金だけは取るつもりか・・・と
__│  
||  │  これも違うでしょう。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

139 :27/34:04/06/16 22:46 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  以前も書きましたが、やっぱり「お金の出入りは人間の行為」
    │ と考えなければなりません。
__│  
||  │  となると残るところは・・・。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

140 :28/34:04/06/16 22:47 ID:K1sIp8mR

    │  
    │  ズバリ!以前にも出てきた商人組合のしわざではないか
    │ 
__│ と考えられます。
||  │  
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

141 :29/34:04/06/16 22:49 ID:K1sIp8mR

    │  
    │  彼らはモンスターを倒した勇者に資金(賞金)を提供しています。
    │ 
__│  逆にモンスターに倒された勇者から罰金として所持金の半額を
||  │ 接収するようです。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

142 :30/34:04/06/16 22:50 ID:K1sIp8mR

    │  これは何故か?
    │  
    │  考えるところ、「勇者がまたモンスターに全滅食らった」という
__│ 情報は人々の不安を大きくさせ、消費者マインドを冷え込ませ
||  │ ます。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

143 :31/34:04/06/16 22:52 ID:K1sIp8mR

    │  これに対する罰金と言うことでしょうか。
    │  
    │  もちろん、このことについては事前に勇者と商人組合の間で
__│ 契約があったに違いありません。
||  │ 
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

144 :32/34:04/06/16 22:54 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  こうしてみると、勇者と商人組合との関係は、何か博打のような
    │ 部分があるようですね。
__│  
||  │  シニカルな人たちです。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ペ)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

145 :33/34:04/06/16 22:58 ID:K1sIp8mR

    │  しかしまぁ
    │  勇者の活躍する時代は、いつも世界的危機の時代であり、 
    │ モンスターが跋扈して死の危険が隣り合わせの毎日なのですから
__│ 人々は危険や恐怖に半ば慣れっこになってたんだろうと思います。
||  │  
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                               |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

146 :34/34:04/06/16 22:59 ID:K1sIp8mR
    │  
    │  生き死にを金のやり取りにして博打にするようなシニカルな
    │ 性格は、このような世相の反映なのかもしれませんね。
__│ 
||  │  ぜんぜんメルヘンチックじゃないけど。
||  └─v──────────────────────────┘
||   ∧ ∧                                |
||    (*゚ー゚) /                            日|
||_  (/⌒つ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

147 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 23:02 ID:GO8MOiJ2
論理的だし観点は実に面白いんだけど・・・なんかこう、味がない

148 :まとめ:04/06/16 23:06 ID:K1sIp8mR

    │  以上からまとめますと。
    │◆全滅時の死体運搬の件◆
    │・全滅時の教会への強制瞬間移送はシリーズ通してルビス、または
    │ その代行が行っている。
    │・ただし実際の作業はルビスによって命令された?魔法(ルーラや
    │リレミト)の精霊がやっているのかもしれない。
    │
    │◆全滅時所持金半減の件◆
__│B全滅時に所持金が半減するのは、商人組合から罰金として徴収
||  │  されている。             ということになりました。
||  └─v────────────────────────────
||   ∧ ∧ 不満か??                       |
|| \ (*゚ー゚)                              日|
||_ ⊂ ~"''リ _____________________|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三


149 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 23:12 ID:K1sIp8mR
>>111
だから、ザオリクを使う魔物もいるのか。
魔王がザオリク使って強力な中ボスをを生き返らせればいいのにね。
>>147
自分でもそう思う。
この問題は難しかったのでベタな感じになった。

150 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/16 23:26 ID:K1sIp8mR
一人語りな駄論はさらに続く。
【講談その4】勇者の窃盗行為の解釈と是非


│  さて、この講義では勇者たちの窃盗行為について解釈いたします。


│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)   「講師のアヒャです」           
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

151 :01/44:04/06/16 23:27 ID:K1sIp8mR


│  いきなり窃盗というとさて、なんとも聞こえがよくありませんが・・・。


│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

152 :02/44:04/06/16 23:28 ID:K1sIp8mR


│  聞こえも何もアレはどう見ても「泥棒」なのではないのかと!!!


│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ )              
    | | (O9V/つ         ヒャッ     
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

153 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 23:31 ID:srafAGh+
  ,rn                 
  r「l l h.                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 、. !j                | 
  ゝ .f         _      |   先生、質問です。 
  |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.  │  「冒険の書」とは一体どんなものなんでしょう?
  ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. │  3ではロード時に王様が「よくぞ戻った!」
 ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  |  とか言いますが、勇者達はHP・MPそのままに
  |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ   |  どこに行っていたのですか?
  \    \.     l ; r==i; ,; |'  .人_ 
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.  
        y'    /o     O  ,l    |

154 :03/44:04/06/16 23:32 ID:K1sIp8mR


│  アレというのは言うまでもなく、勇者たちによる
│ 民家のタンスや壷あさり、道具屋からの毒針盗み、はては王宮の
│ 宝箱の中身頂戴・・・といった事柄のことです。
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ )              
    | | (O9 V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

155 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/16 23:32 ID:srafAGh+
・・・あ、悪い。中断させてしまった。

156 :04/44:04/06/16 23:33 ID:K1sIp8mR


│  特に、PS版DQWで、ガーデンブルグにおけるミネアの発言以降
│ この疑惑は決定的になってしまっております。
│  
│  どうしてくれましょうか。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) <ヒャッヒャッヒャ             
    | | (O゚ V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

157 :05/44:04/06/16 23:34 ID:K1sIp8mR
【ガーデンブルグでの事件解決後におけるミネアのセリフ】
 「この国で学んだのはむやみに他人の家のタンスを覗かないということ……
なんて言っても○○(勇者の名)さんがそう簡単に止めるわけないですよね。
いいんです。もう諦めてますから」

│  なんという・・・「もう諦めてますから」??
│  この台詞をそのまま解釈すると、DQの歴代勇者は全員窃盗犯! 
│ ということになってしまいます。
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ   アヒャヒャ           
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

158 :06/44:04/06/16 23:35 ID:K1sIp8mR


│  それどころか、DQの影響下にある日本のRPGの主人公たちも
│ そのほとんどが同様に泥棒さんになっちゃいますね。

│  これは大変まずいことなワケなので、考える必要があります。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

159 :07/44:04/06/16 23:37 ID:K1sIp8mR


│  さて、ミネアの問題発言について解釈をしてみましょう。
│ 
│  ミネアは勇者がタンスをのぞく と言っているだけで、別に物を盗む
│ とは言っておりません。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

160 :08/44:04/06/16 23:39 ID:K1sIp8mR


│  とは言え、のぞくのがダメならば当然、勝手に持っていくのはもっと
│ 問題でしょう。
│  
│  大体のぞくことなしに中のものを持っていくことは無理でしょうし。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ )              
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

161 :09/44:04/06/16 23:40 ID:K1sIp8mR


│  しかし、民家や王宮でタンスをのぞいたりする行為は、先頭のものが
│ やるのであって、必ずしも勇者がやるとは限りません。
│  
│  ミネアを先頭にすればミネアがタンスをあさります。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ )              
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

162 :10/44:04/06/16 23:41 ID:K1sIp8mR

│  お城のお姫様のアリーナもやれば、しつけに厳しそうなブライでも
│ 同じです。
│ 
│  見つかった品物はそのキャラが持っていますから間違いなく当人が
│ やってるわけでして。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

163 :11/44:04/06/16 23:44 ID:K1sIp8mR


│  これではミネアが勇者に文句を言う資格がなくなります。
│ 
│  一体どうしたことでしょうか。 
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

164 :12/44:04/06/16 23:46 ID:K1sIp8mR


│  つまりこう考えるべきです。 日頃の民家におけるタンス、壷あさり
│ 王宮の宝箱あさりは、ミネアの言っていたこととは無関係なのです。
│  
│  それとは別にWの勇者は個人的に手癖が悪い人間だったワケです。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ )  ソウダ            
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

165 :13/44:04/06/16 23:47 ID:K1sIp8mR

│  W勇者のそういう手癖の悪い行為は、ガーデンブルグでの一件以外はゲ
│ ームの中ではかかれていないのです(ゲーム的に意味がないから)。
│ 
│  形の上では日頃の民家における行為も同じに見えますが、こちらは家人
│ から咎められたことは一度もないので、質の違う行為だと考えられます。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ )  ソウダソウダ゙            
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

166 :14/44:04/06/16 23:50 ID:K1sIp8mR


│  ・・・では一体あの民家や王宮でのタンスや壷、宝箱あさりは、どのように
│ 解釈されるべきものなのでしょうか?
│  
│  王宮における、この行為に対する数少ない証言に当たってみましょう。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

167 :15/44:04/06/16 23:51 ID:K1sIp8mR


│  Tでラダトーム城の宝物庫の番人。
│  
│  「まことの ゆうしゃなら ぬすみなど せぬはずだ。」
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

168 :16/44:04/06/16 23:53 ID:K1sIp8mR


│  Vでアリアハン城の宝物庫の番人。
│  
│  「ゆうしゃオルテガには いろいろ せわになった。
│ ここで なにをしようと みてみないふりを しよう。」
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

169 :17/44:04/06/16 23:55 ID:K1sIp8mR


│  
│  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
│  
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

170 :18/44:04/06/16 23:56 ID:K1sIp8mR


│  
│  本当に泥棒なんじゃねえか??・・・オイ!
│  
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧| アヒャ       
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

171 :19/44:04/06/16 23:58 ID:K1sIp8mR


│  え〜実は勇者一行は、世界全体の不逮捕特権を各国の王から承認
│ されており、なにをしようと治外法権・・・とか。
│  
│  Vのサマンオサは王様が魔物だったから例外と。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

172 :20/44:04/06/17 00:01 ID:cytApvv0


│  そんなわけでこの世界では、勇者が近づいた村や町には警報で知ら
│ せが入り、町や村では勇者が到着する前に、大事なものはどこかに隠して
│ タンスには薬草かすごろく券でも入れておき、勇者をやり過ごす。
│ ・・・という習慣があったりして。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

173 :21/44:04/06/17 00:02 ID:cytApvv0


│  ルーラでいきなり現れた勇者には警報もありませんが、そもそもルーラ
│ は一度来たところへ戻る呪文であって、初めての時は普通に来るはず。
│ 
│  勇者の家捜しは最初の一回だけですから問題ありませんw
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

174 :22/44:04/06/17 00:03 ID:cytApvv0


│  いつの世でも庶民の知恵とたくましさは変わりないようですね。
│ 
│  それではこの話はここまでで・・・。  ん???
│  
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) アヒャヒャ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

175 :23/44:04/06/17 00:04 ID:cytApvv0

オラッ・オラッ・オラッ・オラッ           
    \\\   
     ((( ̄\__ ノノノノ
    `  \ \ ( ゚∋゚) ゴスッゴスッゴスッゴスッゴスッゴスッ・・・
      `∵\__)※ ∧ζ ∴・,‘
        ”;\:;;;);ノ∀゚;) <アヒャッ・・アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ・・・・・・・・・・・・
         | ;:(V/ つノ
         /    (⌒ノ
          /   /|  UU 
      .  /   / |  (

オラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!!!!!!!!!!!

 \ヽ    ノノノノ            ピューーー!!
   \\ヽ( ゚∋゚)        ゚ ゚                           
  \ヽ(m\\ヽ ⌒\・,‘//  ボコボコボコボコ                  
 \ヽ ノ\\ヽ\m/ /・,‘   ボコボコボコボコボコボコボコボコ・・・・・・・・
   (\ヽ m∧ \m・,‘ ・,‘ ̄ ̄                             
   ミヘ丿\∩ ∴.' ∀∴.' ∴) ・,‘ <アヒャ〜〜 アヒャヒャヒャ───────     
   .(ヽ_ノゝ\ヽノ_・,‘__∴                     


176 :24/44:04/06/17 00:07 ID:cytApvv0


│  ま、間違いました・・・。
│ 
│  勇者の行為を弁護証明するのでした・・・ アヒャヒャ。
│  
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_,,,,;>|        
    | | (×゚∀゚ )│              
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

177 :25/44:04/06/17 00:08 ID:cytApvv0


│  え〜王宮の宝箱を開けた勇者たち、これで一体どんな宝が手に入る
│ のかといえば、武具、回復アイテム、種や木の実がほとんどです。
│ 
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

178 :26/44:04/06/17 00:14 ID:cytApvv0


│  要するに、勇者の役に立つものばっかりです。
│ 
│  当たり前に思いますが、実はチョットおかしいのではないでしょうか?
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

179 :27/44:04/06/17 00:16 ID:cytApvv0


│  そもそも王様の使う品物と、勇者に有用なものは普通あんまり一致
│ しないものではないでしょうか。
│  
│  これは王様が勇者のために選んで置いていると考えられるのでは。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) アヒャ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

180 :28/44:04/06/17 00:18 ID:cytApvv0


│  だとすれば何も問題はないではありませんか。
│ 
│  でも根こそぎ持っていってる気もしますが。
│  
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) !!             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

181 :29/44:04/06/17 00:19 ID:cytApvv0


│  これはアレです。 ゲーム上の表現というやつです。
│ 
│  表現上ああなっているだけ、なのです。
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

182 :30/44:04/06/17 00:22 ID:cytApvv0


│  例えばあなたが、ある町に入ったとしましょう。
│  画面上に家やお店が10軒、人間が屋内外に15人いたとしますね。
│  
│  これをみて、ああこの町の人口は15人か、とは思いませんよね。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

183 :31/44:04/06/17 00:23 ID:cytApvv0

│  いくら田舎でも一つの町に15人とか20人しか住んでいないことは
│ ないでしょう。
│ 
│  これはゲーム上の表現であるだけであって、本当は500人ぐらいは
│ 住んでいるハズです。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

184 :32/44:04/06/17 00:25 ID:cytApvv0

│  これと同様に、王宮の宝物庫には勇者が空けたものの他にもたくさん
│ の宝や宝箱があったでしょう。
│ 
│  勇者はこのうち許可を得た、というか王から贈られたもののみ頂いて
│ いるというワケです。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) アヒャ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

185 :33/44:04/06/17 00:26 ID:cytApvv0

│  考えれば勇者たちは世界を救うたびをしているのですから、世界の国々の
│ 王もこれに感謝し、何らかの協力をしてもおかしくありません。
│ 
│  宝物庫にあるもののうち、役に立ちそうなものを勇者たちに贈っても不思議
│ ではないでしょう。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) アヒャ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

186 :34/44:04/06/17 00:27 ID:cytApvv0

│  
│  また、民家でのタンスや壷あさりもこれと同様に解釈可能です。
│ 
│  ためしに解釈してみると。
│ 
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

187 :35/44:04/06/17 00:29 ID:cytApvv0

│  
│  各国の王が勇者たちに宝物を贈るように、民衆の中にも勇者たちの旅に
│ 感謝し、せめて気持ちなりとも表そう。
│  
│  と、思う人がいていいはずです。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

188 :36/44:04/06/17 00:30 ID:cytApvv0

│  
│  「せめて薬草の一枚でも」とか、「このあいだ拾った種を役立ててもらおう」とか
│ そんな感じで勇者たちに物やお金を贈って気持ちとする人だっていたでしょう。
│  
│  タンスや壷から出てくるのはそういった寸志の贈答品なのです。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) アヒャ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

189 :37/44:04/06/17 00:31 ID:cytApvv0

│  
│  それを勇者を中心にして宝探し風のゲーム的に表現する結果、あのような
│ 人の家を家捜しするような表現になるのです。
│  
│  本当は村の入り口で村長とかから感謝の言葉と共の贈られているのかも。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) アヒャ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

190 :38/44:04/06/17 00:33 ID:cytApvv0

│  
│  そういえば勇者は冒険後半での薬草とか、どう見ても必要なさそうな物でも
│ 見つけたら絶対に取りますよね。
│  
│  実際は好意で送られた品だから、辞退するわけには行かないからです。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

191 :39/44:04/06/17 00:36 ID:cytApvv0

│  
│  最後にアリアハン城などの宝物庫の番人のセリフはどういうことなのか
│ を検討しましょう。
│  
│  
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

192 :40/44:04/06/17 00:38 ID:cytApvv0

│  
│  フツーに考えると、王様に贈られた品以外に手を触れるな(または手を
│ 付けても見逃してやる)というコトです。
│  
│  いきなり失礼な香具師ですねえ。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

193 :41/44:04/06/17 00:39 ID:cytApvv0

│  
│  実際に勇者はそんなことはしませんが、とにかく文句を言わないことから
│ 王からの許可を受けていることは承知しているんでしょう。
│  
│  
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

194 :42/44:04/06/17 00:42 ID:cytApvv0

│  
│  たぶん融通の利かない愚直な忠義者の兵士だったんでしょう。
│  たまにいますよね、あんまり出世できないタイプ(だから倉庫の番しているのか)。
│ 
│  まあ、世界においてまったくの少数派なのでがまんしましょう。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

195 :43/44:04/06/17 00:55 ID:cytApvv0

│  ところで思うのですが、DQの勇者が町などで行うのは、
│ @そこにいる人全部としゃべる。 Aタンス、壷、井戸など怪しい場所を
│ 調べる。 といったところです。
│  当たり前に思っていますが洋物のWizardryなんかじゃやりませんよね。
│  これは日本のRPGの特色なのでしょうか?

│  ところで、@は聞き込み、Aは捜索 と呼ぶべきものではないでしょうか?
│  聞き込みと捜索でヒントを得る・・・これはアドベンチャーゲームの形式です。
│  
│  そういや堀井は元々アドベンチャー作家でしたよね・・・ポートピアとか。
│  このAVG的な特色は日本のRPGにDQが与えた影響の中で現在も最も
│ 強く残っている部分と言えるモノでしょう。(洋物は詳しく知りませんが)
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (# ゚∀)              
    | | ( ヽV/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

196 :44/44:04/06/17 00:58 ID:cytApvv0
と言うわけで
│  今回の結論
│ ・勇者のタンスや壷、宝箱あさりは、その持ち主からの寸志の贈答品である。
│ ・家捜しするような行動はAVG的な遊び要素を加味したゲーム上での表現
│ に過ぎない。
│ ・W勇者は個人的に手癖が悪いが、日頃の家捜し的行為とこれとは表現が
│ 似ているだけでまったく別物である。
└────v────────────────────────
   ______
    | |  ∧_∧|        
    | | (; ゚∀゚ ) イジョウ             
    | | (O9V/つ              
    |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|       
    | ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

197 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/17 01:00 ID:cytApvv0
>>153
 ただいま検討中です。 後日何とかしたいと思います(できれば)。

198 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/17 07:51 ID:CUQPxAYN
冒険の書って、本なんだよね。
ゲーム中に、神父不在の教会なんかで
「冒険の書が置かれている。こっそり記録しますか?」
なんて描写があった。
その辺りから何とかこじつけできないもんですかね?公太郎さん?


199 :つるが:04/06/17 17:24 ID:gT3GozuZ
>>1よ、ドラクエの地図で北極からさらに北(上)へ進むと
南極に出てしまう理由を説明してくれよ

200 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/17 21:37 ID:qWkILMUb

 次は冒険の書 ですか。
 冒険の書とは何なのか? 戻ってきた勇者たちはなんで全然
回復していないのか?
 

─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)フンフン
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

201 :01/24:04/06/17 21:39 ID:qWkILMUb

 あのな、>>153の将軍様。
 「冒険の書がなんであるか」、と「記録した後の勇者たちが冒険
再開まで何をしているのか」、とは全然別の問題だと思わんか?

 質問内容がチグハグだぞ。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

202 :02/24:04/06/17 21:40 ID:qWkILMUb

 ソレはともかく、冒険の書に記録した後「まだ冒険を続けるのか
?」と訊かれ、「いいえ」を選ぶとゲームは中断するよな。
 このとき冒険を続けないと言っているのだから次に戻ってくるま
でその辺でぶらぶらしていたのだと思うけど
 HPもMPも回復していない・・・と 言うわけだな。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ ) フーーーン
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

203 :03/24:04/06/17 21:41 ID:qWkILMUb

 しかしこの件どうだろう。
 DQもVとWは昼夜の概念があったけど、Vでは夜は王様が
お休みで昼しか記録できなかった。

 でも、Wでは夜も昼も記録が出来たよね。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)フンフン
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

204 :04/24:04/06/17 21:42 ID:qWkILMUb

 このWで、昼に記録した時は再開時も必ず昼間であり、また夜
に記録した時は再開時も必ず夜・・・だったわけだ。

 これはとても偶然とはいえない確率だね。

─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )ナゼダ!
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

205 :05/24:04/06/17 21:46 ID:qWkILMUb

 つまり ここで考えられるのは、中断しても勇者はどこにも行って
おらず、再開もその直後であるということ。

 王様が「ではまた会おう」とか言うのは高貴な立場の人特有の
儀礼的な言葉であり、本当は直後に勇者は出発している・・・と。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )<すぐに出発するので「また会おう」と言ったのかも!
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

206 :06/24:04/06/17 21:47 ID:qWkILMUb

 あんまりな気もするが、一応HP,MPがまったく回復していない
矛盾を解決しているぞ。

 しかし、これは王様や神父の台詞と矛盾するな。
 やっぱりしばらくたって帰ってきたとしてみよう。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)ハァー
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

207 :07/24:04/06/17 21:49 ID:qWkILMUb

 そう考えた場合、回復しないのはHP,MPだけじゃない。 
 再会時の勇者は経験値もお金もアイテムも何も増減していない
ですよ・・・。

 と言うことはこの間の行動については次のことが言える。

─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

208 :08/24:04/06/17 21:51 ID:qWkILMUb

 つまり、その間勇者たちは、
@戦闘はしていない(EXPが変わっていない)。
A魔法やアイテムを使っていない(アイテムに増減がない)。
B買い物やパフパフ屋などには行っていない(お金の増減がない)。
C宿屋に泊まっていない(HP,MPが回復していない)。
 わけだ。

 ホントなにやってたんだろう??
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)フンフン
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

209 :09/24:04/06/17 21:53 ID:qWkILMUb

 ちなみにワタクシ、どれだけ滞在していても能力やパラメータが
なんら変化しない冒険者行きつけの場所を知っています。


 酒場(ルイーダの店)です。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

210 :10/24:04/06/17 21:54 ID:qWkILMUb

 VやXで育てた仲間を酒場に送ってその後、久しぶりに呼び出
してみると、これがHPもMPも経験値もまるで変化していません。

 酒場でグーたらしててもまったく回復しないようです。

─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

211 :11/24:04/06/17 21:55 ID:qWkILMUb

 持っていた装備もそのままです。 アイテムは酒場送りにする
前に預かり所かふくろに戻していますが。

 今、パーティー全員で酒場へ行ったらどうでしょう。
 アイテムだって渡す相手がいないからそのままでしょう。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)ヨシヨシ
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

212 :12/24:04/06/17 21:56 ID:qWkILMUb

 酒場でなにやっていたのか・・・といえば、
 もちろん酒場にたむろしている暇な冒険者どもにナマの冒険話
を語って聞かせているのでしょう。
 
 あいつら1日中暇そうだし。 
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)──ユーシャキタ───!!
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

213 :13/24:04/06/17 21:57 ID:qWkILMUb

 勇者たちもそれに応えて 旅で手に入れたすばらしい武具類や
貴重なアイテムを見せたり、僧侶が名調子で強敵との戦闘のこと
を滔々と語ったり、賢者が悟りについて語ったり、
遊び人の新しい遊びも披露されているかもしれません。

─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#) 
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

214 :14/24:04/06/17 21:59 ID:qWkILMUb

 こうして一晩中語り明かして一睡も出来ずに勇者は朝になると
王様のもとへ。
 酒代は話の代わりにタダだけど、回復も一切していません。

 だけど勇者たちはこれが好きだったりするわけだ。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )ハナシズキーーー
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

215 :15/24:04/06/17 22:03 ID:qWkILMUb

 もちろん!アリアハン以外にもどこへ行っても酒場くらいはある
はずだし、どこの酒場も勇者一行の話を聞きたがる野次馬はいた
はずです。

 実は勇者の伝説が世界中で知られ、親しまれていたのは、他で
もない 勇者たち自身による世界中の酒場での名調子の宣伝の
結果だった・・・とかね。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)アリエソウ・・・ 
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

216 :16/24:04/06/17 22:04 ID:qWkILMUb

 オット忘れていた。
 冒険の書ですが、これはタダの記録ではありません!

 王の御前、または教会という聖なる場所で作られる時系列的
ルーラポイントなのです。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

217 :17/24:04/06/17 22:06 ID:qWkILMUb

 突然なにソレ? と思うでしょう。
 しかし、勇者にはMPも使わずに使用できる究極の魔法がある
ではありませんか。

 つまり、リセットのことですが(プレイヤー=勇者なので)。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

218 :18/24:04/06/17 22:08 ID:qWkILMUb

 勇者がこの魔法(リセット)をとなえることにより、いつでも
冒険の書1〜3の3っつの時点のどれかに時間を超えて移動が
可能なのです。

 勇者はこの時間ルーラポイントを3っつまで持つことが出来ます。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

219 :19/24:04/06/17 22:09 ID:qWkILMUb

 驚くべき話ですが、実際にそうではないでしょうか!
 さらに、3っつの時間ルーラポイントは3っつまとめて上書きすれ
ば別ですが、そうでない場合、その後のそれぞれ未来は違ってい
ます。
 勇者の名前も違ったり、メンバーも違うものもあるでしょう。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

220 :20/24:04/06/17 22:11 ID:qWkILMUb

 これはズバリ、いわゆるパラレルワールドじゃないでしょうか。

 冒険の書とはパラレルワールドの作成だったのです。

 勇者は時間と次元を超えていますね。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

221 :21/24:04/06/17 22:12 ID:qWkILMUb

 さて、冒険の書がパラレルワールドなのならば、全ての世界で
勇者が魔王を倒してめでたく終了するとは限りません。
 なぜならパラレルワールドは他のソレとは少しずつ違うからです。

 ある日、竜王が魔物の大群と共に一気にラダトーム城を攻略し
たら?
 ハーゴンが異常に早くシドーを召還したりしたら?
 ゾーマが上の世界までいきなりやってきてアリアハンを滅ぼした
ら?
 たくさんあるパラレルワールドではこんなことが起こる場合も
あるのでは?
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

222 :22/24:04/06/17 22:13 ID:qWkILMUb

 あなたはある日「お気の毒ですが、冒険の書1はきえてしまい
ました」という目に会ったとこはありませんか?
  この場合、その冒険の書1にはまさしくそんな破局が訪れて
いたのです。
 魔王だっていつも同じようにはやられないわけです。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

223 :23/24:04/06/17 22:14 ID:qWkILMUb

 冒険の書というパラレルワールドが3っつまで作れるのは、言う
までもなく、このような場合へのリスクヘッジ(危機分散)です。
 
 まぁ魔王もさるもので、いきなり3っつとも潰したりしますけどね。

─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
     (・∀・#)
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

224 :24/24:04/06/17 22:15 ID:qWkILMUb

 以上まとめますとこうなります。

・冒険の書とは勇者を中心に見たパラレルワールドを意味し、こ
の世界では勇者が作成できる。

・ゲームの中断中の勇者たちは酒場で、冒険話を他の客達に語
って一晩を明かしている。
─────v─────────────────────┘
     ∧_∧  
   ○( ・∀・ )<ナットクシロ
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/  

225 :153:04/06/18 01:06 ID:NtrcMW8A
乙カレー。いやいや、面白かったよ。

>>201
ああ、ゴメン。冒険の書カラミの質問だから、つい一緒くたに考えてしまってたよ。
なるほど やるねぇ、パラレルワールド絡みのルーラポイントとはね。
多分勇者だけでは製作できないんだろうね。だから王様や神父や復活の玉の協力がいる訳だ。

>>149
魔王が何故ザオリク使って強力な中ボスを生き返らせないか。
一応は君の解釈に矛盾しない解釈ができたと思うよ。今日は時間が無いが、
もし良ければ論じてみようか?君のように面白くは論じられないが。

226 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/18 13:26 ID:Uoc8jymg
おい1さん、ゲ−ムでHPが残り1になっても平気で戦えるのは何で?
これを説明して


227 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/18 22:15 ID:wrUpfYIl
199 つるが sage 04/06/17 17:24 ID:gT3GozuZ
>>1よ、ドラクエの地図で北極からさらに北(上)へ進むと
南極に出てしまう理由を説明してくれよ
 
 >>199のつるが の質問だが・・・。

 これもまた昔から言われていることのワリには、マトモな回答を
見たことがない問題だな。

 さっそく漏れがこじつけまくって解説してやるゾ。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

228 :01/15:04/06/18 22:16 ID:wrUpfYIl

 DQの地図をながめていて思うことがある。

 
 なんで地図が(ほぼ)正方形なんだ・・・と。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

229 :02/15:04/06/18 22:16 ID:wrUpfYIl

 大体フツーの世界地図って長方形してんだろ。

 なぜかといえば、横(赤道方向)は一周(360度)の長さで書かれて
いるが、縦(両極方向)は半周(180度)分しか書かれていないから
だ。
───v────────────────────────┘
      ワカルナ  ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

230 :03/15:04/06/18 22:17 ID:wrUpfYIl

 よってフツーの世界地図は縦:横が1:2の長方形に近くなるワケ。
 
 しかし、DQの世界地図はいつも正方形に近い。


───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

231 :04/15:04/06/18 22:20 ID:wrUpfYIl

 これはなんでか?

 仮説として、縦と横では地図の縮尺が違っている ということが
考えられる。 つまり、縦が2倍の長さに書かれているというワケだ。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

232 :05/15:04/06/18 22:21 ID:wrUpfYIl

 しかしもしそうだった場合、歩いている勇者たちは横方向に進む
場合に比べ、縦方向に進む場合の方が速度が2倍になるはずだ。
 
 しかし、そうはなっていないのでこの説はおかしい といえる。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

233 :06/15:04/06/18 22:22 ID:wrUpfYIl

 DQの世界の地図が漏れたちの世界と同じ書き方をしているの
ならば、DQの世界は極半径が赤道半径の2倍の長さを持った天体
ということになる。、
 
 いわば、縦にしたラグビーボールのようなカンジだな。
───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

234 :07/15:04/06/18 22:23 ID:wrUpfYIl

 しか〜しコレもありえないだろう。
 
 こうなるとあとは一つ。
 地図の書き方(図法)が違っているとしか考えられん。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

235 :08/15:04/06/18 22:26 ID:wrUpfYIl

 赤道方向と極方向が同じになるということ、北極より北へ行ったら
南極へ出てしまうことから、DQ世界の地図はズバリ、 あるポイント
を十字に切り離して、そこを北西、北東、南西、南東の4方向へ引っ
張り伸ばしたものだろう。
 と考えられる。
───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

 つまり、以下の図のように作っているワケだ・・・。

236 :09/15:04/06/18 22:28 ID:wrUpfYIl
こうなっている!!!

     ___           ____________
    /  /   \        ← |                 | →
   /   /     \        |                 |
  |   |       |          |                 |
  |   |       | ──→   |                 |
  \   |       ノ        |                 |
    \_\_ _/          ←|                 | →
       ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  普通の世界地図(特定の経線で切り開いて両極を左右に拡大)
                    _                 _
                    |\ __________ /|
                        |              |
     ___             |              |
    /     \           |              |
   /   /     \          |              |
  |  _|__    |          |              |
  |   |        | ──→    |              |
  \  \      ノ            |              |
    \____/              |              |
                       |              |
                    |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \|
               
  DQ世界の世界地図(特定の一地点を十字に切って4隅へ拡大)

237 :10/15:04/06/18 22:29 ID:wrUpfYIl

 このような地図の書き方だと、陸地の多くは真ん中付近に丸い
カンジに集まることになる。

 実際、DQの世界地図はVをのぞくと大体こんな感じだし・・・。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

238 :11/15:04/06/18 22:30 ID:wrUpfYIl

 この説の証拠として、DQの地図で北東スミからさらに北東へ進む
と南西のスミに出る。 また、南東のスミからさらに南東方向に進め
ば北西のスミに出る。
 
 つまりDQの世界地図の4スミは同一地点であることがわかる。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

239 :12/15:04/06/18 22:31 ID:wrUpfYIl

 4スミが同一地点であることから、DQの世界地図はこういう図法で
あることは決定的だと思うぞ。

 この図法の場合、上辺、下辺は必ずしも極地ではないが、上辺の
位置から更に上に進むと下辺に出ることになる。
───v────────────────────────┘
    ムジュンナーシ ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

240 :13/15:04/06/18 22:31 ID:wrUpfYIl

 ま、要するに地図を作る際の図法の違い、文化の違いなワケだ。

 ちなみにVのアレフガルドの地図は東西南北どちらの端も行き止
まりだった。

───v────────────────────────┘
            ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

241 :14/15:04/06/18 22:32 ID:wrUpfYIl

 ちなみに、我々の世界の地図にはこのような図法で書かれた世界
地図はないと思うが、正規多円錐図法というのがやや近い。

 実際には、この地図の赤道の両端を上下に開く必要があるワケだ
が、すでにXあたりの世界地図に似ているぞw
───v────────────────────────┘
      ギコハハ ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻

 正規多円錐図法による世界地図
http://homepage1.nifty.com/ptolemy/projection/prj27.htm



242 :15/15:04/06/18 22:34 ID:wrUpfYIl

 と、いうワケだ
 納得したか?つるが!

 今回はちょーしよかった。

───v────────────────────────┘
      ヨユー  ∫
   ∧,,∧    ∬ 
   ミ,,゚Д゚彡っc□ 
_と~,,  ~,,,ノ_.      
    ミ,,,,/~), │ ━┳━ 
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻






243 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/18 23:45 ID:1+JMjueB
DQ3の上の世界の北極は最後の鍵の祠で南極がラーミアの祠と思ってたけど
それでいいのか。

244 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/19 00:17 ID:qZ1OL3Vp
地図の話、良かったと思う。
「世界がドーナツ型をしてるから」って説を別のとこで見た事あるけど、こっちのが
俺には説得力あった。

245 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/19 00:32 ID:dv+kCvTt
>>243
 はっきりしたことは言えないけれど、赤道付近のどこかを基点にしてこの図法で地図を書いた場合、おそらく両極はそのあたりになるかもしれません。
 とにかくこの図法の場合、一番上と下はつながっているので、レイアムランドとグリンラッドは比較的近くであり、コレを南極とすると、ホビットの祠か最後の鍵の祠あたりが北極かもしれんな。

>>244
 感想ありがとう。 しかし他に誰も見てないみたいだねこのスレ。
 まあそれでもいいけど。
 

246 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/19 00:36 ID:Wlqr7McN
1)地図の上と下をくっつけ筒状にする。
2)筒の左と右をくっつける。
3)出来あがった物体がココでいう所の地球

注:厳密な"北""南"が無いところが追究点。

247 :つるが:04/06/19 00:54 ID:5HKPNRX5
1よ乙!
て言うか納得できる回答が来るとは思ってなかったのでびっくり。
あんた凄いよ。

248 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/19 01:39 ID:kd73fGOj
>>245
いや、俺も見ているよ。
地図の話は目からウロコだった。

そうすると、現実によく使用される地図では、正距方位図法が一番近いかもね。
あれは円形だけれど。

249 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/19 01:54 ID:7gHGSc2K
>>245
見てるよー。
書き込まないけどROMってるやつはけっこういると思う。俺みたいに。
楽しみにしてるんでこれからもがんばってちょーだい。

250 :153:04/06/19 01:55 ID:VC/bFuZv
乙ー。俺も毎度見てる。こういった色々な解釈を見るのが好きだからね。
「おおっ、こういった見方があるのか」ってね。

251 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/19 02:01 ID:JGgLFY9u
自分も見てますよ。
冒険の書の話で書き込みたかったけどAA使えなくて断念。

252 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/19 20:52 ID:FTnuAvCu
>>244>>246
 世界がドーナツ状と言うのは意味がわからなかったのですが、要するにドーナツ型
の星の表面に世界がある、またはドーナツの内壁面に沿って世界がある(スペース
コロニーみたいな)、と言うことでしょう。
 この考え方も地図の4スミが一点に終結することを説明可能ですね。
 もっとも>>246のように円筒をさらに丸めてドーナツ状にする場合、開いた地図にした
場合、縦の長さに対して横の長さが2倍以上必要であり、現状のDQの地図がほぼ
正方形であることを考えるとやや漏れの考えに軍配が上がると思われる。


253 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/19 21:02 ID:FTnuAvCu
【疑問 その7】HPとは何か?

226 名前が無い@ただの名無しのようだ sage 04/06/18 13:26 ID:Uoc8jymg
おい1さん、ゲ−ムでHPが残り1になっても平気で戦えるのは何で?
これを説明して

 コレをいって見たいと思います。 要するにHPとは何を表している数字なのか?
を無理なく説明(というかこじつけ)し、HPの諸特徴に矛盾しなければよい。

 │o                      
 │《HPの特徴》                         
 │・HPは0になると死亡となる。                
 │・HPは1まで減っても普通に戦闘できる。
 │・HPは攻撃を受けた場合だけ減少する。       
 │・HPは宿屋で休んだだけで完全回復する。         
 │・HPはLvが高くなると元の何十倍にも増加する。  
 │o
 └──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω・) ( ´・ω・) ・・・・・・・・
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

254 :01/37:04/06/19 21:07 ID:FTnuAvCu

 またも根源的な問題ですが、
 さて、HPってなんでしょうか?  という問題です。

 HPには上に書いたような特徴がありますネ。

 この問題は意外に難問でシテ・・・これまで幾多の考察を
阻んできてイマス・・・。

───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω ) ( ´・ω ・ )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

255 :02/37:04/06/19 21:08 ID:FTnuAvCu

 これまで挙がった説明としては、
 生命力、精神力、健康状態、回避能力、スタミナ、闘志、気力・・・・。

 体力系と精神力系に分かれていますネ。

───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω ) ( ´・ω ・ )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

256 :03/37:04/06/19 21:09 ID:FTnuAvCu

 大体ですネ、HPが1になっても普通に行動できる というのが曲者で、
このことから、体力的なものではない・・とする解釈がありますンデス。 

 体力とか健康状態が「1」になっても、通常と同じ行動が出来るわけが
ないからですネ。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω・) ( ´・ω・) ・・・・・・・・
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

257 :04/37:04/06/19 21:10 ID:FTnuAvCu

 そこで、これは精神的なもので、精神力、闘志、ガッツといったものな
のでは? と考えることがありマス。
 
 体力と違い、闘志や精神力がある限りは戦い続けていられる、という
わけデス。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω ) ( ´・ω ・ )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

258 :05/37:04/06/19 21:15 ID:FTnuAvCu

 この場合の精神力は魔法をとなえる為のMPとは別で、戦闘を継続する
意志力みたいなものと、考えられマス。
  
 しかし、HPは0になると本人が死んでしまうので、HPが精神的なものだ
とした場合、これで死ぬのは納得がいきません。
 
───────v──────────────────────
  ミ∧_∧ ∧_∧ デスヨネ
  (  ・ω・) ( ´・ω ・ )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

259 :06/37:04/06/19 21:16 ID:FTnuAvCu

 HPが0の状態を、気絶、戦闘不能などと表現するRPGもありますが、
DQの場合は、「○○は死んでしまった」と出るし、戦闘後のステータスも  
「しに」となっています。
 
 精神力が尽きると死んでしまうものなのでしょうかね。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧ 性も根も尽きたら死ぬ?
  ( ・ω・ ) ( ´・ω ・ )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

260 :07/37:04/06/19 21:17 ID:FTnuAvCu

 たとえば、気絶している状態は「精神力」は0だと思いますが、死んでいる
わけではありません。  

 眠りや気絶(シドーの攻撃などでたまにある)を受けた場合もHPが0になり
はしません。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  ( ・ω・ ) ( ´・ω ・)
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

261 :08/37:04/06/19 21:18 ID:FTnuAvCu

  

 でもまあ、死ねば精神力は0になるでショ。


───v──────────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧ 从ノ
  (  ・ω・ ) ( ´・ω・ )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

262 :09/37:04/06/19 21:19 ID:FTnuAvCu

 それに闘争心や精神力は体力と違って鍛えようによっては元の何十倍に
も増加することだってあるかもしれないしサ。
 
 闘争心なら宿屋でゆっくり休息したら、体のダメージと違って回復するのも
不思議じゃないぞ・ト。
───v──────────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω・ ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

263 :10/37:04/06/19 21:22 ID:FTnuAvCu

 
 でも、HPって「たいりょく」のパラメータに依存するわけだし。

 そもそも実際の体に受けるダメージはまったく表示されないわけ?

───────v──────────────────────
 从∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

264 :11/37:04/06/19 21:23 ID:FTnuAvCu

 けれども実際の体のダメージとは思いにくいヨ〜。

 例えばHPが400ある香具師が、HP1まで減った場合、体の399/400
にダメージを受けたことになるけど、そんなにダメージ受けたら体グシャグシャに 
なってると思うヨ〜。
───v──────────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧*
  (  ・ω・ ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

265 :12/37:04/06/19 21:23 ID:FTnuAvCu

 
 それはアレだヨ、致死的なダメージ状態をHP0として、ソレに対する相対的
な余力を示しているんだと考えたいゾ・・・ト。


───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

266 :13/37:04/06/19 21:24 ID:FTnuAvCu

 
 だったらHPが元の何十倍も大きくなるってのは体がそんなにでかくなって
いるわけ?

 ドンだけ鍛えてもソレはないよネ。
───v──────────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

267 :14/37:04/06/19 21:27 ID:FTnuAvCu

 それそれ、そこで出てくんのが「細かくなる」という論理。
 
 体も若干は大きく、太くなるかも知れないが、それ以上に1回のダメージで
受ける相対的な被害が減少するんだヨ。

───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (・ω・ ` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

268 :15/37:04/06/19 21:28 ID:FTnuAvCu

   
   ┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
   └┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
    IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
 上の帯がHP10の人の体力、下がLvアップしてHP50の人です(1マスが
HP1に相当)。
 
 HP50の人のほうが鍛えられていていくらか体も大きくなっていますが、
大差はありません。
 ここで双方「5」ずつのダメージを受けたとします。
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (´・ω・`)
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

269 :16/37:04/06/19 21:29 ID:FTnuAvCu

   ┌┬┬┬┬┐I
   └┴┴┴┴┘
    IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
 こうなりマス。
 
 装備などが同じで仮に守備力も同じな場合、同一の敵から受けるダメージ
の量は、同じになりますよネ。 
 しかし較べてみると、これで受けたダメージが同じといえるでしょか?
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (´・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

270 :17/37:04/06/19 21:31 ID:FTnuAvCu

 実際には鍛えた人と未経験者では同じ攻撃を受けてもダメージが全然
違うはず。

 その結果、HPの数値を大きくすることで相対的なダメージの大きさを
縮小化する と言う効果を出したわけでス。
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (´・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

271 :18/37:04/06/19 21:32 ID:FTnuAvCu

 同じ攻撃に対して、鍛えた方は筋肉が発達したり、俊敏さがまして
受けたダメージを小さく済ませることができるようになりますが、これが
ゲーム上の数値的処理ではHPの増加となって表現されている・・ト。

 と、これがよく一般にも通じている説ですネ。
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (´・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

272 :19/37:04/06/19 21:33 ID:FTnuAvCu

 つまり、鍛えたことで受けるダメージを1/10にできるようになったことを、
ダメージの量を、1→0.1とするわけでなく、
最大HPの方を、10→100とする処理としているだけ。

 これならば、鍛えた結果HPが数十倍に増加することも説明できます。
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
   ( ・ω・ ) (´・ω・`)
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

273 :20/37:04/06/19 21:34 ID:FTnuAvCu

 
 しかしこの説には欠点があるよう。
 つまり、回復呪文を受けた場合ですケド。

 ベホマはいいんですが、ホイミ・ベホイミの場合、奇妙なことになりまス。
 
───v──────────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧ミ
   ( ・ω・ ) (・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

274 :21/37:04/06/19 21:36 ID:FTnuAvCu

 今の説だと、HPが半分になった人間は、最大HPに関係なくほぼ同じ
ダメージを受けたことになりまス。

 しかし、HP15/30の人はホイミ一発で全快するけど、HP150/300
の人はホイミを5回くらいかける必要があります。
───v──────────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧从ノ
   ( ・ω・ ) (´・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

275 :22/37:04/06/19 21:37 ID:FTnuAvCu

 
 つまり、回復呪文や薬草などの効果まで、縮小化されてしまってますヨ。

 普通鍛えた人間は回復力だって高いはず、回復呪文までききにくくなる
のは解せないヨ〜。
───v──────────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧从ノ
   ( ・ω・ ) (´・ω・` )
   ( つ旦と ( つ旦O
   と_)_) と_)_)

276 :23/37:04/06/19 21:39 ID:FTnuAvCu

 

 この点、どうしまショ???


───v──────────────────────────
プニュ       从/
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω )σ)´・ω・ )
  ( つ旦 ノ ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

277 :24/37:04/06/19 21:39 ID:FTnuAvCu

 そ・そこで、こう考えますた。

 シロートがボクサーのパンチを受けたら一発でKOされるでしょう。
 しかし、鍛えられたボクサー同士ならば、何ラウンドも戦えるでしょう。

───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  (  ・ω ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

278 :25/37:04/06/19 21:40 ID:FTnuAvCu

 今ここで、一発でKOされたシロートと、10ラウンド戦った末にKO負けした
ボクサーを較べた場合、どうでしょう。

 一発食っただけのシロートの方は薬付けて1日もすれば回復するでしょう。
 しかし、激戦の末にKO負けしたボクサーは、回復に何日もかかるでしょう。
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  (  ・ω ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

279 :26/37:04/06/19 21:41 ID:FTnuAvCu

 
 え〜つまり、最終結果としては同じKO負けであっても、そこまでに受けた
ダメージの量は全然違うわけです。

 
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  (  ・ω ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

280 :27/37:04/06/19 21:42 ID:FTnuAvCu

 
 だからといって、ボクサーの体がシロートの何倍も大きいわけでは
ないですヨネ。

 
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  (  ・ω ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

281 :28/37:04/06/19 21:44 ID:FTnuAvCu

 
 この場合は何が違うのかといえば結局、相手からの攻撃に対する耐久
力と言うべきものですよネ。
 
 
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  (  ・ω ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

282 :29/37:04/06/19 21:45 ID:FTnuAvCu

 
 結局、どこまでのダメージの蓄積に耐えられるか、というのがHPという
数値の正体ではないかと思います。

 HP=ダメージに対する耐久力と考えてみまフタ。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω ) (´・ω・`)
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

283 :30/37:04/06/19 21:46 ID:FTnuAvCu


 そういえば、HPというのはHit Piontの略でしょ。
 殴られポイント、ともいえますよネ。
 
 さっきの例でいくと、10ラウンド戦ったボクサーは何十発ものパンチを受け
たと思いますから、単純に言ってシロートの何十倍ものHPだった・・・ト。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  ( ・ω・ ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

284 :31/37:04/06/19 21:47 ID:FTnuAvCu

 もちろんボクサーが何十発もパンチに耐えたのは、防御や回避の技術に
よるものだから、先ほどの「細かくなった理論」の発展系ともいえますケド。

 
 とにかくHPの大きさは体の大きさや体力そのものではなく、耐久力の
大きさと考えると最初に挙げた《HPの特徴》に辻褄が合うようです。
───────v──────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  ( ・ω・ ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

285 :32/37:04/06/19 21:48 ID:FTnuAvCu

 
 ボクシングと違って剣や魔法で戦うDQ勇者はKOでなくって死んじゃう
ワケですけどネ・・・。 
 
 
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  ( ・ω・ ) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

286 :32/37:04/06/19 21:49 ID:FTnuAvCu

 
 これはもう、現実世界には存在しない回復魔法のおかげでしょうネ。
 要するに、夜中に僧侶か誰かにホイミ唱えてもらってるというコトで。

 MPは精神的なものなので一晩寝たら回復する・・・と言うことで。
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  (  ・ω) (´・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

287 :34/37:04/06/19 21:50 ID:FTnuAvCu

 あの〜一番上に挙げた《HPの特徴》のところで、
 勇者のHPはボクサーと違ってダメージの大きさに関係なく1日で全回復
しちゃっているワケですけど。

 支払っているお金からも明らかに1日しか泊まってないですし・・・。

 コリはどーすんのカナ?
───v──────────────────────────
   ∧_∧ ∧_∧
  (  ・ω ) (・ω・` )
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

288 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/19 21:51 ID:FTnuAvCu
>>286>>287は逆でした。

289 :35/37:04/06/19 21:52 ID:FTnuAvCu

 
 これでいいでしょうか???


 最後にお見苦しい点がありましてすいません。
                        (証明おわり)
───────v──────────────────────
   ∧_∧  ∧_∧
  ( ・ω・ ) (´・ω・`)
  ( つ旦と ( つ旦O
  と_)_) と_)_)

290 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/19 21:54 ID:FTnuAvCu
 分母が37になっているのですが35で終わります。
 最後がひっくり返っていて鬱ーーー。

291 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/19 21:56 ID:/WD47MDf
HPにの解釈、面白かったです。だいたい自分の考えていたことと同じでした。
しかし、これほど明文化された形で説明を受けるのは初めてです。
この調子でがんばってください。

それにしても、このネコかわいい・・・。

292 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/20 01:10 ID:bM+KANGJ
よくDQの疑問を解釈する系のスレにいくんですが、そこでモンスター職になった人間が炎や吹雪を吐くのはどういう風になっているのか?という
質問が出ていたことがあったが、これを説明お願いします。

このAAでやってください。
                ∧_∧  
                ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

293 : ◆2wqW8CacLc :04/06/20 19:19 ID:2l2WJo+0
際限なく物が入るふくろ について解説してくれ。
四次元とかそんなのは無しで、できるだけ。


294 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/20 20:02 ID:2nwj4Zqm
このスレ無駄なAAがウザイな

295 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/20 22:52 ID:gRKb1zg8
無駄な294がウザイ

296 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/20 23:22 ID:JPfwY0SX
このスレがこういうスタイルってことだ。
俺らはそれに付き合ってROMろうぜ

297 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/20 23:22 ID:WSFQ9Icy
>>292
モンスター職になった人間が炎や吹雪を吐く理由。
考えてみました。

 人間が、転職した結果、炎や吹雪を吐くのはどうしたものか?
 確かに尋常じゃないよね。

 モナ東大をめざしている漏れが勉強のついでに答えよう。

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

298 :01/20:04/06/20 23:23 ID:WSFQ9Icy

 そもそも人間でも口から火を吹く奇術とかありますが、これを
超強化したという可能性が、まずあります。



─────────v────────────────┘
               ∧_∧  
               ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

299 :02/20:04/06/20 23:24 ID:WSFQ9Icy

 しかし、ドラゴン職について、わざわざ人間的なテクニックで
ある手品や奇術をおぼえるというのも妙な話です。

 それならベビーマジシャン職にでも就いてやっててね。
                          (存在しないけど)
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

300 :03/20:04/06/20 23:26 ID:WSFQ9Icy

 やっぱり、この場合ドラゴンが炎を吐き出すのと同じように
はくのだと思われます。

 しかしドラゴンだって生物である以上、炎を吐くのはナゾなん
だよね。

 まずはなぜドラゴンが炎を吐けるのかを考えてみよう。

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

301 :04/20:04/06/20 23:28 ID:WSFQ9Icy

 いくらドラゴンでもおなかの中で炎が燃えてたら問題があるに
決まっているから、

 おなかの中には燃料があるんだろうね。

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

302 :05/20:04/06/20 23:30 ID:WSFQ9Icy

 人間や一部の動物は体の中に脂肪を蓄える構造を持ってい
るかけど、この脂肪というのは炭化水素だよね。

 そこで脂肪の代わりに燃焼性の高い炭化水素液体、プロパン
とかの形で体内に燃料として貯蔵しているとする。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  ガソリンデモイイヨ
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

303 :06/20:04/06/20 23:33 ID:WSFQ9Icy

 コレを霧吹き状にして口から吐き出す。
 着火は歯をこすり合わせることで火花を出して引火させると
か、また別の器官から酸素や過酸化水素を吐き出して、口から
出る寸前に引火爆発させている。

 と考えられます。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/


304 :07/20:04/06/20 23:35 ID:WSFQ9Icy

 つまり、ドラゴンの体には体中から蓄積した燃焼性液体ガス
を口の方へ押し出し、霧吹き状に噴出する腺があって、この腺
から出る燃料ガスを口内で引火させた直後に吐き出している
のだと考えられます。

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・ ) ドーダ!
             __m9___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

           _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__
          /       <●>    \
        ∠_____
  炎            ← \≡燃焼ガスの腺
 ≫≫≫ ★           )
               ← /≡過酸化水素の腺
      ↑ ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ここで ̄ ̄ ̄\____
     混合引火          \

305 :08/20:04/06/20 23:37 ID:WSFQ9Icy

 この方法は一見、おなかの中の液体ガスに引火してしまい
そうですが、そうはなりません。

 ガスには燃焼範囲というものがあって、この濃度以上でも
以下でも爆発しないのです。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

306 :09/20:04/06/20 23:38 ID:WSFQ9Icy

 燃焼範囲というのはガスの空気中の濃度のことで、たとえば
ガソリンだったら、空気との混合比率が1.4〜7.6%でないと
火がついても爆発しないの。


─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

307 :10/20:04/06/20 23:40 ID:WSFQ9Icy

 体内では液体ガスの濃度が高くなっていて燃焼しないワケ。
 口から霧吹き状にして吐き出した際に外の空気と混じって
初めてこの燃焼範囲になったところで爆発的な炎になる。

 と言うわけだヨ。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) ワカッタカ!
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

308 :11/20:04/06/20 23:47 ID:WSFQ9Icy

 ところで、モンスター職になった人間たちだけど、これはもう
ドラゴンやってるうちに体内の構造に変化が起こっているとし
か言いようがないね。
 脂肪やメタンになるものの一部が、もっと燃焼力の強い物質
になって蓄積され、吐き出す腺も備えちゃったということだ。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

309 :12/20:04/06/20 23:49 ID:WSFQ9Icy

 えっ! それじゃ一般の生活に支障が出ないかって?

 あんたねえ、灼熱の炎を吐いたり、魔王を倒したりするやつ
が普通の人間と同じようにやっている方が変でしょう。

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

310 :13/20:04/06/20 23:51 ID:WSFQ9Icy

 とはいえ それでは予後の生活がアレなので、ここはそういう
体内構造を変化させることが容易であるように、戻すのもまた
容易に出来て、魔王を倒して冒険が終わればまたもとの体に
戻れる。 と考えようね。

 主人公たちは精霊ルビスの加護で体内構造が可変になっ
ている、ということに・・・。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) クルシーカ?
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

311 :14/20:04/06/20 23:52 ID:WSFQ9Icy

 とりあえず次に吹雪(冷気)ですが、コレはどういった構造で
吐くことが出来るのでしょう?

 

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・)<ヤショクマダー? 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

312 :15/20:04/06/20 23:55 ID:WSFQ9Icy

 温度を下げるのは液体の断熱膨張を利用しているものと思
われます。

 要するに液体が急激に気化する際に気化熱を奪って、周囲
を冷却するというものだね。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

313 :16/20:04/06/20 23:56 ID:WSFQ9Icy

 断熱膨張に使う液体は体温程度の温度で気化し、気化熱が
非常に大きい物質であることが大事。

 とすれば最適なのが昔エアコンでも使われていたアンモニア
ということに。

─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

314 :17/20:04/06/21 00:00 ID:8hB+0Ggk

 アンモニアは人間や動物の体内で普通に作られているよね。

 コレがドラゴン職をやっていると、尿にされて排出されずに、
体内に大量に貯蔵され、さらに断熱膨張と圧縮を繰り返す器官
が発達する・・・と。
 
─────────v────────────────┘
               ∧_∧  
               ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

315 :18/20:04/06/21 00:01 ID:8hB+0Ggk

 先に触れた体内にためておいた液体ガスですが、これを
アンモニアを断熱膨張させた気化熱で冷却した上で霧吹き状
にして吐き出す。
 
 コレが吹雪や輝く霧のように見えて、冷気のダメージを与える
攻撃になる。
─────────v────────────────┘
               ∧_∧  
               ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

316 :19/20:04/06/21 00:03 ID:8hB+0Ggk

 最後に炎も吹雪も段階的に吐き分けられることについては
・燃焼させたりする物質に違いがある。
・息の吐き出し量や冷却処理量が可変である。
 とかんがえられます。
 この場合、常に威力を使い分けられることから、後者の方が
簡便だと思われます。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・) 
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

317 :20/20:04/06/21 00:07 ID:8hB+0Ggk

 人間なのにどうして・・・という肝心のところをぼかしたような
形で悪いが、これで納得してもらえない?
 とにかく、炭化水素やアンモニアといった人間の体内にある
もので理屈が付くので出来ないこともない・・・ってことで
 また体の構造の変化は精霊の加護を受け、より強い力を得
ることができるように一時的の構造の変化が容易な体質になっ
ている・・・としたい。
 今回はここまで。
─────────v────────────────┘
                ∧_∧  
                ( ・∀・ ) チョト ムズカシカッター
             __m9___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

318 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/21 00:21 ID:8hB+0Ggk
ところで今更ですが
>>226>>291なのですか?
もし違うんなら、HPについての解釈について感想か自分の考えよこしてよ。
質問してそのままとんずらかよ。
一応こっちも苦労して考えたんだし。

319 :291ですが:04/06/21 00:50 ID:qPl2Ksp3
私は226くんじゃありませんよ。

ところで「HPについての解釈うんぬん」というのは、226君に言っているんですよね?

320 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/21 12:51 ID:Nz9FKoHx
292ですどうもっ、今読んだのですが炎を吐く構造はよかったですが
肝心のところをごまかした感じは否めないな やっぱ
とはいえ1乙


321 :153:04/06/21 17:12 ID:JJ9UsUEA
お疲れさん。前回のHPの概念同様、確かにぼかした部分が気になるけど、これで十分でないかね。
そもそもDQの設定そのものに、無茶な部分が多いからね。
人間が炎や吹雪を吐くことも、全て「剣と魔法の世界で、現実の世界とは違うから」という説明で
済ませてる部分が多い。それをなんとか理屈をつけようとすれば、どこかに無理が生じるものだ。
それを魔法・聖霊や神の力といったブラックボックスに隠してしまうのは、ある程度仕方が無いと思うよ。

まぁドラゴラムのような火竜に変身する魔法があるんだから、
体内構造の一部を無制限でドラゴン化させる魔法だってあるんだろうね。
それをダーマ神殿の神官は知っており、「ドラゴンのさとり」や「心」を媒体にして
成し遂げるのではなかろうか。

322 :226:04/06/21 20:00 ID:4vGBAYPH
1さんどうも、私の感想を言わしてもらうとHPはもともとこのような認識の
ものだったはずだが、いろいろな人が変なこと言い出してから奇怪な説が
出るようになったと思います。

1さんの説は、本来のマトモなHPの概念を再認識させていると思います。
よって文句はないですが 異常。

323 :226:04/06/21 20:01 ID:4vGBAYPH
ごめん、
×異常
○以上

324 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/21 21:58 ID:oxSQEWmI
293 ◆2wqW8CacLc 04/06/20 19:19 ID:2l2WJo+0
際限なく物が入るふくろ について解説してくれ。
四次元とかそんなのは無しで、できるだけ。

 この疑問についていってみます。
 
 ようするに
 袋の中に際限なく物が入るのはなぜか・・・と。


─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) 難解ダナ・・・
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

325 :01/36:04/06/21 22:00 ID:oxSQEWmI
 
  たしかに小さな袋に見えるが、剣でも鎧でも50個とか
 99個とかまで入るよな。

  
└─────────v─────────────
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

326 :02/36:04/06/21 22:01 ID:oxSQEWmI

  鋼の鎧99個なんて無理やり入れても持って歩けない
 ぐらい重い だろうに・・・。

  さあどうする 兄者。

└─────────v─────────────
            ∧_∧
 ・・・・ ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

327 :03/36:04/06/21 22:02 ID:oxSQEWmI
 
 こ、これは、つまり・・・
 実はこの世界では物がすごく軽いのである・・・と。


─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <ハァ?
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

328 :04/36:04/06/21 22:03 ID:oxSQEWmI
 
  物が軽い・・・ということは重力が小さいってことかい
 兄者よ。

  
└─────────v─────────────
            ∧_∧
 ・・・・ ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

329 :05/36:04/06/21 22:05 ID:oxSQEWmI

 
 その通りだ弟者よ。
 引力が小さい星なんだきっと、だから、高い塔の上
から飛び降りたりしてもみんなケガ一つしないだろ。

─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <ホウ!
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i   ソウイエバ!
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

330 :06/36:04/06/21 22:06 ID:oxSQEWmI

 Vで世界を赤道方面に半周するのに船で半日しか
かからん。

 つまり帆船で一日で一周可能な小さい星なワケだ。
 だから引力は小さい。
─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <ホホウ
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

331 :07/36:04/06/21 22:07 ID:oxSQEWmI

 しかし・・・どうだろうな?。
 もしかしたら自転がすごく遅い星で1日がすごーく
長いのかもしれんぜ、兄者。
 ジパングなんて1日で何回も巡回できるし。
 
─────────v────────────┘
            ∧_∧
    ヾ∧_∧  (´<_`  ) <・・・・
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

332 :08/36:04/06/21 22:09 ID:oxSQEWmI

 
  それはともかく、軽くっても体積は変わらんぞ、兄者よ。
 
  大きさの問題はどうする?
  
└────────v──────────────
            ∧_∧
 ・・・・ ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

333 :09/36:04/06/21 22:10 ID:oxSQEWmI

 
 ・・・弟者よ

 あのな!
 
─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

334 :10/36:04/06/21 22:11 ID:oxSQEWmI

 サイジングの魔法と言う考え方はどうだ。

 つまりDQ世界ではかさばる装備品やアイテムは
サイズを自在に調整可能なのだ。
 よって鎧なんかも徹底して縮小することができる。
─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) !!
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

335 :11/36:04/06/21 22:12 ID:oxSQEWmI

 
  し、しかし、DQのどこにそんな話が!?
 
  なんというか、都合主義じゃないかと・・・。
  
└─────────v─────────────
            ∧_∧
 ・・・・ ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

336 :12/36:04/06/21 22:13 ID:oxSQEWmI

 無いとは言えんぞ弟者よ、DQの世界はワシらの
世界と違い、魔法とか精霊とかも平気でころがっている。

 わしらの知らない知識や技術が存在してもおかしく
無いではないか。 

 要はサイジングの技術がDQ世界に存在していること
を証明すればいいのだろう。
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <フム
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

337 :13/36:04/06/21 22:16 ID:oxSQEWmI

 例えば「魔法の鎧」という防具は、スライムが装備
可能だが、キングスライムにも装備可能だ。
 
 これは明らかに極端なサイズの変更が可能ってコト
じゃないか?
─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <ん?
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

338 :14/36:04/06/21 22:17 ID:oxSQEWmI

  そりゃどうかな。
   
  単に防具屋で買うとき、スライムにはSサイズ、
  キング スライムにはLLサイズを買ったってことじゃ
 ないか? 兄者よ。
└─────────v─────────────
            ∧_∧
 ・・・・ ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

339 :15/36:04/06/21 22:18 ID:oxSQEWmI

 いや違う、実際スライムに装備させていた魔法の
鎧を引っぺがしてキングスライムに渡したら、これを
キングスライムもしっかり装備できるワケだぞ。 
 
 同じものがスライムにもキングスライムに装備でき
るんだぞ。
─────v────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <そうか
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

340 :16/36:04/06/21 22:19 ID:oxSQEWmI

 DQXで勇者がテルパドールの天空の兜を被った時、
最初ぶかぶかだった兜がひとりでに縮んで勇者の頭に
はまったろう。

 あんな感じだ。
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <おお、たしかにあれは。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

341 :17/36:04/06/21 22:21 ID:oxSQEWmI

  なるほど! じゃあ天空の装備は天空の勇者意外には
 サイジングの魔法が発効しないというワケか。
   
  じゃ、もしかして防具屋で買った時によく「ここで装備
 していきます か」とか言ってるのは、もしかして・・・
└─────────v─────────────
            ∧_∧
   ! ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

342 :18/36:04/06/21 22:22 ID:oxSQEWmI
 
 ウム、おそらく購入者に合わせてサイジングの魔法を
かけるサービスを行ってくれたいるんだろう。

 DQ世界ではきっとありふれた技術なんで、特別に表
に出ていないだけなんだろうよ。
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <そうか!
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

343 :19/36:04/06/21 22:24 ID:oxSQEWmI

 
 と言うわけでここまでの話から、
 「ふくろ」には入れたものを自動的に最小限までサイジ
ングする魔法がかかっている・・・としたい。
 
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

344 :20/36:04/06/21 22:26 ID:oxSQEWmI

 
 袋に入っている品物は、縮小されて種類ごとにボックス
に分けられていて、「道具整理」で即、並べ替えが可能。

 なんか、サイバー的なものを感じるが、とにかくこんな
状況なので通常の所持品と違い、戦闘中に出して使用
することは出来ない、と。
 
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <・・・そんなサイバーな解釈は
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i    根拠を示してくれヨ。
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

345 :21/36:04/06/21 22:27 ID:oxSQEWmI

 おまえなあ、その程度の処理でもしてなきゃ、

 「馬の糞」と「薬草」を一緒のふくろに入れてられるか?


─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <な!!
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i   
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

346 :22/36:04/06/21 22:28 ID:oxSQEWmI

  ところで手持ちのアイテムは戦闘中に使えるってコト
 はサイジングがかかっちゃいないわけだ。
   
  とうしてアイテムは全員同じ数までしか所持できない
 んだろうか?
└─────────v─────────────
            ∧_∧
   ! ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

347 :23/36:04/06/21 22:30 ID:oxSQEWmI

 
  例えばでっかい「力の盾」を12個まで持てるやつが、
 なんで薬草や力の種も12個までしか持てないんだ?
   
  種や葉っぱぐらい100個でも持てそうだぞ。
└─────────v─────────────
            ∧_∧
   !!!  ∧_∧  (´<_`  ) ナンデダロ?
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

348 :24/36:04/06/21 22:34 ID:oxSQEWmI

 
  実はひそかにこっちの方が難問かな???
 
 ※ここから先は、「なぜ、勇者たちは手持ちのアイテムを
 種類に関係なく一定の数までしか持つことが出来ない
 のか?」
 に 変わりました。
└─────────v─────────────
            ∧_∧
            (´<_`  ) 兄者・・・?
  ・・・   ∧_∧ /   ⌒i  
    /( ;´_ゝ`)    _| |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄ / |
  __(__ニつ/  FMV  / | .|____
      \/_____/ (u ⊃

349 :25/36:04/06/21 22:36 ID:oxSQEWmI

  どうした兄者・・・。

  エロ画像でもみつけたか?

└─────────v─────────────
            ∧_∧ 
     _ ∧_∧(´<_` ;)^i   
    . / (; / ̄ ̄ ̄ ̄/  |   
  __(__ニつ/  FMV  /__| .|____
      \/____/ (u ⊃



      \\\
     (⌒\  ∧__∧  
     \ ヽヽ( ´_ゝ`)   
      (mJ     ⌒\
       ノ ∩☆ / /
       (  | .|∧_∧ わ、わかった!
   /\丿 | (    )  この話は無しな!
   (___へ_ノ ゝ__ノ   本来>>293の質問には一応答えているし。

350 :26/36:04/06/21 22:37 ID:oxSQEWmI

 まず、剣や盾で両手がふさがっているやつが、かさば
る武具をいくつも持てるわけがない。

 やはりサイジングで小さくしているはずだ。 
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_` ;) <いきなり立ち直ったな
 ウンウン( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

351 :27/36:04/06/21 22:38 ID:oxSQEWmI

 
 力の盾はサイジングしてあっても「使用」はできる!

 防具として装備出来ないやつも、使用だけは可能なの
はこのためだ。 
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_` ;) <ホウホウ
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

352 :28/36:04/06/21 22:40 ID:oxSQEWmI

 
  で、でもな、装備可能なキャラは戦闘中に持っている
 武具を「装備」も出来るぞ。 
 
  サイジングはすぐには戻せなんじゃ・・・。
└─────────v─────────────
            ∧_∧
            (´<_`  ) 
  ・・・   ∧_∧ /   ⌒i  
    /( ;´_ゝ`)    _| |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄ / |
  __(__ニつ/  FMV  / | .|____
      \/_____/ (u ⊃

353 :29/36:04/06/21 22:44 ID:oxSQEWmI

 じゃぁ訂正、サイジング自体はわりと戦闘中などの緊
急時にも手軽に解除や変更が可能である。

 しかし、袋の中のものはさっき言ったような袋の中の
ボックスに収まった二重構造になって、「道具整理」など
が即可能な特殊な魔法条件下にあるため、簡単には
出し入れできない・・・と。
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <「ふくろ整理」があってよかったナー
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

354 :30/36:04/06/21 22:49 ID:oxSQEWmI

 さらに手持ちの道具が一定数までなのは・・・・

 これは、アレだ、戦闘時に手に持つアイテムの数には
宗教的な制限があるため、と考える。
 
 例えばDQYでは「13個目のアイテムを手にすること
は許されない」という戒律が存在するとしたい。
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) <えっ!
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

355 :31/36:04/06/21 22:50 ID:oxSQEWmI

 
  そ、その根拠は???
 
   
 
└─────────v─────────────
            ∧_∧
      ∧_∧  (´<_`  )
     (; ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

356 :32/36:04/06/21 22:51 ID:oxSQEWmI

 根拠といわれても・・・・しかし実際、持ち物満タンの時
宝箱から力の種が出てきてもあきらめて宝箱に戻すだ
ろう。

 本当なら種の1個くらいどうとでもなるはずだが、あえて
アイテムを整理してからもう一度取る。 
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

357 :33/36:04/06/21 22:52 ID:oxSQEWmI

 きっと宗教的タブーなんだ。
 他にありえん不合理な行動だ!

 この戒律を破ると神の加護がなくなり、死んでも生き
返られないのだ。
─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )<このところ苦しいのが続くなw
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

358 :34/36:04/06/21 22:54 ID:oxSQEWmI

 よってまとめると、
・DQ世界にはサイジングの魔法があり、袋は自動的に
全てを最小にサイジングして種類ごとに収納している。

・手持ちのアイテムで嵩張るものはは、やはりサイジング
でコンパクトになっているが、「使用」は可能で、装備する
際にはサイジングはすぐに解除・変更できる。

・手持ちのアイテムがその種類によらず一定数までしか
所持できないのは、宗教的戒律による。

─────v─────────────────┘
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )<フッ流石だよな、オレ達。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

359 :35/36:04/06/21 22:55 ID:oxSQEWmI

 どうだ!!

   頭が弱くて、兄者をやってられっかってんだ!


─────v─────────────────┘
 ⊇9        6⊆   ∧_∧
 | |   ∧_∧  | |   (´<_`  ) サカラワンヨウニシヨウ・・・
 | |   ( ´_ゝ`)__| |  /    ⌒\
 \二 ̄    二 ノ   | | ∩∩ | | パチパチパチ!! 
     |   / ̄ ̄ ̄ ̄/ |/ | | \│
  __  |_ /  FMV  / .| . /  \ノ
      \/____/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



360 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/21 23:01 ID:oxSQEWmI
 分母が36ですが、ここで終わります(途中で予定の文章が一つ省略された)。

 手持ちのアイテムの数が常に一定で各キャラ同数であることについて、
「宗教的戒律」などよりもマシ説明があったら誰かお願いします。

 >>321
<まぁドラゴラムのような火竜に変身する魔法があるんだから、

 そうでした、ドラゴラムのことを忘れていましたね。
 この点からせめればもう少しうまい説明があったかも・・・。
 さりげなくご指摘ありがとン。

361 :293ですが、:04/06/21 23:46 ID:Kz3YtvtS
読ませてもらったが、サイジングの証明は納得可能の範囲。

DQ(というかゲーム全般)ではモノについて体積や重量を無視して個数だけ
で処理しているからこういう考え方もアリだろう。

てに持ったアイテムが決まった数までという件については両手が武器と盾で
ふさがっている状態から、サイジングして縮小したものを入れておくポケットの
数とか。
・・・イマイチうまいのが出ないな。

362 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/22 00:19 ID:M/ZkFct0
ふと思ったんだけど
アイテムを使う時って手を使ってないのかな?
呪われた装備で両手がふさがってても使えるよね。
小物の類ならともかく、力の盾とか王者の剣とかも。

363 :153:04/06/22 10:40 ID:vUKPN+to
じゃあこう解釈するのはいかが?
ふくろの中のアイテムは戦闘中使用不可だよね。
ならば袋の中のサイジングの効果は、使用できないレベルにまで圧縮する効果であり、
各個人の手持ちアイテムは、とりあえず使用できる範囲までのサイジング圧縮なのではないだろうか?
ふくろに同じアイテムを99個も持てるのは、そんな理由からでは?

364 :153:04/06/22 11:06 ID:vUKPN+to
>>363
おっと、手持ちアイテムの個数制限がある説明になってませんでしたな。

使用できる範囲でのサイジング圧縮の容量制限が、ハードディスクの容量みたく決まってるとか・・・。
無理があるかな・・・。

365 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/22 20:03 ID:gwJd3v8k
>>364
使用できる範囲でのサイジングというのは装備も可能なのか?

<使用できる範囲でのサイジング圧縮の容量制限が、ハードディスクの容量みたく決まってるとか
だから何で力の種はもっと持てないんだ?
それとも力の種は意外とでかいとか。

366 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/23 03:56 ID:ANNS+49C
sage

367 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/23 13:54 ID:li6xGGOF
このスレって一人でやってるの?

368 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/23 13:59 ID:XaA1bVy3
http://try.cside.tv/cgi/bbs/tengoku.cgi 荒らしてください
バカーヾ(゚д゚)ノ゛

369 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/24 12:15 ID:nw/OcX/L
保守

370 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/24 18:30 ID:3SpFyE5x
DQ3の転職なのですが、転職すると見た目何故か変わりますよね?
明らかに爺さんにしか見えない男が急に若々しくなっちゃったり、
逆に元気ハツラツなはずの若者が呪文の道を志そうと決意したらいきなり老けてたり。
どういうことでしょうか?説明お願いします!!


371 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/26 00:50 ID:wuWeePsT
 さて再開いたしますが・・・。

 >>370氏、質問ありがとうございます。

 DQVで転職によってなぜ姿がまったく変わるのか?

 うわっ久しぶりに質問が来たとおもたら、
 地形変化のナゾと並んで厄介なものが・・・。
──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦

372 :01/19:04/06/26 00:52 ID:wuWeePsT

 なぜ、DQVで転職すると姿がガラっと変わる
のか?
 Yではそんなことありませんでしたからおかしな話
ですが、Vのキャラの場合特定の人物設定が職業以外
何もないのでコレがなくなってしまうと困るわけでも
ありますが。
──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)


373 :02/19:04/06/26 00:54 ID:wuWeePsT

 例えばムーミンのパパからシルクハットとパイプを取り、
ママからエプロンを取っ払ったら、どっちがパパでどっち
がママかわからなくなるようなものであろうか?

 よってコレは単に画面上の表記に過ぎない・・・と
言うのはあまりにつまらないので、何とか考えてみま
しょう。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)

374 :03/19:04/06/26 00:55 ID:wuWeePsT

 考えたら転職後、その職業に合った服装に変えるのは
当たり前ですから、問題は見た目の年齢の問題ですよね。

 見た目の年齢で言うと、
戦士(男・女)、武道家(男・女)、僧侶(女)、商人(女)、
魔法使い(女)、盗賊(男・女)、賢者(男・女)
以上:20歳以下
僧侶(男)、商人(男):30前後
魔法使い(男):70歳くらい?
となります。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)

375 :04/19:04/06/26 00:56 ID:wuWeePsT

 この内、20歳以下とされた連中は、ふけ顔とか
童顔とか、人種とかを考えに入れるとまあ許容範囲
なんではないかと思われます。
 問題は後の3つですね。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)


376 :05/19:04/06/26 00:58 ID:wuWeePsT

 DQVが手本としたゲームにウィザードリーがありますが、
このゲームでは転職の際に5歳ほど年齢が上昇するという
特徴がありました。

 これは「転職の際の修行で年月を失う」という理屈がついて
いました。

 しかしDQVの転職は場合によっては若返ってしまう
ので理屈が難しいですね。
 年をとりすぎて来世に生まれ変わっているのだったりしてw

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦

377 :06/19:04/06/26 01:00 ID:wuWeePsT

 ぶっちゃけた話こう考えました。

 公式ガイドブックに出ている、男賢者と男武道家は共に
若い男だが、顔はまったく似ていないし髪や眼の色も違う。

 もちろんこれは出ているモデルが違うだけでしょう。

 このモデルたちは同じガイドブックに武具を装備した姿
でも出てきており、ファッション系のモデルも兼ねている
ようです。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)

378 :07/19:04/06/26 01:01 ID:wuWeePsT

 よって、パッケージやガイドブックに出てくる各職業の
キャラは各職業の格好をしたモデルであり、例えば魔法使い
の場合、ヨーロッパでは年老いた男、アメリカでは妖艶な女
性のイメージがあるからソレに合わせたモデルが出ているに
過ぎない・・・ということに。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)

379 :08/19:04/06/26 01:02 ID:wuWeePsT

 つまり、ゲーム中のキャラとガイドブック中のモデルを同
一視して男魔法使い=年寄り と考えることがナンセンスな
のであり、アレはイメージに過ぎない・・・

 といってもこんな結論は全然面白くないですね。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)


380 :09/19:04/06/26 01:08 ID:wuWeePsT

もっとDQ世界に即したファンタジックな発想で行きたいですね。

 Xに出てきた魔法使いというモンスターがいますよね。
 あれはかなり年をとっと老人の顔ですよね。

 もっと若いヤツはいないのか? それとも生まれた時からあ
のような顔なのでしょうか?

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦


381 :10/19:04/06/26 01:10 ID:wuWeePsT

 Vでも魔法使いというモンスターは出てきますが、こいつは
全身をローブに包んでいて年齢不詳ですが、外見を見せないよう
にしているのは若いかっこのいい姿ではないからでしょう。

しかしガンガン攻撃してくるように闘志は旺盛のようです。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦


382 :11/19:04/06/26 01:11 ID:wuWeePsT

 だいたい一つの種族中に、若いやつらが一人もいないという
のはおかしいではありませんか?

 ここで推測を働かせると・・・
 実は、彼らは年をとって見えるが実は実際年齢は若い、ということ
は考えられないのでしょうか。

 VやXの魔法使いやWの大魔道なんかも本当はほとんどが血気
盛んな若いやつらなのかもしれません。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦

383 :12/19:04/06/26 01:13 ID:wuWeePsT

 人間もソレと同じでどうでしょう。

 魔法の精霊と契約し魔法使いになると、男だけは外見が老人の
ように変化する。

 実際に年を取るのではなく、例えば顔や全身の皮膚から水分や
脂肪がひどく奪われるような症状なのではないでしょうか。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦


384 :13/19:04/06/26 01:15 ID:wuWeePsT

 何しろ普通の人間が魔法を使えるようになるのですから、どんな
生理的変化が起こるのか我々には見当もつきませんが、モンスター
でも人間型の場合は大なり小なり同じような状態になる・・・と。

 とにかく細胞に何らかの変異がおこるとしましょう。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦


385 :14/19:04/06/26 01:17 ID:wuWeePsT

 ついでに考えられることとして、全身の皮膚のほかに、筋肉も萎縮
するような症状がありそうです。

 よって魔法使いはそろって力が弱い。
 現実には頭脳労働の人間にもパワーのある人はいますが、魔法使
いはそんなわけで例外なく非力である・・・と。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)


386 :15/19:04/06/26 01:19 ID:wuWeePsT

 こうなると魔法使いの呪文を操りながら、この症状を起こさない
賢者の偉大さが再認識されます。


──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)


387 :16/19:04/06/26 01:20 ID:wuWeePsT

 とにかくこの症状は転職で魔法使いをやめると治まり元の若い
姿に戻ることが出来る。

 男の魔法使いが長いひげを蓄えているのは付け髭でしょう。

 しわくちゃのクセに髭のない顔はみっともない、というような
認識がこの世界にはあるのかもしれません。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 (; ´∀`)
 ( つ   つ旦

388 :17/19:04/06/26 01:22 ID:wuWeePsT

 ついでに、男僧侶と男商人の髭も付け髭ということでしょう。

 これはこの世界での風習と言うか、例えば江戸時代の日本でも
身分によって髷の形や装束が違っていたようなものだと思います。

 商人には商人の髷があったし、僧侶の頭髪も規定があったでは
ありませんか。

──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)

389 :18/19:04/06/26 01:23 ID:wuWeePsT

 実際、男商人は髭を取ると童顔だし、男僧侶も髭がなければ学生に
も見えないでもない顔ですし。


──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)



390 :19/19:04/06/26 01:25 ID:wuWeePsT

 と、いうわけでまとめると

・男魔法使いは魔法の精霊との契約の結果生じた生理的変質により
老人のような外見になっているだけで実は冒険者らしく若い人である。

・男の商人や僧侶は付け髭をつける風習があるため髭をつけているの
であって、これも実際は他と同じような年齢である。

・よって彼らは転職するとその制約から解放されて元の若い姿(10代?)
に戻る。

 どーでしょ?
──v─────────────────────────┘
  ∧_∧
 ( ´∀`)=3 ハァー
 ( つ旦と)

391 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/26 01:51 ID:dK7M02Rv
コスプレ集団のパーティーか。

392 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/26 02:23 ID:wuWeePsT
 このスレ2chにおける自レス率新記録になりそうなヨカーンwww

393 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/26 02:27 ID:wuWeePsT
>>391
 コスプレじゃなくって、DQの世界の中でふさわしい装束しているわけでしょ。
 今の人間がちょんまげ結ったらコスプレだけど、江戸時代は当たり前の習俗だったわけだし。
 付け髭も近代の西洋の政治家がカツラかぶっていたのと同じようなものでしょう。

394 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/26 10:37 ID:OpS4Bdbr
イギリスの裁判官は今もカツラ。弁護人たちもカツラ

395 :370 :04/06/26 18:27 ID:d0h8VmYb
>>1
どーもありがとうございます!
いや、なんか真面目に興味深い回答をしていただいてマジで感謝してます。
これからもこの調子で頑張ってくださいね!

396 :153:04/06/27 13:38 ID:xoi7a7Wf
おつかれー。最近カキコ無かったから、どうしたのかと思ったよ。

今回のは生理的なちからを魔力に還元してるから、男魔法使いは容貌が年寄りになると言う事でいいかな。
なるほど、おそらく女性の場合には別の力が供給されてるんでしょうね。月マナの力とか・・・。

397 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/27 21:05 ID:ovvVcTiG
>>396
 質問もないのでスレが進んでいないわけです。
 
 容貌が老人のようになる仕組みは具体的には不明ですが、まあなんらかの生理的変化が起きているということに。
 
 ところで男商人や男僧侶のひげは普通にしていても段々伸びてくるから付け髭はいつまでもいらないですね。
 自前の髭が十分に伸びて付け髭がいらなくなったあたりでLv20(一人前)になるんだったりして。

398 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/27 22:31 ID:lSi2OQvb
>397
そのヒゲについての考察に笑いました。うまいなあ。
でも、そうすると、商人のほうがレベルの伸びが格段に遅いか、ヒゲの伸びが猛烈に速いかということになるけど。

399 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/28 09:50 ID:gb+4/h8Q
漏れもワロタ
まあ、聖職者の威厳のあるヒゲの方がそろうのに時間がかかる
ことがあるかもしれん


400 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/06/29 15:11 ID:BFKd00m6
>>397
現代の日本にも、相撲取りの「大銀杏」というシステムがあるね。
一人前の関取にならないと髷を結えない。それまでは髪を伸ばしておく。
つまり僧侶や商人も、Lvの低いうちは付け髭だったりするんでしょうね。
一人前になったら実際の髭に切り替えてよい、とか。

401 :星川皇子:04/06/29 20:43 ID:WRevriy5
そんじゃ別の職に転職したらひげを剃り落として、もしまた僧侶に
戻ったらまた最初から生やし直し(Lv1から)ですか。
はぐれメタルと戦闘すると一気に伸びるものなのかしら。

ところで1のヒト、仲間になったモンスターはどうして喜んで
モンスターじいさんの所へ行くのですか?
そんなにいいところなのですか?

こんな質問でもいいのですか?

402 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/30 20:19 ID:bRJc4mVh
>>401
<仲間になったモンスターはどうして喜んで
<モンスターじいさんの所へ行くのですか?
<そんなにいいところなのですか?

 質問どうもありがとうございました。

 モンスターじいさんのところがどんなだか
わかりませんが、
 モンスターじいさんのところに行くというの
は仲間になるということであるので、
要するに、何でモンスターは主人公の仲間に
なろうとするのか?
 について考察してみたいと思います。

     /ョョヽ         
     [ 三Ξミ }                         ギコギコ
  ≦ミζノ´∀`) <じーさんの所へ逝ってよし!       ↓
  Φξ/ ̄ ̄X]つ                      ∧ミ∧ミミミミミミ
  ‖|/丿ハイ‖           #ナンダト! ゴルァ!> (゚Д゚,,) ̄ ̄ ̄ ̄ヽ〜
  ‖└──┘                        U U ̄ ̄ ̄U U 
 

403 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/30 20:22 ID:bRJc4mVh

 ゲーム中ではモンスターが仲間になる理由を主人公の
不思議な目や不思議な力による。
 としていますが、別に催眠術かけているわけでもありません。
 
 愛を持って戦うことでモンスターが改心し、みたいな言い方
もしていますが、はっきり言って魔物は魔王に従うのが本道
と思われますからおかしな話ですよね。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜

404 :02/19:04/06/30 20:24 ID:bRJc4mVh

 「不思議な目をしている」と言うのは、モンスターを仲間に迎えて
くれるような性格をした人間、と言うことでしょう。

 こういう人間は珍しいのでしょうが、これはまあ必要条件であって
モンスターがわざわざ仲間になりに来るには、モンスター側の事情
というモノがあると思います。
─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 



405 :03/19:04/06/30 20:26 ID:bRJc4mVh

 さて、そのモンスターの事情ですが、仲間にしたモンスターをその場
でモンスターじいさんのところへ送っても「○○はよろこんでモンスター
じいさんのところへ走っていった」だなんていってます。

 喜んでいくほどの理由とは一体何でしょう?

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜


406 :04/19:04/06/30 20:28 ID:bRJc4mVh

 モンスターじいさんのところへ行っていいことがあるとすれば、
それは「食わせてもらえる」ということです。

 なんかいきなりDQ好きなヒトに却下されそうな話ですが、
モンスターじいさんのところでは檻みたいなところに入れられ
ても、安心してエサにありつける、こんなところに「喜んで走っ
て行く」のはやはりそんな理由なのかも。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧  <確かに食うにゃ困らん。
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜


407 :05/19:04/06/30 20:32 ID:bRJc4mVh

 食わせてもらうため、と言うのはいかにも夢がないというか、
モンスターとしての志が低いんじゃないのかと言いたくなりますが、
しかし人間だって場合によっては食べるために何でもしなきゃなら
んこともあります。

 モンスターの世界はもっと弱肉強食で生存競争も厳しいでしょう。

 この説を補強する根拠をさらに探ってみましょう。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 

408 :06/19:04/06/30 20:35 ID:bRJc4mVh

 Xの主人公は子供の時はモンスターが仲間になりに来ません。
 また、大人になってからも馬車を手に入れるまでは同じようにモンス
ターを仲間に出来ません。

 これはモンスターが相手の人間の経済力、ようするに自分を養って
くれるかどうかを見抜いているのではないでしょうか?

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜

409 :07/19:04/06/30 20:37 ID:bRJc4mVh

 モンスターは人間と接する機会があるのか人間のことばまで知って
おり、人間についてある程度知識を持っているのではないかと思われ
ます。

 実際には子供主人公も戦闘をしてお金を持っていますが、モンスター
たちは「子供は経済的に独立していない」という認識を持っているので
しょう。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜


410 :08/19:04/06/30 20:38 ID:bRJc4mVh

 もっとも大人なら誰でも経済力を持っているとは限りません。

 そこで馬車です。
 馬車はこの世界では家産を現しており、これを持っていることこそ、
経済的に独立した大人であることを示すものだと思われます。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 

411 :09/19:04/06/30 20:40 ID:bRJc4mVh

 よってモンスターは主人公が大人で、かつ馬車を所持していないと
仲間になりに来ない・・・と。

 考えたら仲間になりやすいモンスターにはスライムとかモンスター
の中でも弱小な種族が多いですよね。

 やっぱ食っていくのに大変なんでしょうか?

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 



412 :10/19:04/06/30 20:43 ID:bRJc4mVh

 ところでじいさんのところへ行くためには、まず主人公の仲間に
ならなけりゃなりません。

 しかし、仲間になった場合、必ずしも速やかにじいさんのところへ
送られるとは限りませんよね。
 
 もしかすると馬車に入れられ戦闘三昧になるかもしれませんよね。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜

413 :11/19:04/06/30 20:48 ID:bRJc4mVh

 主人公の仲間になったモンスターは戦闘に連れ出されると勇敢に
戦い、主人公らと同様Lvもあがっていきます。

 Lvが上がることによって新しい特技なんかを覚えることもあり、段々
強くなっていきますよね。

 ここでもう一つの「修行するため仲間になる」と言う説が考え出され
ます。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜



414 :12/19:04/06/30 20:50 ID:bRJc4mVh

 やっぱモンスターの世界は、力がものを言う弱肉強食の世界だろう
と考えられますから、強いヤツが威張っていそうです。

 しかし、主人公らが出会う「野良」のモンスターはみんななぜか同じ
Lvで能力も決まっています。

 例外は中ボスのオークLv20などくらいです。

 これはまたどうしたわけでしょう??

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 

415 :13/19:04/06/30 20:52 ID:bRJc4mVh

 考えてみれば、人間を襲う実在の猛獣でも同じ種の間で互いに
食い合ったりはしないものです。

 モンスターもそうなのでしょう。 より弱いモンスターを襲うことは
あっても、同種族同士は戦わないのかも。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜



416 :14/19:04/06/30 20:53 ID:bRJc4mVh

 しかしより弱いモンスターといっても、モンスターたちはどこへ行っ
ても同じような力量の種族同士ですんでいます。

 実際に旅してみても、ドラキーとキラーマシンが一緒に住んでいた
りする地域はありません。

 どうやらモンスターは似かよった実力の種族同士が互いに牽制し、
均衡を守りながら各地にすみ分けを行っているようです。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜


417 :15/19:04/06/30 20:55 ID:bRJc4mVh

 こうしてみるとモンスターたちは意外とLv上げの機会が乏しそう
です。

 となるとますます彼らにとって主人公らと共に戦闘を重ねてガン
ガンLvアップできることはオイシイ話でしょう。
 
 仲間のもとに帰ったとき、仲間が火の息しか吹けないときに自分
が激しい炎なんか吹いたりすると一躍ヒーローでしょう。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 

418 :16/19:04/06/30 20:56 ID:bRJc4mVh

 でも、そうすると修行(Lvアップ)が目標のヤツをいきなりモンスター
じいさん送りにした場合、怒ってそのまま帰ってしまったりするかも。

 そこで主人公が「後で必ず連れ出すから」とか言って宥めていたり
して・・・。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜


419 :17/19:04/06/30 20:57 ID:bRJc4mVh

 いずれにしても、主人公の仲間になれば、たとえじいさんのところ
に送られても、毎日安心してえさが食べられるし、

 もしも戦闘にかり出されればLvがどんどん上がるしで、どっちに
転んでも好都合なことばかりです。

 はっきり言ってやらずば損だというものでしょう。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜


420 :18/19:04/06/30 21:02 ID:bRJc4mVh

 「経済的理由」、「修行」ともに、自分を養ってくれる強い主人が
必要であり、倒した後に仲間になりにくるのもわかります。

 特に「経済的理由」から考えた時、主人公が途中で倒れた場合も
モンスターは主人公を見捨てたりせず、町へ着くとモンスターが急い
で教会へ運んで主人公を回復させてくれるといった忠勤ぶりも納得
できるものがあります。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧
           (  ´д` ) 
       ____(___ 日と)_____
        | \  _    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜 


421 :19/19:04/06/30 21:05 ID:bRJc4mVh

 こうしてみると主人公は人間の敵となるモンスターを強くしているわけ
であり、チョット問題かも。
 途中で野に返したモンスターのことが心配です。

 しかしながら、強くしたモンスターをこれを利用して魔王自体を倒して
しまうので問題なしとしましょう。

─────────v───────────────────┘
            ∧_∧ <アブネーヤツカモナー
           (  ´Д`) _。。。
       ____(____ つ_____
        | \  旦    ____\
        ||\.\ _____.|\____ヽ
.          \|____| |====B=|
            ||     .|\|___l__◎..|ヽ
               .| .| ̄ ̄ ̄ ̄ |
                \| 黒部スイカ |〜

422 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/06/30 21:08 ID:bRJc4mVh
 話としてはまとまりましたけど、なんか盛り上がりもなくつまらない結論に。
 
 これでいいでしょうか>>401

 引き続き質問をお待ちしています。

423 :星川皇子:04/07/01 08:03 ID:dU75d+rr
ありがとうございます つまらなくはないですよ。
結局、魔物も安定と力という二律背反的なものを求めているということですか。
確に主人公の味方になるのはいい選択と思いますよね。


424 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/01 08:03 ID:dU75d+rr
ありがとうございます つまらなくはないですよ。
結局、魔物も安定と力という二律背反的なものを求めているということですか。
確に主人公の味方になるのはいい選択と思いますよね。


425 :153:04/07/02 12:39 ID:ugykTYtG
お疲れ〜。俺もつまらないと言う事は無いと思うけどね。
相手に分かり易いように説明するには、普段常識と考えられている事をネタに持ち出して説明するのが
最も分かり易いと思う。今回はたまたま、その「常識」が>>1にとってつまらないと感じてるだけなのでは?

ついでだから質問願います。先日「理不尽を強引に解釈するスレ」で、こんな質問があった。

>720 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ 投稿日:04/06/29 23:15 ID:k9R0Jheu
>ドラクエ世界の税制はどうなってるの?国ごとに違ったりするのかな。アリアハンは安いけど
>サマンオサは高いとか

DQ世界でも王様とかはそれなりに力はあるようだから、税金は徴収してると思うが、
国民は税金にそれほど不満を持ってないと思う。だけどそうした面から攻めてみようとしたけど、
なんか説明が長くなりそうだし、なんかこちらのスレの方が適任のような気がしたんで、
こちらで替わりに質問してみます。

勿論つまらない論になりそうだったり、面倒そうだと思うなら、スルーしても良いですよ。

426 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/07/03 22:58 ID:+rZgIQHE
>>425
 スルーするなどとんでもない。
 このスレは閑古鳥が鳴いているので、ジャンジャンやってしまいます。

 というわけでDQ世界の国王の徴税についての考察です。
 今回もやや脱線しとります。


427 :01/15:04/07/03 23:02 ID:+rZgIQHE

 むかし「DQの法則」とかいう企画がゲーム雑誌上でありまして、その中に
「奥地へ行くほど物価が高騰している」というのがあったけど、アレはウソだ
よね。

 薬草の値段とかモノの売値とかどこでも同一だし。

 宿屋の値段が違うだけだ罠。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д`) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/

428 :02/15:04/07/03 23:04 ID:+rZgIQHE

 しかしこの宿屋の値段だけから税金を算出していいのだろうか?

 というか税金なんてこの世界にあるのかな?

 もっとも税金が無かったら支配者も困るはずだし。

───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/

429 :03/15:04/07/03 23:06 ID:+rZgIQHE

 そういえばDQ世界の政治権力とかってどうなっているんでしょ・・・。

 DQもTからZまでありますが、どの作品でも国王、王室が支配者として
ここまで確認されている唯一の存在です。
 地方には他に村長とか町長とかもいたけれども、これもより大きな権力者
である国王の支配下にあることに違いないと思われます。

───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/

430 :04/15:04/07/03 23:08 ID:+rZgIQHE

 この国王ですけどその権力の規模と王権の大きさはゲーム中で見る限り
はどの作品でもささやかなものに見えます。
 
 国王の周囲には王室を支える貴族階層が確認されないし、平民でも正面
から王に謁見が可能みたいだし。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/

431 :05/15:04/07/03 23:09 ID:+rZgIQHE

 また国王は直接の権限が自分の軍隊にしか及んでいないようで、王の
委託を受けて旅する勇者達に対する民衆の態度もそれほど特別なのもの
ではないみたいですね。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/


432 :06/15:04/07/03 23:12 ID:+rZgIQHE

 さらにはこの軍隊だが、質、量とも精強な印象はあまりなくって、忠実かも
しれないけどどこか牧歌的な兵士たちみたいですよね。

 実際に世界に迫った危機に対して有効な対応をとったことは殆どないと
言ってよく、せいぜいがWの第1章でバトランドの兵士たちが子供の誘拐
事件を調査しているという程度が関の山みたいです。

───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/

433 :07/15:04/07/03 23:14 ID:+rZgIQHE

 さてこんな国王の財政状態ですが当然王国には財政的基盤があるはず
でしょうし、推測する限りそれは、人頭税、商店や先述の商人組織からの
税金や運上金、また各種許可料や関所の税金(旅の扉の使用料も?)など
でしょう。

 一体これでどの程度潤っているのでしょうか?
 王室の財政状況はいかがなものかと・・・。

───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/



434 :08/15:04/07/03 23:16 ID:+rZgIQHE

 DQ世界の贅沢王は私の見る限りローレシアの王でしょう。
 それは城の中に旅の扉を持っていることです。 
 この旅の扉ははるか南の小島の祠につながっているけど、ここはほか
には何もなく、まさに南の島のリゾート地でしかない。 

 要するに王宮内に南のリゾートへの直行ルートを持っているわけだし、
結構すごい話かも。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/

435 :09/15:04/07/03 23:18 ID:+rZgIQHE

 この旅の扉はこの時代の人がこしらえたわけではないと考えられるので、
おそらくTの勇者とローラ姫が東の地にやって来た時、そこにあった旅の
扉を見つけ、その場所に城を築いたのでしょう。

 なにしろ城の中から即、誰もいない南の島へ一直線ですから、その昔の
勇者とローラ姫も疲れたら度々ここに来ては「お楽しみ」だったのかもしれ
ないですね。

───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/


436 :10/15:04/07/03 23:20 ID:+rZgIQHE

 チョット脱線しましたが、国王の経済状態なんですけど・・・。

 兎に角このような一部の施設や不動産(お城とか)を除くと実際に王宮に
並べられている宝箱の中身なんかはささやかなものが多いです。

 中には国宝級のロトの盾とか渇きの壷とかもありますが、たいていは種
や通常の武具、小額のお金などそれほどでもないものが多いわけだけど。

 コレ、なんだろね。
───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/


437 :11/15:04/07/03 23:24 ID:+rZgIQHE

 これらはずばり近隣の民衆からの献上品でしょう。 

 歴史の本を読むと、ヨーロッパの中世前期の国王たちは自分の領地の
あちこちに頻繁に巡幸し、その権威で地元民から金品を献上してもらい
その収入が王国の主要な収入源だったといいます。

 「有名なカール1世なども城にふんぞり返っていたわけではなく、
しょっちゅう巡幸し臨時的な税の徴収に訴えた」と書いてあります。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/


438 :12/15:04/07/03 23:29 ID:+rZgIQHE

 当時のヨーロッパはまだ生産性が低く、定常的な徴税など成立しなかった
わけです。

 ところでDQの世界、いや多くの日本のRPGはその世界観が中世ヨーロ
ッパ的世界のイメージをモチーフにしていることは明白ですから、この推測
は確率が高いかもね。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/


439 :13/15:04/07/03 23:31 ID:+rZgIQHE

 付近の住民が、お城や王様に何か取れたら差し出してくるのでしょう。
 だから平民でも王様にフツーに謁見可能なわけだ。

 例証としてDQWでフレノールの町のイベントで町の老人が
「やどやのごしゅじんは おひめさまたちを たいそう もてなしたそうじゃ。
わしも すこしばかりの たくわえを おひめさまに さしだそうかのう。」
 というセリフがきかれます。

 やっぱりこういう習慣があるわけですね。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/



440 :14/15:04/07/03 23:34 ID:+rZgIQHE

 DQ世界には民衆から好かれるやさしい国王が多いですがこの状況では
当然で、民衆から嫌われたら献上品や税収が減り財政的に厳しいことに
なるでしょう。 

 このような状況はこの世界全体の経済的発達が未だ不十分な状況だから
であり、おそらく人口がまだ少なく、経済が貧弱なのでしょう。

───v───────────────────────────┘
      ∫ ∫
   ∧_∧∫
  (; ´д` )  フー
  (つ=_つ_
  ̄ ̄\≠/

441 :15/15:04/07/03 23:37 ID:+rZgIQHE
結論として、
・DQの世界は生産性がまだ高くないため経済的に未成熟で、そのため社会
構造も十分に発達をしていないようであり、国王の権力は多分に見せ掛け的
であるようです。

・そんな中で、DQ世界の王国と王は中世前期のヨーロッパの王のように
いまだ確立した徴税体系を持たず、その権威によってその時々の臨時収
入(献上品など)に頼る程度の経済力しか持たないのではないかと思わ
れます。

 よって一部の金持ちはともかく、庶民は税金が高いも安いもなし。
と結論付けました。

───v───────────────────────────┘
      
   ∧_∧∫
  ( ´Д` ) ハフハフ
  (つ=||_つ_
  ̄ ̄\≠/


442 :153:04/07/04 00:44 ID:/kAVUcbD
>>1
おおっ滅茶苦茶納得!今までの解答の中でも会心の出来だと思うよ。GJ!

いやいや、本当にありがとうございます。俺じゃあこうはいかなかったかも知れない。
早速元の質問者にも教えてみますね。

443 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/04 01:41 ID:el7/u54/
お疲れ様!俺もネタ投下していこうかな。

『毒の沼地・バリアー地形等を歩き続けても何故死なないか』を解説していただきたい。

444 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/04 02:35 ID:evx5rXjA
我慢してるんだろ
そして小声でホイミを自分に唱え続けてんだ

445 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/04 04:53 ID:el7/u54/
>>444
我慢じゃ死なない理由にならないし、ホイミはMPが減ってないんだから問題外さ。
ま、ハム太郎登場までマターリ待ちますか。

446 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/04 15:06 ID:MTf71hM8
精霊のご加護でHP1でかろうじて生きていられるのでは?

447 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/07/04 23:41 ID:wRztU43V
 153氏のいっていた「理不尽を強引に解釈するスレ」というのに行ってみました。
 はっきりいって面白いです。 簡潔なくせに3割くらいは なるほどと思わせる明回答が見られます。

 それに較べるとこのスレは長くて理屈をこねてていますが、つまらないですね。
 まあ、面白さよりも理屈の整合性とDQ世界の幅広い解明をするスレということでやっていきましょう。

 さて>>443の質問ですが、今回もあまり面白くもない説明になりそうですが行ってみましょう。


448 :すっとこハム太郎 ◆S7DQlLVlxw :04/07/04 23:42 ID:wRztU43V

 まず最初に、言っている意味がわからなかったため手間取りました。
 私は消防の時DQUをやっていて毒の沼で歩きながら棺おけになった
ことがあります。
 また、DQTでお城のバリアで死んだ話も聞きました。

 要するに昔はそのまま死んだのですが、今回、DQYで試したところ、
確かに毒の沼をいくら歩いてもHPが1からは減らず、またバブルスラ
イムに毒を受けてフィールドを歩いても同じ現象が起こりました。

 昔と仕様が変わってしまったこういった事柄はどう解釈すればいいのかと
思いますが、とにかく検討しました。


449 :01/16:04/07/04 23:48 ID:wRztU43V

 まず、以前のHPの定義から、HPとは耐久力のこととなったわけだ。

 とすりゃあ、毒を受けてHPが1の状態というのは、体力が限界に来
てフラフラの状態ということになるだろーな。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д゜ ) ∬  <おぼえてっか?
  pく冫y,,く__) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|

450 :02/16:04/07/04 23:51 ID:wRztU43V

 それでも決して死なないとなるとだ、つまり致死性の毒ではない
ということなんだろうな。

 いってみりゃ下痢をしてフラフラな状態や、熱を出してひたすら
ダルい状態。
 こういう状態は消耗するけど死なないものだ。 しかしスライム
に一発食らっただけでポックリいくかもしれねーな。
 そんな状態なワケだ。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <わかるな。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|

451 :03/16:04/07/04 23:54 ID:wRztU43V

 しかしあの凶悪なモンスターどもがわざわざ致死性でない毒を
使うなどというのも妙な話だよ。

 以前のシリーズでは死んでいたのですから、勇者側に耐性が付
いたということも考えられるけどな。
 序盤のバブルスライムあたりのゆるい毒に耐えているうちに免疫
が出来ちゃって、どくどくゾンビの毒でもなんか死なないようになって
いるとかさ。

─────v───────────────────────┘
       ∧_∧
  ☆b  (,,゜Д ゜) ∬  <どうよ!!
 巛〆Σ冫y,,く__ ) 旦
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
    |  昇  天  .|

452 :04/16:04/07/04 23:56 ID:wRztU43V

 しかしこの論理には飛躍がある罠。
 で、こうに考えた。

 そもそもモンスターがどうして毒をもっているのか?
 バブルスライムやどくどくゾンビが自分で毒を調合しているのか?
 そんな知識があるとは思えない罠、つまりコレは意図してもっている
毒ではないということだ。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <わかるな。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|


453 :05/16:04/07/04 23:59 ID:wRztU43V

 もっとはっきりいうとこの毒の正体は病原菌なんじゃないか・・と。
 一部のモンスターには人間に有害な細菌が繁殖付着しているという
ことではないんだろか。

 これは一部の野生生物にも見られることで、充分根拠がある罠。

 攻撃を受けた時、毒を受けたというのはこの細菌に感染したという
ことなワケだ。

─────v───────────────────────┘
       ∧_∧
  ☆b  (,,゜Д ゜) ∬  <どうよ!どうよ!
 巛〆Σ冫y,,く__ ) 旦
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
    |  昇  天  .|


454 :06/16:04/07/05 00:05 ID:hT6zIW20

 この細菌に感染すると体力が衰弱するけど、死にはしない。
 しかし、長い距離を歩くと段々フラフラになってくるわけだ。

 いうまでもなくフィールド上の一歩は普通の一歩じゃなくて50歩
くらいで大陸を横断しちまうような長い移動だから、考えるとかなり
緩慢な症状かもしれねーな。

 昔のシリーズでは死んでいたのは細菌の種類が違って致死性の
ものだったワケだ。

 この細菌に侵されても、動かずに安静にしていれば体力減少は
防げるらしいが、治療しないと本当には治らねえぞ。

 治療用の呪文キアリーは元々cure(治療)からのネーミングだから
病原菌の治療にふさわしい名前といえるぞゴルァ!

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <わかるな。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|



455 :07/16:04/07/05 00:08 ID:hT6zIW20

 でもダンジョンで受けた毒の場合それに較べて効き目が速いのが
納得いかねえな。
 ダンジョンで受けた毒でも外に出た場合の効き目は普通にフィー
ルド上で受けた毒の場合と変わらないので、ダンジョンの中の細菌
が強烈という理論は成り立たねえし。

 ダンジョンはモンスターがはびこる闇の世界で、人間の体に悪い
場所だから、病状が速いと言うことにしておいてくんないかね。

─────v───────────────────────┘
       ∧_∧
  ☆b  (,,゜Д ゜) ∬  <こんなわけだ。
 巛〆Σ冫y,,く__ ) 旦
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
    |  昇  天  .|



456 :08/16:04/07/05 00:11 ID:hT6zIW20

 ところで、戦闘で受けた毒の話ばかりしてしまったが、肝心の毒の沼は
状況が同じじゃねえな。

@まず、HPの消耗速度が違う:毒の場合8歩につきHPが1減少、沼の
場合は1歩につきHPが1減少。
Aまた、沼やバリアからでたらその効果はなくなる。
Bキアリーとかが意味がない。
C沼につかりっぱなしでもHPは減少せず、歩いた時だけ減少する。

といった特徴があるワケだが。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <わかるな。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|



457 :09/16:04/07/05 00:13 ID:hT6zIW20

 こういった特徴から、これは毒や病原菌ではないことがわかる
と思うぞ。

 毒や病原菌が体に入った場合は沼から出ても症状は治まらな
いはずだし。
 キアリーが意味がないことからも病原菌ではないわけだ。

 また、毒にずっと浸かっていればじっとしていてもHPは減るはずだ。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <だよな!
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|



458 :10/16:04/07/05 00:17 ID:hT6zIW20

 コレはズバリ、沼の底に電気ナマズが居りコレを踏みつけることで
ダメージを受けている・・・というのだったら即死だなこりゃ。

 しかしまあ起電力30ボルトのシビレエイぐらいはすんでいるのでは
ないかと思うわけだ。

 コレを平均して一定距離に一回ずつ踏んでみんなダメージを受け
ている・・・と。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <こえーな 、紫色はシビレエイ多発地帯なワケだ!
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|


459 :11/16:04/07/05 00:23 ID:hT6zIW20

 なんかこれまでにないバカ回答のような気もするが、実際に不意に
コレを踏んでビリビリッと来た場合かなりびっくりしてすんごくストレス
が溜まるとおもうぞ。

 ストレスたまりまくりで憔悴するわけだが、所詮は30ボルト程度なの
で死にはしないわけだ。

 靴で電気を遮断するかもしれねーが、水面に浮かぶ電気くらげって
手もあるぞ。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <マジな回答なんだわこれが。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|


460 :12/16:04/07/05 00:26 ID:hT6zIW20

 最後にバリアだが、これはDQXの場合、1歩につきHPが7ダメージ
とかなり厳しい。

 このバリアは移動するたびに、バシッ!バシッ!と音がし、いかにも
電気仕掛けに聞こえるよな。 

 おそらく100ボルト近い電圧がかかる放電場と思うんだが。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <今回異常だな。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|


461 :13/16:04/07/05 00:31 ID:hT6zIW20

 つまりだな
 磁界が上下方向にかかっているところに主人公が前に進んだ場合、
フレミングの左手の法則というのがあって、進む速度に応じた電流が
左右方向に流れるワケだ。

 普通に走る速度で、100ボルト程度かかるとしようか。

 この電圧はかなり厳しいでけども、ゆっくり歩けばかかる電圧は低く
なるから死にそうになったらゆっくり行けば大丈夫ってことだ。

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <知らずに急ぐと死ぬぞ。
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|


462 :14/16:04/07/05 00:33 ID:hT6zIW20

 多分だ、バリアは近づくなという結界なのであって殺傷を目的に
したものじゃあないんだろうな。

 そういえばバリアの向こうの宝箱や情報はいつも余りたいしたもの
ではなかったしな。

─────v───────────────────────┘
       ∧_∧
  ☆b  (,,゜Д゜) ∬  <山田君、>>1の座布団、全部持ってって。
 巛〆Σ冫y,,く__) 旦
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
    |  昇  天  .|

463 :15/16:04/07/05 00:36 ID:hT6zIW20

 でもDQ世界に電気の知識があるのかな?

 もしかしたら電気のような魔法のエネルギーなのかもしれないけどよ
、たまに機械もあるので可能性はあります。
 
 いずれにしろ王室などの一部のものだけがわずかに利用するテクノ
ロジーみてえだな。

─────v───────────────────────┘
       ∧_∧
  ☆b  (,,゜Д゜) ∬  <ほらほら
 巛〆Σ冫y,,く__) 旦
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
    |  昇  天  .|



464 :16/16:04/07/05 00:42 ID:hT6zIW20
で、結論だが、

@戦闘で受ける毒は、非致死性の体力消耗型病原菌の感染である。

A毒の沼でのダメージは発電性(30ボルトくらい)の生物による電気
ショックからくるストレスによるもので、発電量の小さいことから死に
は至らない。

Bバリアは結界代わりの特設の高電磁場で、普通に進むと100ボルト
くらいのダメージを受けるが、死にそうになればゆっくり歩けばよいので
死なない。(かつてのT勇者はこれを知らずそのままの速度で突っ切
ろうとして死んだワケだ)

─────v───────────────────────┘
     ∧_∧
    (,,゜Д ゜) ∬  <自然の驚異と特殊テクノロジーだぞゴルァ!
  pく冫y,,く_ _) 旦
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  |  昇  天  .|

465 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/06 21:02 ID:Jh1EuBzM
少し面白くしようとしたのかもしれんが
いつもの調子の方がよい

まあ勝手だけれどな

466 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/07 18:42 ID:6LLaj1I5
何か新ネタキボン

467 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/08 20:46 ID:kdokFO0F
それじゃネタ投下
装備している布の服もはずさせたキャラは裸で旅をしているのですか?

答えてくれよ。

468 :部外者:04/07/09 13:57 ID:1V0/vxAm
普段着てる服とは別に、防具用の布の服があるのでは?
ホラ、DQ3の僧侶が付けてる、前の布っぴらですよ。
つまり、ホントにスッ裸になるのは、水着に着替える時だけってことになり増すな。
戦闘中にしんぴのビキニからひかりのドレスに着替えたりするのはヤバイと思うぞ。
聴衆「部外者!引っ込め!」


469 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/09 20:02 ID:z0d9xhAi
いやいや部外者よくやってくれた。
1はあまりにレスが付かないことにすねて
今では酒びたりの毎日だそうじゃ。
よって使えない1の代わりにがんばってくれよ。

470 :妄想劇場:04/07/10 13:05 ID:bvp3XY8Z
まあ、布の服の代わりに鎧を着たときには素っ裸で鎧着てるワケじゃあないから、
やっぱり下に普段着着てると考えていいかと。
後で思い直したけど、水着→服だと、別にその場で脱がなくても着替えれることに
気が付いた。上から服着て水着を抜けばOKだと。(逆もカンタン)
では、水着→水着の場合はどうか?神秘のビキニから魔法のビキニで考えて
みましょう。
やはり、上からビキニを重ね着して、下のを抜き取れば問題ない。ポロリでも
起きないかぎりは…(ケッつまらん)。
では最後に、ワンピースタイプの「あぶないみずぎ」から神秘のビキニを考えて
みましょう。…まあ、とりあえずそれはみなさんにお任せしてみましょうかね。


471 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/10 22:27 ID:3qeYuRxI
仮にも装備品に「布の服」があるのだからこれを装備していない時
にはやっぱ服は着ていないんじゃないか?
Vの女戦士を見ても裸かせいぜい下着程度の上に鎧を着ているだけ
に見えます。
水着の上に服を着てからしたを抜くというのは
E魔法のビキニ→E布の服
と言う状況のはずです。
E魔法のビキニ→ 魔法のビキニ(はずした)の場合はやっぱり裸のはず。

ただ、装備品中にズボンはないので、ズボンははいているのかも。
まあ戦士などの格好からトップレスくらい気にしない世界だったりして。


472 :妄想劇場:04/07/11 11:30 ID:srtwHr1F
確かにDQ3の世界とかは薄着のキャラが多い。
ところで、471さんにお尋ねしたいのですが、魔法のビキニの時のグラフィックは
水着姿ですが、装備なしの時は服着てる姿になります。あれをゲームの都合のウソ
だと考えないなら、裸にならないってことは、やっぱりズボンとか、Tシャツくらい
は着てるような気はしますね。ただ、男用のステテコパンツが気になる…
まあ、私は、女キャラが、魔法や神秘のビキニから装備なしや服や鎧に着替えた時
には、多分、抜き取り方式で着替えてるんだと思うんですよね。戦闘中なんか、隠してる
余裕ないし。…畜生…こしゃくな…絶対に、着替えシーンの隠し立てできない
シチュエーションを見つけて、戦闘中に素っ裸にひん剥いてくれるッ!覚悟しておけいッ!
その企ては次回から。みなさんも、そのシチュエーションを考えてみてください。

473 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 18:05 ID:fr/2fCtE
>>472
<魔法のビキニの時のグラフィックは
<水着姿ですが、装備なしの時は服着てる姿になります。あれをゲームの都合のウソ
<だと考えないなら、

 こんなもんゲームの都合意外の何者でもないでしょう。
 そのそも水着意外はどんなに装備が変化してもあの格好なんだから。
 マイラの温泉や山奥の村の温泉に入っている時でもあの服を着た格好
であり、鎧や剣をもって温泉につかるという非常識を認めるのでなけれ
ば裸の状態があのような表現になっていることになります。
 よってE魔法のビキニ→ 魔法のビキニ(はずした)の場合は服を着た
格好に戻りますが、アレはやっぱり・・・。

474 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/12 14:43 ID:BRWDl/sR
>>1はネ申だな。

475 :妄想劇場:04/07/13 14:06 ID:W/KcislC
>473
ふむ…確かにおっしゃる通り、よくよく考えると、ステテコパンツも、DQ6のエッチな
したぎも、グラフィック変わりませんからね。しかも、ご指摘をいただきました温泉の例
でも、服を脱いで手ぬぐい巻いた姿なんかにはならないと…。私は温泉に入れる
ドラクエ作品はやったことないのですが、それなら服脱ぐ姿を表示する容量を省略してると
考えるしかありませんね。
473さんのご意見の優れている点はそこだと思いますが、私としては、少しだけ気になる
点が残っています。
DQのキャラ、とりあえず女性キャラに限定するとして、鉄の胸当てや鉄の前掛け、
ミンクのコートなどは、みんな素っ裸か、ズボン一枚のトップレスの上に着ていると考えて
いいのでしょうか。なんか変な着心地…(痴女?)。さらに、DQ1のりゅうのうろこは
○○○を隠すためのもので、デセオのパスなんかも、ヒモをつけてふんどしみたいに装備する
ものということに…。そっちのほうが面白いですが、現実的かというと……。
あと次の点もポイントかと。
@DQの攻略本では3の女戦士とかを除けば、鎧の紹介などは、鉄の鎧なんかの場合、
布の服や旅人の服とはまた違った普段着の上から鎧を着ている。
Aダイの大冒険やロトの紋章などでは、普段着の上から鎧を着てたりする。
(しかし女性キャラは????武道着とかぬいだら????)
BDQ4の勇者の、バスク人のボートネックのシャツなど、民俗調の普段着も見られ
ますが、上の青い服が旅人の服で、下は勇者の故郷の服で私物だと思えるような気が。

476 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/13 17:44 ID:QxMdb7rJ
ネタ乱入投下、なんでモンスタ−は人間の世界に攻めてくるのでしょうか?

また、魔王が倒されるとまったくいなくなるのはなぜでしょうか?

一体どんなシステムになっているのですか?

学術的に説明してください。

477 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/13 18:11 ID:RLZSjYXX
476 へ   魔王と魔物の魂は繋がっており,魔物は魂が抜けるとその器も消える
      ってのも考えられますよ    『【】』

478 :476:04/07/13 20:28 ID:KmrUhSwR
>>477
Xのエンディングにゲレゲレがしっかりでているんだが、こりはどうしたものかね。


479 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/14 01:03 ID:LaIbE04T
>>478
エスタークがいるし
というかミルドラースは元人間だから
魔物を生み出した魔王じゃないんじゃない?

480 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/14 02:23 ID:z6G/TBJP
漫画とかだと「魔王軍」って言い方がされてるんで、人間を襲う魔物は軍属か、
魔王の魔力で操られてるとか。ダイ大もたしかそうだったかな?
もともとイノシシとか熊みたいに野山にいる動物と同類で、
魔王が死んだから山に帰ってっただけで、消えたわけではないんじゃない?

481 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/07/14 15:19 ID:m+VOxRUt
ようするに魔王の影響が消えたから、完全な不実体モンスター以外はどっかいったと。
ゲレゲレおよびギコギコは懐いているので問題ありません。

261 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)