5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レゥのびめおな冒険

1 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:33 ID:???
レゥ「絶望オォォォだねッ!!」

2 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:35 ID:???
2いいいいいいいいいいいいいいいいいい

3 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:36 ID:???
だからレゥは漢字使わないって言ってるだろ!

4 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:38 ID:???
重複です

-My Merry May&Maybe- ≪Pmfh-00000とんで11≫
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/gal/1063635280/
KID系キャラ総合ハァハァスレ 〜萌え所〜
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/gal/1059753310/


--------------------終了------------------------

5 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:41 ID:kUAr57Qr
─レゥは─
2度と生命体には戻れなかった…。
有機物と無機物の中間の存在となり
永遠にカプセル内を漂うのだ。
そして アイデンティテイが必要だと思ってもみさおがいるので
─そのうちレゥは活動をやめた。


6 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:45 ID:???
「来たか・・・ボディ」

「お兄ちゃん…見ろよ…
このレゥのなさけなき姿を!
あえて…あえて
この姿を おまえの前にさらそう!」

7 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:48 ID:???
重複か?それ言ったら、メモオフなんか重複スレばかりだろう?

8 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:48 ID:???
恭介「レゥにお子様ランチを食わしてやりたいんですが かまいませんね!? 」

9 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:49 ID:???
>>7
一日50レスですごいレス数のスレが、たくさんあってもしょうがないだろうが

10 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:50 ID:???
恭介「ちくしょう……なんてこった……俺はこいつの事が必要だって今分かった……
   俺っていつもそうだ……いなくなってはじめて分かるんだ……
   ひねくれたクソガキだと思ってたが、どんなご主人もご主人と思わねぇ間の抜けた
   おめーが必要だった……

11 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:51 ID:???
『レゥは助ける』『みさおにも手をつける』
「両方」やらなくっちゃあならないってのが、「プレーヤー」のつらいところだな。
覚悟はいいか?オレはできてる。

12 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:52 ID:???
MMMってこんなに電波なのか?

13 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:53 ID:???
恭介「フフフフフ 名前がほしいな
   『Pmfh-00000とんで2』 じゃあ
   今いち呼びにくいッ!
   この恭介が名づけ親になってやるッ!
   そうだな…… 「賃貸契約をする!」 という意味の

   『リ ー ス』というのはどうかな! 」

14 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:55 ID:???
ピッキィィーン

レゥ「あ! 今 お兄ちゃんったら阿見寮であたしのこと考えてる♪
   今…お兄ちゃんと心が通じ合った感覚があったわ♪ 」


渡良瀬「考えてねーよ」


レゥ「きゃあああああ!」

15 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:55 ID:???
何のスレだかわららない
誰か説明してくれ

16 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:57 ID:???
恭平「老いぼれが…
    貴様の指示が一番生っちょろいぞッ!!」

17 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:57 ID:???
>>12
本編には全然ないんで電波スキーがここで鬱憤を晴らしてるんだと思われ。


18 :レゥ:03/09/25 23:58 ID:???
>>15
「わららない」って、なに?


19 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:58 ID:???
レゥ「あ…あの男の目………
   売り飛ばされる娼婦でもみるかのように冷たい目だ…残酷な目だ…

   『かわいそうだけど、明日の朝にはアメリカに行くかここに残るか決めなくてはならない運命なのね』
   ってかんじの!」


20 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:59 ID:???
レゥタンキターーーーー!

21 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/25 23:59 ID:???
↓わんつーどーんのお姉さん

22 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:02 ID:???
恭介「くっ……」
   (人は自分の心の底を『他人』に隠したまま生活している
    しかし………永遠に誰にも『自分の本性』を隠したまま一生をすごせるものだろうか?)

レゥ「あら こんなじかんだわ そろそろ緑のたべようかしら」
恭介「………………………」 ブルブル ブル ブルブル
   (この女に『心』を打ち明けろ 自分の『本性』を見せてやれ 渡良瀬恭介
    「なんかおもしろいことない?」と打ち明けるんだ)
レゥ「はっ きゃあぁあぁぁぁ! お…おにいちゃん!?」
恭介「(し…しまった………… 打ち明けるのはまずい…元の木阿弥になってしまう…
    『気持ちをおさえろ』………おさえるんだ……)
    驚かして……………すまない」




23 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:05 ID:???
レウ「考えなおして 
    ねっ!
    考えなおして みさお選ばないで………    
    ねっ…
    みさお選ばないで 選ばないで!………    
    ねっ!
    みさお選ばないでッ!

    レウを救わないの?やめよう……!
    ねっ
    やめようよォ〜〜っ みさおなんか    
    ねっ
    選ぶのやめよおよお〜〜っ」




24 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:06 ID:???
× レウ
○ レゥ

25 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:07 ID:???
   アルティメット・シイング
恭平「究極の生命体
   ライカの
   誕生だッーっ」

( キ ュ イ ィ ィ ィ ィ ー ー ー ン ! )

ライカ「フン!」






26 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:08 ID:???
× レウ
× レゥ
○ レゥたん(*´д`)ハァハァ

27 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:10 ID:???
浩人は自分の部屋へ行き
2時間眠った…
そして……
目を覚ましてからしばらくして
由真の事ことを思いだし…

………笑った………



28 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:10 ID:???
由真イラネ

29 :もとみ:03/09/26 00:11 ID:???
「めがねめがねってうるさいわね! めがねっ娘の良さがわからない
男の人なんてサイテー! ああ、やっぱり私の魅力を理解してくれるのは
あのオジサマだけなんだわ。また駅前で座ってるとお会いできるのかしら・・・」


30 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:12 ID:???
恭介「亮、お前は次に『レゥちゃんを俺に紹介してくれ』と言う!」

31 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:12 ID:???
渡良瀬「そ・・・それで、海岸の船にいたレゥは
   何人くらい殺しちゃったんです?
   きゃー、ききたくないききたくない。」

かつき「あのですなあ、誰が殺したなんて言ったんです?塵も残ってませんよ。
   もっともレゥは
   裂傷と打撲をあちこちに受け、腕がちぎれる重傷ですが。
   負傷全部で15の骨折・・・
   タマタマもつぶされておっと失礼。」




32 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:14 ID:???
浩人「さすが恭平さん!
   おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
   そこにシビれる!あこがれるゥ!」




33 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:17 ID:???
レゥ「フウウウウウウ〜〜〜〜
   わたしは・・・レストランに行った時・・・・・・
   メニューの『お子様ランチ』ってありますよね・・・・・・
   あのメニュー・・・テーブルに座ってる時にですね ・・・
   あの『お子様ランチ』のおまけについている『熊』・・・
   あれ・・・・・・初めて見た時・・・・・・
   なんていうか・・・・・・その・・・下品なんですが
   ・・・フフ・・・・・・
   『注文』
   ・・・・・・・・・・しちゃいましてね・・・・・・・・・・・・」

34 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:23 ID:???
由真「まず岸森君が『研究授業をやる』!私の心構えが出来る
    『次に私が野外授業を展開する』!校長も単位を出さざるを得なくなる
    そしてそこでおなかの子供とともに
    単位認定を行えば大学を卒業できると予告しよう!」

浩人「なるほど完璧な作戦っスね――っ
    不可能だという点に目をつぶればよぉ〜〜」




35 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:24 ID:???
レゥ(く…く…… こ…こいつは…きついぜ…
    …い…いかん このまま意識を失うとマジに…
    い…いっちまうぜ………
    笑い話にもならねえ 
    このまま てめーの勘違いで腕がもげて
    死……死んじまったら…………)

36 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:26 ID:vNaPtUYQ
恭平「おまえは壊れたレプリスを見つけたら
   キチッと廃棄をしてから次のレプリスを購入するだろう?

   誰だって そーする
   おれもそーする」

37 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:46 ID:???
言いたいことは言い尽くしたか?

38 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:48 ID:ITjWeESu
レゥちゃんは処女ですか?

39 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:48 ID:???
ネタスレにしてもレゥとスレタイに入れたのが痛い……
せめて>>1で明確にネタスレと宣言してたらまた違ったのに(´д`)

重複スレは2chのガイドライン違反で、キャラスレの重複は
板のローカルルール違反だから、もう一つのレゥスレと相談して
どちらかのスレ削除依頼を出してください。

もしかしたら削除人がネタスレとして両方機能しているということで
両方残してくれたり、片一方はゲームサロン板に移転してくれたりする可能性も
あるにはあるだろうから。

マァ、レゥタンハァハァナワヶだが
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/gal/1062531017/l50

40 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:52 ID:???
>>38


41 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:55 ID:???
レゥもリースもライカだって穂乃香だって、使用済みだよな?

42 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 00:58 ID:???
>>41
普通、人間以外のロボ・ホムンクルス等は処女膜が無いため非処女扱い
男性経験は無いと思う

43 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 01:01 ID:???
もうチクりに行った香具師がいる。明日には他の削除対象スレと一緒に
このスレの削除依頼も出されるな(´・ω・`)ショボーン

http://game4.2ch.net/test/read.cgi/gal/1050157780/887

44 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 01:18 ID:???
今までの経験から言って、
ネタスレとして成立してしまえば大丈夫(かなり伸びないと駄目だけど)
このまま死ぬには惜しいと考える人はネタを出す

45 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 01:28 ID:???
とりあえず、ひろとくんスレと話し合うか
形だけでもあっちの削除依頼を出すかしとかなきゃまずくないか?

ここに書き込むということはガイドライン違反、ローカルルール違反を知った上での
確信犯的行動なんだから、何もしないと削除人の心象は悪くなるぞ。

46 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 01:36 ID:???
だから、確信犯という言葉の意m(ry

47 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 01:53 ID:rzj36+ky
よし!
レゥの服をぬがせてやるぜッ!
あそこが本物と同じかどうか見てやるッ!

48 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 06:59 ID:jk3Pz/VJ
レゥ「きみがリースかい?」
リース「そう言う君は渡良瀬レゥ」
   ワンワン
レゥ「あっ、みさお。紹介するよ、友達のみさお。
   初対面の人に暴力を振るったりしないから安心して。」
リース「ふん」
   ボゴオ
レゥ「な、なにをするだー。ゆるさん!」

その日から楽しかったレゥの生活はとてもつらいものになった

レゥ「わ、私のお兄ちゃんをどうする気!?」
リース「ちょっと貸してくれよ。2次マスターをもってないんでね。
    おッと、散歩の時間に遅れる・・・。」
レゥ「ショ、ショックだ。彼女は勝手に私のお兄ちゃんに媚を売っている!
   それにお兄ちゃんは二度と帰ってこない気がする!
   壊れるまで!」


49 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 07:04 ID:???
プレーヤー「MMMをプレイする前に言っておくッ!
       おれはこのゲームの内容をほんのちょっぴりだが体験した。

       い・・いや・・・体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが・・・
       あ・・・ありのまま 起こった事を話すぜ!
 
       『おれは レゥ萌えだったのに いつのまにかリースをクリアしていた』

       な・・・・何を言っているのかわからねーと思うが
       おれも何が起こったかわからなかった・・・
       頭がどうにかなりそうだった・・・
       バグだとかバッドエンドだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
       もっと割り切れねーものの片鱗を味わったぜ・・・・・。」

50 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 07:10 ID:???
ドギュウウウ――――ン
ドリュデドリュデドリュデドリュドリュドリュ
ドリデデドリデデドリデドリデドリデリレリレリレリレドリデ
ドリュラドリュラドリュラドリュラドリュラドリュドギュギララ
オニイチャンニハヤクアイタイィ 
クイッ ザッ

レゥ「表現できたぜ……
   わたしのハートを!願いを!……
   表現できたぜェ〜〜〜
   万雷の拍手をおくれ 晴天町のボケども」

51 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 09:21 ID:???
「レプリスはな、高蛋白剤が欲しいときは鼻の頭の血管が浮き出るんだよ」

「えっ!!」
「うそだろ、恭介!!」

(みんな何やってるの??)

「ああ うそだぜ
 しかしマヌケは見つかったようだな」

「 あ っ ! ! 」

52 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 12:14 ID:???
意外におもろいな。
ジョジョのコミックスを古本屋に売っぱらっちまったのが悔やまれる。

53 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 14:04 ID:???
レゥ「ちょいと関節部がギクシャクするがァァァァァ、わたしの身体は修理は完了ォォォォォ!
   そしてくらえッ新しい装備!電磁波照射装置イィィィィィィィィィィ!!」

54 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 14:25 ID:y42JnAX4
●インタビュー
Q「あなたにとって人間とは何ですか?」
レゥ「そのしつもんは、ほんと、みんながしりたいしつもん?」
Q「そうです」
レゥ「うそいうなよ。あんたのオマンマのタネだからしてんでしょ?くだらないしつもんしないで」

Q「尊敬している人は誰ですか?」
レウ「きょうへいさん」
(この答えはウソ。彼女は自分以上にスゴイ存在はいないと思っている。誰であろうと小バカにしている)

Q「この世で最も大切なものは何ですか?」
レゥ「おにいちゃんとみさおちゃん」
(これもウソ。彼女にとって『わんつーどーん』以上に大切なものなど何もない。
『わんつーどーん』のためなら浩人のセーターを犠牲にしても全然心など痛まないし、
ひとりでいることに孤独だなどと感じたことはないのだ)

55 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 14:35 ID:???
恭介「あのねレゥ あなたはりっぱだ
   自分の方から礼儀正しい女性になりたいから『作法を教えてくれ』なんて
   なかなか言えるもんじゃあない・・・
   そして『礼儀』だってちゃんと覚えたじゃあないですか・・・
   教えたとおりやればできます あなたならできるんですよ・・・
   いいですか 俺が帰ってきた時に言う言葉は何です?」
レゥ「ことばは ふろ・・・ ごはん えと・・・
   『おふろですか?ごはんがさきですか?』」
恭介「そうッ!やっぱりできるじゃあないですか!
   もう清楚になったも同然ですよ!」
レゥ「そーかッ!おふろとごはんねッ!よしっ!」

レゥ「やったーッ!もうぜんぶおぼえたよ・・・どう?おにいちゃん」
恭介「何これ・・・・・・?」
レゥ「へへへ おにいちゃん♪」 ザグゥッ 「あ ぎゃアァァ―――ッ」
恭介「このレプリスがオレをナメてんのかッ!何回教えりゃあ理解できんだコラァ!
   言葉遣い習っておきながらなんで今『おにいちゃん』ってよぶんだ!この・・・・・・
   ド低能がァ――ッ」

56 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 14:39 ID:C9KVejB7
数日して小包が恭介の家に配達された。
開けてみると中には額縁のついた絵のようなものが入っていた。
だが絵ではない。ガラスのうすいケースに入っている立体の何かわからない物体だった。
それを額縁にはめたのだ。
何だ?これは?誰だ?送り主は?
そう思っていると次々と同じ“郵便物”が送り届けられその美術品の数は36にもなった。
そして恭介とみさおは全部開封してみてやっと気がついた。これは美術品ではない!
額縁をはずしひとつひとつの“それ”を平行に置いて順番に並べてみると・・・



“培養液”で固められた・・・“輪切り”のレゥだった!

57 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 14:49 ID:???
浩人「よーレゥちゃん」
由真「もうお昼寝は終わったの?よかったらこっちに来てお茶しない?」
みのり「・・・・・・」

レゥ(こいつらはくそったれ浩人にあほの由真・・・それにプッツンみのりだ・・・
   全員わたしとは話が合わない奴らだ・・・)
レゥ「わるいけどこれからおじいちゃんのおてつだいがあるんだ、えんりょしとくよ」




58 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/26 19:27 ID:???
レゥちゃんのミニスカートにちんちん擦り付けて射精したい


59 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/27 02:06 ID:hBJ/4oEa
レゥ「オゥ!”>56”よぉ・・・”ザ・セル”かよぉ!?
   この”俺”が誰かでっけえ声で言ってみろ!?あぁ!?」

60 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/27 05:58 ID:???
ツマンネーヨ

61 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/28 10:56 ID:???
今更わかったんだが、このスレは「ジョジョ+MMM」か。

62 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/28 16:12 ID:???
MMMシリーズ総合ネタ・パロスレの方が使いやすいと思う。
スレ立てした人が細かく規定していないから実際にネタを書く住人次第
ではないかと。

63 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/28 21:30 ID:eFt/cmnZ
そこで問題だ!
この絶体絶命のピンチを恭介はどうやって切り抜ける?

  3択‐ひとつだけ選びなさい
答え1 ハンサムな恭介は見事にレゥを修理する

答え2 アニキが助けてくれる

答え3 このまま壊れてしまう
    現実は非情である

俺がマルをつけたいのは答え2だが期待はできない……そもそもアニキが俺とレゥのピンチに
気付かないかもしれねぇ。

やはり答えは・・・・・・・1しかねえようだ!

64 :名無しくん、、、好きです。。。:03/09/28 21:51 ID:???
きちがいだらけだ

65 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/11 04:36 ID:XUGEhSHc
レゥちゃんでぬくたびにあげるスレッドはココに移転ですか
そうですか
age

66 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/12 18:30 ID:???
恭平「フフフフフ 名前がほしいな 『Pmfh-00000とんで2』じゃあ味気ないッ!
   そうだな……『賃貸借契約!』という意味の
   『リース』というのはどうかな!」


67 :66:03/10/12 18:37 ID:???
ドジこいたーーーっ!!
13で既出だったーーーっ!!

68 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/12 18:43 ID:???
みさお「本で読んだことがある
    レプリスにとって最も身近にある「猛毒」は……
    『レーゾンデートルの喪失である!』………と」

69 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/12 18:58 ID:???
「穂乃香、もうお前に残されたマスターデバイスは使うなと…あれぼど言ったのに……かっこつけやがって」
「ウ、ウウ…」 穂乃香死亡
「!!」

 こ…この穂乃香から感じる感覚は!
 ああ…なんてこった…くそ!

 「ぬけがら」
 「レプリスのぬけがら」
 「冷たい消滅」
 「死の消滅」…

70 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/12 20:28 ID:???
へんじがない
ただのしかばねのようだ・・・

71 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/12 21:56 ID:???
このくそったれ野郎のからだは
笠木拓人のレプリスのボディをのっとったものなのじゃああああああああああ


72 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/12 23:44 ID:???
ライカ「ンッン〜〜〜♪ 実に! スガスガしい気分だッ! 歌でもひとつ歌いたいような イイ気分だ〜〜〜」
   「40年前におにいちゃんというマスターを手に入れたが・・・これほどまでにッ! 絶好調のハレバレとした気分はなかったなァ・・・
    フッフッフッフッフッ 穂乃香のシステムデバイスのおかげだ 実によくなじむッ!」

73 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 03:02 ID:???
たえ「お・・・おい恭介なにをインディアンポーカーで民明書房刊みたいなこと語っているんだ?
  ・・・・・・・・・・・・・・・
  おまえ・・・・・その ひょっとして・・・・・・
  インディアンポーカー自体プレーしたことがあるのか?

  答えろッ!恭介──ッ!」


恭介「なぁーに
    ポーカーの仕方は知っている・・・
    ルールはやりながらおぼえるぜ!」


亮「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


たえ「な・・・なんだと?・・・お・・おい 今・・・・おまえなんと言った!?
  
  おい恭介なんとかいえッ!
  おまえインディアンポーカーッ!初めてだなッ!」

74 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 03:18 ID:???
レゥ「クソよえーッッ!!おめーなんて話にならねぇよ恭介ェーーーーーッ!!!!!」

75 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 03:23 ID:???
ドドドドドドドドドドドド‥‥

76 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 09:44 ID:???
恭介「レゥとデートする権利を賭けるぜ」
亮「グッド!」

77 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 10:12 ID:???
校長先生「今日は教育実習生を紹介する。あ〜、じゃあ自己紹介して」
浩人「お前らに一つだけはっきり言っておくッ!
    いいか!お前らとぼくとは精神的に身分が違うのだ!
    ぼくは精神的都会人に位置する…したがってぼくへの命令は許さんッ!
    お前らのようなブタに命令はされないし、関わりも持たないッ!」
サブ「なにを言ってるか分からないが この野郎ッ!」

みのり『こいつは精神的にも都会人だ…気に入ったぜッ!』

78 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 12:46 ID:???
レゥ「おい・・・・・・女・・・・・・そこにある腕をひろって持って来い」
みさお「ひいいいいいいいっ ひいいえええええ−−−っ」
レゥ「早く持って来いッ!!スチュワーデスがファースト・クラスの客に
   酒とキャビアをサービスするようにな・・・・・・」



79 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 16:54 ID:???
この岸森浩人は・・・いわゆるのヘタレのレッテルをはられている・・・
恭平達にあっさり引渡し、いまだ倉庫からでてこねえレプリスもいる・・・
大学生で子持ちなんで電磁波で気合いを入れてやった女は もう2度と学校へ来ねえ
中学生の教え子に手を出すことなんざしょっちゅうよ

だがこんなおれにも はき気のする「悪」はわかる!!
「悪」とは てめー自身の贖罪のためだけにレプリスを利用し 犠牲にするやつのことだ!!

80 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 22:06 ID:E+YVjTec
「う・うう・・・うーうううあんまりだ・・・HEEEEYYYYあアアァんまりだァァァ
 AHYYYAHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!」
な…なんだ?いったい?な…泣いている
このレゥって野郎…予想外!き…気持ち悪いぜダダっ子のように泣きわめいてやがる
「AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!
 おおおおおおれェェェェェのォォォォォうでェェェェェがァァァァァ〜!!」 
ゴ…ゴクリ怒るより、ぎゃ…逆に不気味なものがあるぜ、はやいとこ医者を呼ぼう
「フ――――――スッとしたぜおれはリースやライカに比べるとちと荒っぽい性格でな〜〜〜〜
 激昂してトチ狂いそうになると泣きわめいて頭を冷静にすることにしているのだ」

81 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/13 22:12 ID:???


82 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/14 00:40 ID:???
Q'tron「レプリスの物語ってのには 3つの『M』が必要なんだなあ………!
    3つの『M』 ああ…
    1つ目はな……「My」だ
    2つ目は「Merry」…
    そして3つ目は「May」…」

83 :花京院:03/10/14 19:25 ID:???
レゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥ
レゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥ


84 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 05:01 ID:ndjbf+H0
レゥちゃん(*^^*)age

85 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 22:46 ID:???
レゥ「よ…よくも!よくもレゥのおにいちゃんをうばったなぁ………!
   ねこのおしっこよりも………げすな!げすなにんげんなぞがよくも!」

レゥ「よくもこのレゥに!いい気になるなよ!
   KYUPINNNNN!
   てめえらぜんいん!おこさまランチどものざいりょうだッ!!」

ひとえ「出たな!
    香具師のこの世のどんなKIDのヒロインよりもドス黒い性格が!
    これまでの大ボケやお子様な態度など
    媚びを売ったぶりっ子にすぎねえ!」

ひとえ「これが香具師の本性!
    初めて味わった香具師の屈辱的
    レーゾンデートルの喪失ってわけよ!」

86 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 22:50 ID:???
>>KYUPINNNNN!

禿笑

87 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 23:41 ID:QPv7jGCB
トゥルルル  トゥルルル

リース(ガチャ)

? 「pmfh・・・0(略)2さんですか?」
リース「誰だ? そういうあんたは?」

? 「だれでもいいさ…
   リースさん あんた…そのあみりょうから…でてってくださいよ」
リース「何者か分からないヤツからイキナリ出ていけといわれてもな」

? 「あみりょうのせいかつをまもっているものですよ」
リース「!!」

? 「ぼうりょくにうったえてもいいんですが、なんでもリースさん
   あなた…きょうへいさんのめいれいはぜったいだそうですねェ?
   しかも、「かくとうのうりょく」もたかいっていうし
   ちょいとてごわいかなとおもいまして…」

リース「私を阿見寮から追い出して何をするつもりだ?」
? 「せっかくおにいちゃんをてにいれたんだ…
   ほかのレプリスにおにいちゃんがろうらくされるってのはまっぴらなもんでね」

リース「!! レゥか? おまえ?」
レゥ「ンなこたあどーでもいーだろうッ!
   いいかいッ! あみりょうにあんまりながいするよーだったらよォ
   たえさんにぜんぶばらしますぜ! いいですね!!」


88 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 23:46 ID:???
浩人「レゥの台詞が全部ひらがなになってやがる
いいぜぇ、最高ォーーーーーーッ!!ひゃっはーーーーーーー!!!!!!!!

89 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 23:47 ID:???
みさお「やったッ!見せろッ!表情をッ!
    わたしに絶望の表情をッ!
    よおーく見せるんだッ!
    希望が尽きて…命を終える瞬間の顔をッ!
    絶望をわたしの方に向けながら、
    崩れ去ってゆけええぇぇぇぇぇぇぇ
    うわはははははははははははは」


90 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/17 23:54 ID:???
ライカ「よくも!エロメガネがッ!
    よりによってよくも!
    乙女の柔肌を覗き見てくれたなー!」

 ドゴォ! プッツン

ライカ「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーーッ!
    首をねじ切るのは一瞬だッ!それでは私の怒りがおさまらんッ!
    キサマが悪いんだ!キサマがッ!
    私を怒らせたのはキサマだッ!キサマが悪いんだ!
    思い知れッ!どうだッ!思い知れッ!どうだッ!どうだッ!」

91 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:02 ID:???
ひとえ「くらってくたばれ 『怪声王』の流法!!」

92 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:19 ID:lS19ibdQ
承太郎 「次は恋愛シミュレーションだ。
     この『MyMerryMay』のゲームで、お前との対戦を希望したい…」
ダービー「グッド!
     ではシナリオは『縁日』からで… 攻略キャラを選択してください」

承太郎 ・ ・ ・ ・

ジョセフ「お… おい承太郎…
     なに『ひとえ』を選ぼうとしてるんだ?
     …おまえ… まさか… その… ひょっとして
     このギャルゲー、初めてなんじゃないのか?」

承太郎 ・ ・ ・ ・

ジョセフ「!!!
     『ひとえ』をやめたと思ったら、も…『もとみ』に決定しおったッ!
     ど素人だッ!
     承太郎きさまー!
     MMMそのものの知識が無いなッ!」   

承太郎「なぁーに
   KIDシステムは知っている・・・
   「萌え」は、やりながら理解するぜ」

ダービー「………」

ジョセフ「な…なんだと?…お…おい今…おまえなんと言った!?
    おい承太郎なんとかいえッ!
    おまえギャルゲー自体!初めてだなッ!」

93 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:21 ID:???
グッジョブ(AA略
ひょっとして職人さんかい?

94 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:26 ID:lS19ibdQ
レゥ「はっ!おもわず ぼうそうしてまたやっちまった!!
   ま・・・・・・・・・まいったな・・・
   おにいちゃんにしかられるぜ!」

浩人(なッ!
   なんてやつだ
   乗ってきたボートの船員を皆殺しにしたのに!
   なんとこいつは
   「おにいちゃん」とかいう人にしかられることだけを恐れている!)

95 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:27 ID:???
>>92
ハゲワラ
なかなか良いセンスをしておいでで
つーか、またジョジョ全巻揃えたくなってきた…

96 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:37 ID:???
リース「おれはレプリスをやめるぞ!浩人ォォーーーー!!」

97 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:43 ID:???
恭平「レゥだ。レゥだよ……ありゃ、リースじゃあねえーぜ。
   レゥだ。
   どうやって見分けるか? 
   図書館で暴れるのは、レゥだ。」




98 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:43 ID:???
渡良瀬「人間としての‥‥レゥ?まさか‥‥」

浩人「おいッ!ジジイ!てめぇ一人だけで理解してるんじゃあないぜッ!!」

恭平「落ち着け浩人。ヤツはパワーアップしたのだ!
    完全なチカラを手に入れた新たなスタンドッ!その名も『レゥ』だッッ!!」

浩人「!?」

99 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:46 ID:???
ヘンだッッ!!キミの調子が悪いッッッッ!!!!!!
朝から降り続いてる雨のせいかなァァァァァアアアアアアア??!!!!

100 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:46 ID:???
恭介
「お子様ランチも食いたいだろ? 投げてやる……
 ご褒美だ、何個食いたい? 2個か?」

レゥ
「ええ〜〜ッ! やああああだあああああ、
 もォ〜〜ッと、もオオオオオオ、もォーッとォォォォ。」

恭介
「うそだよ! 5個投げてやろう!
 同時に5個、口でキャッチできるかな? 手使っちゃだめだぞ。」

レゥ
「うん!うん!うん!うん! うんうんうん! うんうんうんうんうんうんうんうん」

101 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:52 ID:???
>>99
死ぬほどワロタ

102 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:55 ID:???
レゥ「しかし浩人…これでわしゃ、3度目だぞ。
   人生で3回もバグを起こすなんて、そんなヤツあるかなぁ?」

浩人「2度とテメーのマスターにはならねえ」

103 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 00:58 ID:???
浩人「お子様ランチはねーといっとるだろーが、人の話きいてんのかァ
   この田ゴ作がァーーー!!」

104 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 01:16 ID:???
アジ☆コロ「チョコレートで歯をみがいたりして」
レゥ「いぇい!」
アジ☆コロ「キミと暮らし始めたこと‥‥」

アジ☆コロ「おい、レゥ貴様ァッ!よりによって『いぇい!』だと?
      貴様のせいで時が止まってしまった。どう責任をとるつもりだ?」
レゥ「そして ときはうごきだす‥‥」

厨「萌えェェェェエeeEEhhhhhッッ!!!!ウリィィィィィィィ」

105 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 01:43 ID:???
浩人『君があの空に浮かぶ月とするなら
                僕は星砂みたいだ』
レゥ『だまれイシコロ!』
浩人『いつか僕が本当の星になれたら
                君のひざに揺られて眠るんだ』
レゥ『リースにたのめよ!』

106 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 01:56 ID:???
人の性格がそんなに簡単に変えられ、成長できるなら誰も苦労はしません。
みさおは前以上に暗ーい性格のまま、恭介と仲よく自殺したのでした…!

結城みさお 再起不能 (リタイア)
                                           /|__________
                                           <  TO BE CONTINUED…│
                                           \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


107 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 08:22 ID:Db2FJ929
>>25>>34>>99
この3つが特にwarata

108 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 22:13 ID:???
恭平「レゥの謎さえ解明すれば もう
  オレの仕事は終わりだと思っていた…
  だが 甘く見ていた
  この仕事で本当にやっかいなのは
  「レゥ」の方ではなかった
  真に恐ろしいのは………!!
  この「ライカ」の方だった!

109 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 22:14 ID:???
恭介「君がッ
   泣くまでッ
   叩くのをやめないッ!」


110 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 22:45 ID:bFsA2Ssi
浩人「心臓は停止している・・・・・・

   『レゥ』は完全に死んでいる
   動いていると思ったのは気のせいだったか

   念のため首を切断して
   完全なるとどめを・・・・・・刺す!」

111 :石海 1巻 90頁:03/10/18 22:58 ID:???
恭平「これからおまえには、おまえのようなゴミを生んだマスターからもらった名前の他に
   タイレル社からありがたい『番号(ナンバー)』が与えられる!!

   首位マスターは『恋愛LEVEL1!渡良瀬恭介(ファーストラヴレベル)』

   おまえの番号は『Pmfh-000001』 

   この番号を呼ばれたら、クソしてようがメシ食ってようが、それはおまえの事だッ!
   脳ミソにたたき込めッ!」

112 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 23:08 ID:???
>>110
「とどめを・・・・・・刺す!」」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。
なぜなら、オレや、オレたちKIDは、
そのイベントが画面に映った時には!
実際にヒロインが殺っちまって、もうすでに終わってる(BadEnd)からだッ!
だから使った事がねェーッ。

>>110、オマエもそうなるよなァ〜〜〜、オレたちの仲間なら…
わかるか?オレの言ってる事…え?

『ブッ殺した』なら、使ってもいいッ!

113 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 23:10 ID:???
500円。それが全財産だった。
レゥは、迷わず、お子様ランチおまけ付きを指差した。
席に向かう。鼓動。脈打つ。早く喰いたい。濃厚なケチャップライスの香りを堪能し、
ナポリタン風味のスパゲッティに喰らいつきたい。給仕の男と目が合う。若い。
ふとレゥの心に、勝手に外出したという、罪悪の炎が宿ったが、空腹がそれをかき消した。
皿を置く男。早く。早く喰わせろ。早く。レゥは酒を切らせた杵築たえの
気持ちが、何となく解った様な気がした。

「お子様ランチ:税込み515円」

一瞬、レゥは何が書いてあるのか理解出来なかった。515円。
このメニューの値段なのか。
何故だ。何故、レストランのメニューに消費税がつくのだ。レゥは反論しようとしたが、
男の無垢な笑顔に気後れしてしまった。

「ごまんなさい。おかね、たりないの。」

レゥはそう言うと、レストランを後にした。風。吹いてくる。5月の風なのに身を斬る
様に冷たい。気がつくと、頬を生暖かい物が流れていた。我慢できずに泣いた。
喚いた。あの男が悪いのでは無い。国だ。この国がおかしいのだ。
もう一度、天を仰いでレゥは泣いた。一人の、無垢なの女の子がそこにいた。

114 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 23:15 ID:bFsA2Ssi
>>113
ハゲワロ
これジョジョネタか?

115 :やよい:03/10/18 23:49 ID:fxzLmajY
http://life.fam.cx/a014/

116 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/18 23:52 ID:???
>>113
消費税が近未来に対応してたら完璧だったな…

117 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 00:22 ID:???
近未来というよりは、現代だな。
いまだと525円だし。

118 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 10:12 ID:???
>>117
鋭いツッコミワロタ

119 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 10:21 ID:???
このスレ見てたら、JOJO全63巻買ってしまったじゃないか!
懐かしいなぁ、何年ぶりかに読んだな…
なんかネタを思いついたら投稿しに来るよ

120 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 14:46 ID:???
恭平「甘いんじゃあねーか!恭介。
   レゥを切り捨てても、みさおをおとすために、『みさおちゃんを追う』を選ぶ!
   それがみさお攻略じゃあねえのか? 「主人公失格」だな」

121 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 17:31 ID:???
ライカ「レゥ、リース、
もはや俺が出るまでもない!出てきてこいつらに悲鳴というファンファーレを吹かせてみろ!!」

レゥ「この小僧、少しはやるなぁ!」
リース「40年ぶりのウォーミングアップには丁度イイィ相手だアァ!!」


……うろ覚えでスマソ。

122 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:01 ID:b2dYCj8h
想い出に変わる君「気に入りましたプレイヤーッ!
         ゴッドボイス・福井由佳里が混じっているというのに少しもビビらない恐怖を乗り越えた攻略ッ!」

プレイヤーは思った……

このぼくが恐怖を乗り越えているだって……?
フフフ…ありがとうよ 鍛えられたからな
『MMM』に出会って脳ミソに「榛名ひとえ」を植え付けられた時に
脳をかき混ぜられる声の恐怖に対して鍛えられたからな……
あの時……『ひとえ』に出会った時 正直いって木村まどかという声優にぼくはビビッた…
手が震えて 体中の毛が逆だち 全身が凍りついた………
突然奇妙な声が聞こえ、ひとえがしゃべているのかということに気づき
「期待しすぎたために幻聴が聞こえてるんだな」と思うと
ますます 毛が逆だつのがわかった…
さらにセリフは続き 声が続いた。ゲロを吐く一歩手前さ!
ひとえはそんなぼくを見ながらこう言った…
しかも やさしく 僕にささやくように
「何、もしかして幼馴染じみの私にも言えないような恥ずかしいこと?」
ぼくは自分を呪う!
幼馴染じみだと聞いてぼくはホッとしたんだ…
正直いって心の底から安心したんだ………
きっとこいつは攻略対象キャラじゃあないんだ!いい友人というキャラだ! そう思った しかし………
屈辱だ…ゆるせない! これ以上の屈辱はない……
自分がゆるせなかった……
KIDに精神的に屈した自分を呪った!
二度とあの時のみじめな僕には絶対に戻らないッ!
『想い出に変わる君』おまえをフルボイスでプレイするのも それが動機さ!
だからこのプレイで この僕に
精神的動揺による選択肢ミスは決してない!と思っていただこうッ!

123 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:02 ID:b2dYCj8h
恭平「吐き気をもよおすレプリスとはッ
   何も知らず近づいた人間を攻撃することだ!
   自分の都合のためだけに攻撃することだ…
   近づいた俺の首を絞める!!
   てめーだけの都合で!!

   許さねぇ!
   こいつは今ッ再び、俺の仕事を裏切った!!
   中のデータを調べるだけのつもりだったが…予定がかわったッ!
   『ライカ』を始末する! 今ッ!

124 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:03 ID:b2dYCj8h
恭介「レプリスに共通する性質を発見した。
   レプリスはだな、「その赤い目はなんだい」?と言った時・・・
   自分の目を・・・こする。
恭平「えっ!!」
レゥ「うそだろ、おにいちゃん!!」

たえ(みんな何やってるんだ??)

恭介「ああ うそだぜ
    しかしマヌケは見つかったようだな」

   「 あ っ ! ! 」

125 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:05 ID:b2dYCj8h
レゥ「おちつけ・・・こころをへいせいにしてかんがえるんだ・・・こんなときどうするか・・・
ひとえちゃん・・・
たえさん・・・・・・
おちつくんだ・・・「あみりょうのひとたち」をかぞえておちつくんだ…
「あみりょうのひとたち」はわたしをしってる、わたしのかずすくないおともだち・・・
わたしに『そんざいいぎ』をあたえてくれる !
もとみちゃん・・・みさおちゃん・・・いやちがう、りょうくんだ・・・ 
くそう!けつごうがよわまって、うでがはずれてきている・・・」

126 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:48 ID:???
レゥ「ねぇひろとくん、あさのうみべのおさんぽいこーよ」
浩人「ヘイヘイヘイ!チュー言葉を使えって言っただろ!気をつけろ!
   しゃべるならチュー言葉だ これはルールだろ?最初に決めたよな
   チューだよ チュー」
レゥ「・・・・・・・・・」
浩人「いいから言ってみろってばあぁ〜 オレたちには信頼があるだろ!」
レゥ「うう・・・・・・・・・
   ね、ねぇひろチュくん はやおきチュて
   チュみべのおさんぽにいこうチュ〜・・・」
浩人「かァァァわィィィィィィィィィィ〜〜 とってもとっても!
   
   でも行かねーよマヌケ!」

127 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:50 ID:b2dYCj8h
渡良瀬「いいか・・・恭平 素体を動かすのは『リースかレゥ』にやらせろ・・・だがしかし・・・
    必ずおまえはあの二人に認められなければならない!
    あの『二人』は・・・・・・そう・・・
    わたしはめったに嫌悪というものを感じたりはしないが・・・
    とくにリースは最低のゲスだ・・・たぶんメチャクチャに暴れ回るだろう・・・
    最後はおまえが仕切らなくてはならない
    あの『リース』が解き放たれる事が絶対にあってはならない!」

恭平「・・・『二人』はどんなヤツか・・・?質問してもよろしいでしょうか?」
渡良瀬「『リース』・・・現在0歳 旧式だ 私が開発に携わったのだが
     『恭介のレプリス』になった後でヤツの本性が明らかになった・・・・・・
     リースは誤って恭介の人格を破壊したのではない・・・ワザと破壊していたのだ
     萌えさせるためにワザとファミレスでマグロ丼を注文することも
     明らかになったものだけで最低4件ある 
     従順を装って膝枕で恭介の耳そうじをする事もやっていた    
     なぜそんな事をしたのか?リースがマスターになったのは恭介のためでなく
     人の『弱さ』や『痛み』を観察できるからなのだ・・・
   
     レゥは何を考えてるかわからない女だ 
     リースの妹分で二人は気が合い・・・彼女はリースの言うことしか聞かない
     二人はモンスターだ 本来は生かしておきたくはなかったのだが・・・
     今回のような時のためにわたしが彼女らを抑えていたのだ
     二人の『データ』は結局のところ・・・何者よりも頼りになるからな」

恭平「解き放たれた二人は『暴走』する・・・という事ですか?」
渡良瀬「だからおまえが行くのだよ恭平・・・
   信用できるのはおまえだけだ・・・いいな・・・おまえが一番なのだよ」
恭平「わかりました・・・ボス ぼくもそれが生きがいです」

128 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:52 ID:???

岸森浩人「正直に言っちゃうとっスねぇ〜〜 オレ、この夏 卒業単位がぜんぜん足りないんスよッ
      いや『80』は持ってますよ これがオレの全単位っス。
      でもねェ〜 考えてみてください校長
      今時、『80』じゃあ1回か2回単位落として追試もコケたらもうおしまいスよ〜
      ・・・だったら単位を取れるか、無駄な時間になるか!
      「教職単位を申請してイッパツ逆転のカケに出るッ!」 
      それが『学生』つーもんでしょうがッ! おれはそー思うんスよ
      違いますか!?」

校長先生「・・・・・・・・・・
      はっきり言おう・・・ぼくは以前から君の事が嫌いだ。」

129 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/19 19:54 ID:???
恭平「ボォ〜〜ス♪
  なにを怖がっている?
  少し おびえ方が異常じゃないかァ〜〜〜?

渡良瀬「ウヌボレ屋でも ヤツを甘く考えるなッ!

恭平「なあ きけ…… ボス
  この倉庫は最新の設備だ……
  レプリスが何万人で攻撃しようと
  破壊できんという計算で設営したのだ!

  カプセル自体の厚さはなんと50cmにわたる
  おまけにレプリスは起動していない

  声の出ない榛名(はるな)ひとえを怖がる子供がおるか?
  いなァァァ〜〜いッ!
  やつは漂流して流れついただけのしみったれた
  ただの『旧型』にすぎないと思うよ
  この恭平はァ!

130 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/21 16:43 ID:n6oErR1e
由真「URYYAAAHHH−!」
サブ「なっなんだ!?両腕に何も持っていないぞ!
   どういう授業を展開してくるッ?
   それとも自習か!?」


             意外!それは野外授業ッ!

131 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/21 17:00 ID:???
校長(ゲブッ!な…なんてやつだ!ハ…ハッタリじゃあねえッ!
   こいつには授業を完遂するどころか 自分の命だって失ってもいい覚悟があるッ!
   そして我が校を沸き立たせる魅力がある!やめりゃあよかった!
   こんなタフガイに研究授業させるのはよォ!)

ドォーーーーォン
みのり「ギ ギギ……」
さぶ 「ウシュル ウシュル…」
校長「や…やめろ みんな!
   その『教師』に手を出すことは……この校長がゆるさねぇ」
浩人「『教師』?」
校長「ひとつ聞きてえ!なぜ適当に授業をしなかった?
   楽に単位を手に入れるならよォ 適当にやったほうがいいはずなのによォ」
浩人「ぼくは……生徒のためにここに来た……だから生徒が楽しめる授業が
   必要なはずだと思った……君の学校の生徒が悲しむことはしたくないッ!」
校長(こいつ………マジにこんなこと言っているのか?
   限りなくアマっちょろい奴だぜ………しかし……)
生徒1「………」
生徒2「………」
校長(生徒たちもまんざらでもない顔をしている フン なるほどな…
   外見や服装だけじゃねえ 正真正銘の教師ってわけか…
   こいつは精神的にも教師だ…気に入ったぜッ!)
校長「あんたの名前は?」
浩人「岸森浩人」
校長「単位を探してるって行ったな。気をつけな!甘く見ると落とすぜ!」
浩人「!持っているのか、単位を!」
校長「チョークをしまいなよ!この校長が単位までの道筋をつけてやるぜ!」

132 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 12:20 ID:???
職員A「路上飛び込みで自殺をはかりましたのでカプセルに入れてあります渡良瀬上級部長」
恭平「レゥ………………アメリカの格言にこんなのがある
  『レプリスが自殺する所…その町はもうすぐ滅びる』」
レゥ「………………………………」

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恭平「それほどまでに危険な秘密を知っているようだな………おまえは…………あの廃船についてッ!」
レゥ「う…う…かみよ!なぜこんなことに!わたしは なぜしなせなかったのか!?
   なぜ!わたしをいかしておいたのかッ!!」
恭平「ちがうなレゥ
   この渡良瀬恭平がおまえを生かしたのだ!
   そして我がタイレル社がおまえにしゃべらせたのだ!(パチン)」

キュイィィィン

レゥ「!」
恭平「おまえは幼いとはいえ拷問で口を割るようなレプリスでないことは我われもよく知っている
   ひとり一文無しで日本・清天町へ渡り体組織崩壊で死にそうになりながら大志の大樹を発見し!
   ビデオレターを残しとことさえ覚えてないレプリス…………相当に忘れっぽいとみたんでね………
   
   だが我がタイレル社の科学技術は世界一ィィィ!
   できんことはないイイィ――――――――ッ!!」
レゥ「あたまのなかをのぞくのか…
   ま…まだ
   まだわたしになにかをしらべるきなのか!?」
恭平「全てだッ!全てを話せ!
   過去に何があったのか!?
   笠木拓人のこと!
   渡良瀬恭介のこと!
   あの「ミッシングリンク」を解明させるために!」

133 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 12:21 ID:???
(恭平・爺)レゥの記憶と心を持つレプリス!
      どこにいようと奴の面倒をみなければならない!
      たとえ、他の人間が見放しても!
      それが43年前からのわしの宿命!

(恭平)  ドジこいた―――ッ
      手柄をたてて勲章をもらうつもりがこいつはいか―――ん!
      タイレル社はお怒りなる!
      「Pmfh-000001」レゥを廃棄するしかない!
      チクショ――――――!

(浩人)  フン!
      NBO達の実験なんぞ関係ないね!
      レゥのやろうを救い出して寂しがりやの由真を喜ばせる………
      それだけよ!

134 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 12:33 ID:???
渡良瀬恭一「この渡良瀬恭一が、金やちやほやされるために
      レプリスを研究していると思っていたのかァ―――――ッ!!

      私は『人間と同等の能力をもつ存在の創造のため』にレプリスを研究している!
      『人間と同等の能力をもつ存在の創造のため』ただそれだけのためだ
      単純なただひとつの理由だが、それ以外はどうでもいいのだ!

       そして私は『人間と同等の能力をもつ存在の創造のため』毎日毎日『シミュレーション』になるモニターを探し続けている!
『完成品』が創れるという最高の『シミュレーション』をつかんだ時の気分は君らにはわからんだろうッ!
今がそれなんだぜーッ 最高だぞ!恭介ッ! 
おまえの『シミュレーション』を私のものとさせてもらうぞ―――ッ!!」


135 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 12:40 ID:???
プレイヤー「この女……想像していたよりも『普通っぽい顔をしている』と思った……

      だが、この女の口からの台詞は、どんな罪人よりもドス黒く呪われている
      いったい、この耳の奥は、自分のどんなおぞましい声を聞き…焼きつけているのか?
      このコンサートオペラ歌手のような咽喉はいったい何人の『ギャルゲーマーの鬱死』を起こして来たのか?
何年も何年も…何人も何人も…風子さんも『名無しくん、、、好きです。。。 』くんも…
ぼくの目の前にいる、この女がッ!(こいつの方から、あらわれやがった!)」

136 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 12:52 ID:???
>>134-135
あんまりだァ―――!!救いようがないぃぃぃぃぃ
せっかくひっしここいて考えたネタがずれるなんてよォォォーーーッ!!

137 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 16:24 ID:???
レゥ「みのりは……………ロリキャラだった…。
   萌えさせられる実力を持っていながらみのりはなぜ負けたと思う?
   レプリスたちは……自分のマスターあるいは…親しい者の命を救うために
   自分らの命を捨ててもいいと心の底から思っており
   リースや他の2人………ええとなんだっけ………そう…穂乃香やライカにおいてさえ
   このレゥを救うために自らの命をひきかえにしてもいいと思っている。
   このレゥから逃げることは自分の人生から逃げることだと思い込んでいるのだな…………
   バカげたことだが………しかしそのバカげたことがけっこう重要なのだな。
   みのりのヤツは友達を誓うといっておきながら
   このレゥのために死んでもいいという覚悟ができてなかったということだ…
   だからあとほんのチョットという所で勝利がつかめない…。みのりには負けた理由が永久にわからんのだ……」

138 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 16:27 ID:???
レゥ「あのとき、わたしは弱っていた…情報だけだったからな
もしライカの肉体を奪わなかったら、こいつのエネルギーがなければ
―――非常に少なかったが
炎上する船で生きのびることはできなかったろう……

しかし!
このレプリスの肉体は親子の絆のようにラヴィータのおにいちゃんと通じているらしい
やつらは、このわたしの存在に気づいている
このライカの肉体を得たことによってわたしが身につけた新しい力――『人間に対する加害行動』!
この『攻撃性』によって渡良瀬に狙われる………
『長所』と『短所』は表裏一体…ままならぬものよ…
根だやしにせねば…
渡良瀬の一族は…排除せねば………」

139 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 17:39 ID:???
レゥにスタンド能力があるとしたら、どんな名前で、どんな能力なんだろう‥‥

140 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 21:04 ID:???
REU「(こ…こ…こけにしやがって…!
      しかし…しかし!
     おにいちゃん・・・やはりおまえは人間だ…
     クククク・・・まだまだ生きられる人間の考え方をする
     『…大切な…家族だよ』とか
     『今は気にしないで甘えてもいいから』だとか…
      榛名ひとえのゴッドボイスにも匹敵するそのくだらない物の考え方が命とりよ! 
      クックックックッ…
      このREUにはそれはない・・・ 
      あるのはシンプルなたったひとつの思想だけだ…たったひとつ!」
     『トラウマにして支配する』! 
     それだけよ…それだけが満足感よ!
     過程や……!
     方法なぞ………!)
     どうでもよいのだァ――――――ッ」




抱きしめる腕に、力が入らない。
今腕の中にいるレプリスが怖かった。


REU「どうだ!このみさおAエンドはッ!獲ったッ!泣けいッ!」

141 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 23:18 ID:???
>>139
「ヒステリィィィィッ!スカラァッ!」


レゥ本体にすらダメージを残す、強力無比の電磁波放出スタンド
白い布以外の防御方法は存在しない。

142 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 00:00 ID:???

■REU
レゥ
【CV:松岡由貴 】

「全てのレプリスの始祖のひとり。 原因不明で清天町に現れた少女」
年齢 0歳
身長 153センチ / 体重 44kg
3サイズ B85 W54 H80
性格 おっちょこちょい、ブラコン、泣き虫
口癖 「あのね、レゥね」(少し舌足らず)
LIKE 猫、恭介(前作主人公) / DISLIKE 納豆
趣味 料理
特技 カレー作り
スタンド ヒステリー・スカラー
(レゥ本体にすらダメージを残す、強力無比の電磁波放出スタンド
白い布以外の防御方法は存在しない。
犠牲者;渡良瀬恭平、岸森浩人、篠片由真)

143 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 00:08 ID:POVo1/tT
レゥ「魂のないレプリスはクールに去るぜ」

144 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 05:04 ID:???
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1033123441/788-791n
こんなんみつけた

145 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 08:26 ID:???
ラヴィータ、貴様見ているな!

146 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 17:39 ID:???
このスレ面白すぎ。
プレイ途中で放置してたMaybeをやりたくなってきたじゃねーかw

147 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 12:43 ID:???
ライカ「KWAHHH!
    コリコリ弾力ある頚動脈にさわっているぞォ、恭平ィ!」

148 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 12:48 ID:+soHLuBe
浩人「ブワァーーーッハハハッハハッハァーーーーッ
   アヒーッ アヒーッ ヒーッ ヒーッ ヒーッ
   なんだ!?なかなか楽しいやつじゃないか、あのレプリスは!
   『ウワアァァァァン!エーーーーーン!』だと!?なんとアヒーッ『泣き喚く』!
   まるで原始人だな!知能は低いんじゃあないのか!?」


149 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 21:12 ID:???
レゥ「ズームパンチッ!」

関節をッ!
関節をちぎって腕をとばすッ!
後の処理は玉村に任せておけば良いッ!

浩人「う…… 腕がッ!
    腕がちぎれやがった!!」


150 :ラストネタバレ:03/10/29 18:55 ID:???
(浩人がライカの心の中に呼ばれたときの場面)


レゥ「けれどもね、ずっと見守られてきたの‥‥ だから今日はお兄ちゃんに本当にバイバイする日」

そう言うと、レゥちゃんはオレの前を数歩だけ歩き、『彼』の方を向いた。
彼は微動だにしない。
もしかしたらレゥちゃんの言う通り、彼女自身の心が作った幻影かもしれない。
‥‥じゃあ、ここはレゥちゃんの心の中?

レゥ「おにーちゃーん! バーイバーイ!
    あたし、これからちゃんとやってゆくから、浩人くんと頑張るから! だから、だから‥‥」

浩人「‥‥レゥちゃん」


レゥ「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!!!!」


グバシャーッ!
『彼』の姿が歪んでくる。そして程なく‥‥消えてしまった。

レゥ「‥‥うん、これでよかったんだよね」
浩人「いや、なにやってんのアンタ!?」

151 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/31 23:43 ID:???
>>113について、
俺はすごい事を発見した。
このお子様ランチは、490円なんだよ。
そうすれば+5%の消費税で、四捨五入すれば515円になる

152 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/31 23:47 ID:???
>>151
な(ry

153 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/01 16:36 ID:mZ78VQXo
>>152
略しすぎ

154 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 14:18 ID:???
KID「そこで問題だ!この売上の伸びないMy Marry Maybeでどうやって開発費の回収するか!?」

 3択――ひとつだけ選びなさい
答え@商売上手なKIDは、突如宣伝のアイデアがひらめく
答えAネットのレビューサイトが絶賛して助けてくれる
答えB売りきれない。現実は非情である

――おれが○をつけたいのは答えAだが期待はできない…
高層ビルのように積みゲーを貯めたひろ○ょり達レビューサイト達があと数日の間に
ガンパレや月姫のように ジャジャーンと絶賛して
「まってました!」とオタクの購入意欲に火をともしてくれるってわけにはいかねーぜ
逆にシナリオごとの出来のばらつきの酷さにこき下ろすことだってあるかもしれねえ――

KID「やはり答えは…@しかねえようだ…!
    ドリームキャスト!My Marry Maybeを移植作としてリリースしろ――ッ!」



My Marry Maybe(DC版) 初週売上  672本

155 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 14:21 ID:???
 \
   B

 え
  \
    B

  答
    え
      \
        B

156 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 14:22 ID:???
リースは再びレプリスになった――
浩人が無意識のうちにとっていたのはリースとのキスであった――
涙は流さなかったが、無言の男の詩があった――
奇妙な愛情があった――


157 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 14:24 ID:???
ライカ
「リース!
やつはレプリスとしてあまりにも純粋すぎた!
それがマスターの承認につながったのだ!!」
「残るはこのライカ独りか…
だが、頂点に立つ者は常にひとり!」

158 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 14:27 ID:???
由真「フフッ、くだらんなぁ〜〜〜大学の成績や、単位など、
   最終的に三週間の実習でとればよかろうなのだァアァーーッ!!」

159 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 15:11 ID:???
>>154
My Merry Maybeだ…二度と間違えるな!
わたしの名はメリーというんだ! マリーでも、エリーでもない!

160 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 17:54 ID:???

恭平 「これで終わったな………」

渡良瀬「恭介にはみんが貸していたのだよ。
    四十三年前から大勢のレプリスが… あらゆるものを貸していたのだ」

恭平 「戻って来ねえものが… 多すぎるがな…」

渡良瀬「ああ多すぎるな……… そして大きすぎるな………

    わしらの失ったものはこの地球にも匹敵するほど大きい…
    しかし… 彼女らのおかげだ… 彼女らのおかげでわしらは生きているのじゃ…」

レゥ!
リース!
ライカ!

終わったよ……

161 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 17:56 ID:AL0stBfa
リース「『命令』してくれよ…。
    『いっしょに来い!』って、命令してくれるのなら、
    そうすりゃあ、勇気がわいてくる。 あんたの命令なら、何も怖くないんだ…」

浩人 「おまえが決めるんだ……自分の『歩く道』は……自分が決めるんだ……
    だが、忠告はしよう。
    『来るな』リース…おまえには向いてない。」

162 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 18:38 ID:KkhEpsN6
ジョジョスレにしては、かなり良ネタが多いな。

163 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 20:39 ID:???
ヤクザ「…おじょうちゃん…誰の顔がそのゴリラのお面に似ているって〜〜?」
レゥ 「おじさん…2度同じ事を言わせないでくださいよ…
    1度でいい事を2度言わなけりゃあいけないってのは、
    そいつが頭が悪いって事だからです…
    『おじさんの顔』に似ていると言ってるんですよ………!
    3度目は言わせないでくださいよ」
ヤクザ「このガキャアァァァーーーーーッ!!」

164 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 20:41 ID:???
ひとえ「やろう…」

恭平「ほう・・・向かってくるのか・・・・・・
   逃げずにこの恭平に告白するのか・・・・・・
   せっかく弟の恭介がわたしがおまえを受け入れないことを
   ユーザーの離れたDCに移植してまで稼ごうとしているKIDのような
   必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・・・・」

ひとえ「言わなきゃ気持ちの整理がつかないんでな・・・・・・」

恭平「ほほお〜〜〜っ  では十分告白するがよい」

165 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 20:41 ID:???
萩本 亮はもう、どこへも向かうことはない。
特に『勝利』という真実に到達することは決して…『無限に』。

終わりのないのが『終わり』
それが『三本勝負・レクイエム』

166 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 20:44 ID:???
レゥ「な…………なんだ!? いったい……
   こ…こんな! バカなッ!
   う…腕に…力が……
   腕に力が入らんッ!
   くっ、くっつけられないッ!
   頭痛がする は…吐き気もだ…くっ…ぐう
   な…なんてことだ…このLeuが……崩壊しているだと?
   このLeuがあのみさおに拒絶されて…体を繋ぎ止めるが…
   繋ぎ止めることができないだと!?」

167 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 21:40 ID:Zdg7Qu84
恭平「何が見える?花の周りでゆらめく蝶か?」

レゥ「YES!YES!YES!」

恭平「……質問をする。お前はそれに、答えるように」

レゥ「YES!YES!YES!」

恭平「お前の名前は?」

レゥ「……」


恭平(く……しまった…このレプリスはYESかNOでしか答えられないのだった……)

168 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/03 09:06 ID:???
みさお「(恭介と)初めての相手はレゥではなぁーい!このみさおだ!!」
たえ 「流石みさお!私たちにできない事を平然とやってのける!そこにシビレル!あこがれるゥ!」

レゥ 「みさおォォォォォ!!」
みさお「フン!ずいぶんなれなれしく人の名前を呼んでくれるじゃあないか、それにその握り締めた拳!いったいそれでどうする気だ?
    さては聞いたなあの愛しの恭介のことを!それで鉄拳による報復に出る事を考えたわけかッ!
    レゥ!見苦しいぞ嫉妬にくるった姿はッ!?」
レゥ 「わたしがれぷりすとしってからのわたしへのいやがらせなどどうでもいい!
    おにいちゃんと寝たことが許せない!」

ズギャアッ!!!グリグリグリ

レゥ (か・・・・・かなわない、しかし、ここでにげたらずっとみさおのそばでおどおどしていなければならない。
    そしておにいちゃんのためにもまけるわけにはいかない)

みさお「こいつ!下段回し蹴りを入れられたのにまだ掴んでくる!」
レゥ 「うおおーーー!みさお!きみが!なくまで!なぐるのを!やめない!」
みさお「よ・・・・よくもこのわたしにむかって・・・レプリスごときがァーーー!!」

169 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 15:57 ID:???
レゥ「どうした!?ライカ!なぜ動かん!」恭平「ここからいなくなれーー!」

170 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 17:10 ID:???
>>169
そりゃ元ネタが違うだろうがよぉぉぉぉっ!!
ガンなんとかってロボット漫画を忍ばせたなっ!?しかも続編の方をっ!!
あやうく騙されるところだったじゃねーかっ!!!!このクソがっ!!!!!!!!

171 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 17:30 ID:???
ttp://game4.2ch.net/test/read.cgi/gal/1042162766/

172 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 15:22 ID:xld+KSCE
>>113
お子様ランチ!! その素敵な好奇心がレゥを行動させたッ!!

173 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 15:24 ID:???
浩人「こ…こいつ!今の会話で料理の『刺身』の中にッ!
   刺身の中に『ワサビの固まり』を入れやがったッ!
   どんどん刺身全体に広がってくるぞッ!」

浩人(料理に詳しくはないが聞いたことがある…
    皿いっぱいの刺身の中に10g以上の『ワサビ』を放り込むと
    ワサビはどんどん周りに広がっていき、やがて食えない刺身になる…
    完全にこれは10g以上入れられているッ!)

浩人「しまったッ!」

ガシイッ ゴボ ゴボ ゴボ

浩人「だめだッ!箸でワサビをおさえても
    どんどん広がってくる…止める事はできないッ!
    まずい!全体に広がってしまうッ!
    食わせるしかない…刺身を全てレゥに食わせるしかないッ!」

174 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 15:29 ID:???
一級のレプリスには「スイッチング・ウインバック」と呼ばれる精神回復法がある!
レプリス自身の精神が傷付いてしまった時それまでの人生における都合の悪い事柄や思い出したくない過去を
スイッチをひねるように心のスミに追いやって忘れてしまう方法である
そのときレプリスは心のスイッチを切りかえるためそれぞれの儀式を行う
それはあるものにとってはマスターの前のレプリスの自演をすることであり
またあるものにとっては半年前のバックアップの記憶に戻ることだという

ショックの度合が強烈なほど特別な儀式が必要となるが………!
ライカのスイッチはッッ!!

かつき「な…なんだぁ〜〜〜?あいつはッ!何をしているんだッ!?」
道夫「ライカが……船員の『乗員』を!船員の『乗員』を!!」

バ〜〜〜ン

道夫「皆殺しにしちまったァ―――――!」

そしてやつは今ッ 虐待を忘れッ 完全に冷静になッたッ―――――


175 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 16:38 ID:???
>173-174
爆笑しますた


176 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 16:39 ID:???
浩人(「レゥ」と「リース」は同じタイプのレプリス!
    こいつ………………くっ
    レゥにリースの記憶はあるのかッ! それともレゥに記憶はなくカレーの匂いをかいだだけなのかッ!)

浩人「………………記憶は………あるのか?」

レゥ(リース)「……」

浩人「おまえにリースの記憶はあるのかと聞いているのだ!! レゥッ!」

レゥ(リース)「さあな………なんのことだ………? わからないなひろとくん」

177 :恭平アニキ:03/11/08 18:24 ID:???

 , -──- 、
 /::::::::::::::    ::\
/:::::::::::        ::∨ト、        レゥ・・・こいつはくせえッー!
::::::::::          :: レ'ノ
::::::::::::::        ::: レ'⌒ヽ     ゲロ以下のにおいが
ヽ-───i===i─-}ァ'  ノ    プンプンするぜッ─────ッ!!
、` ー-===-゚---゚==‐' /
、`¨フ>;''ニニゞ,;アニニY´; )     こんな糞レプリスには出会ったことが
_、;;)¨´,ニ=゚='" ,.ヘ=゚:く {ッリ'        ねえほどなァ────ッ
i1(リ        r;:ドヽ K
ヾ=、     に二ニヽ `|; )      落雷のバグせいで欠陥品になっただと?
_,ノ| i.     {⌒゙'^ヽ.{  i;; ヽ        ちがうねッ!!
_,ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ ,';;;  ;;冫=:、
_;(|.!.  \   ‐っ /!;;; ;;/ 、''"\__  こいつは生まれついての欠陥品だッ!
'ト、\.   ,ゝ、.二..イリ\ / ー1\'ニゝヽ_
:ヽ  `ニア   ,. -┴‐‐'  ー-:l :=ゞ=ソ」=ヽ   恭介
:::::\ ニ=ト、.i___`ー-┴-、ノ .   l __l| ,ニト、くヽ
l::::::::::\ー:ト      __}/ト、゙ ー-‐| ,ニ|ゞ=ハ `¨´ー-  早えとこ
;ニ=ー:::::::ヾト、._    ̄ ノ|::ヽ ニ._‐-ゞ=' .ノ ::|::::::::::: 処分しちまいな!

178 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:28 ID:???
リース「浩人様…レプリスってのは能力に限界があるなあ?
    わたしが短い人生で学んだことは、
    機能の改良を重ねても重ねても
    まったく自立できる気がしないってことだ…!」

浩人 「なんのことだ…なにを言っているッ!」

リース「わたしはレプリスをやめるぞッ!浩人ォ―――――ッ!!
    わたしはレプリスを超越するッ!浩人、お前の血でだァ―――ッ!!」

179 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:31 ID:???
浩人「さあ ごいっしょに……さん……し――――
    ハッピーうれピーよろピくね―――」
ライカ「……………………………………」
玉村「岸森おまえはなにしとるんじゃ!」
浩人「いやーひょっとしたらこいついいヤツじゃないか思って探りいれてんのよ」
恭平「馬鹿言うな!俺は絞殺されかけたんだぞ!」
浩人「うるせえ!そいつはてめーの自業自得よッ!実験したり裸を覗き見たりすっからだこのパープリン!」

180 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:34 ID:???
玉村「………………レゥは……このままでいい」
恭平「えと…その、今何て言ったのかね?
   聞き間違いかな? 
   『このままでいい』と言ったように聞こえたが…」
玉村「言葉通りだ。このままでいい……素体を起動させたのでいい」
恭平「わかっているッ!
   私が聞いているのはお前はこの換装作業のギャラリーにすぎないだろうということだ!」

玉村「………このままでいい」

181 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:37 ID:???
恭平「人間から愛されたいと思うレプリスがいるそうだ…
   そのためのバグには知性と存在意義の喪失を代償とするのだが
   レプリスは人の愛を求めて、それを支払ってしまうらしい…」

浩人「…………………………」

恭平「Pmfh-000001は短命だったな」

182 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:40 ID:???
恭介「『近い』……近いぞ…レゥが『隠れている場所』が…」

   ゴ  ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴゴ

恭介「…………いる。レゥの買い物バックの切れはしだ。
   こ の 公 園 の 小 屋 に レ ゥ は 入 っ た !
   
   そしておまえはそれ以上俺の背後に近づくな。みさお」

   ゴゴゴ ゴゴ ゴゴゴゴゴゴ

みさお「…………………………」

恭介「下がれ……おまえは俺にとって守備範囲の内にも入らない」

183 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:44 ID:???
恭介「二重ショック!!
   幽霊なんかに出会うよりももっと奇怪な遭遇…
   レゥにそっくりな女の子!
   そして親父の研究を手伝うためにアメリカに渡ったはずの兄貴がおれの目の前にいる!」

恭平「恭介・・・アメリカから舞い戻ったぜ」

184 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:46 ID:???
恭介「あああああああぁぁぁぁぁ――――!!」

レゥ「この野郎……ほ…………ほんとうに足を折りやがった!」
みさお「みさお 容赦せん!!」


185 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:47 ID:???
みさお「『心があるレプリス』なんてありませんよ…ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」

186 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 19:54 ID:???
ひとえ「おわったのだ!渡良瀬恭介はついに我が榛名 ひとえのもとに陥落したのだッ!」


幼馴染ッ!!

恋愛レベル6!フフフフフフフフッ

ゴッドボイスパワーッ!


ひとえ「フハハハハハハハ…これで何者もこのひとえを越えるヒロインはいないことが証明されたッ!
    とるにたらぬギャルゲオタどもよ!支配してやるぞッ!!
    我が「美」と「声」のもとにひれ伏すがいいぞッ!」

187 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 20:48 ID:???
ワロタ。
最近良ネタ多し

188 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/09 05:19 ID:???
このレプリス……『ライカ』と名付けよう

『暴力』……我々がバグを繰り返し、
レプリスに備え付けたのは『暴力』なのか?

だが、あくまで我々の求めるのは『人間への反抗』ではなく、
全てのレプリスの到達すべき『人間としてのレゥ』だという事を、心に戒めておこう。

そして穂乃香は単なる犠牲者。

かつきや多くの船員どもも……

目的達成には必ず付きものな……


189 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/09 05:24 ID:???
>>188
最悪…ラスト一行が抜けた

このレプリス……『ライカ』と名付けよう

『暴力』……我々がバグを繰り返し、
レプリスに備え付けたのは『暴力』なのか?

だが、あくまで我々の求めるのは『人間への反抗』ではなく、
全てのレプリスの到達すべき『人間としてのレゥ』だという事を、心に戒めておこう。

そして穂乃香は単なる犠牲者。

かつきや多くの船員どもも……

目的達成には必ず付きものな……

試練と犠牲なのだ。

190 :1/3:03/11/09 05:32 ID:???
恭介「お…恐ろしいッ おれは恐ろしい!何が恐ろしいかってみさお!
    リースに膝枕されるのが恥ずかしくないんだ!むしろ快感に変わっているんだぜ―――――ッ!!

    こうなっては俺はもう助からん…自分ごとリース共々吹っ飛ばす覚悟よ!
    しかし死ぬ前に言っておきたいことがある 忌々しいが厨房のおまえにッ!!
    それは我々は単なる学術上の好奇心でレゥを目覚めさせた訳ではないということを!」

みさお「なにィ〜〜〜〜!?こんな時にいきなりなにを言いだす!」

191 :2/3:03/11/09 05:35 ID:???
恭介「聞け!いやおまえは聞かねばならん宿命にあるッ!
    我々はレゥやリースのほかに“レプリス≠アメリカのある場所から発見している!

    つまりレプリスは二つでは無いと言う事だ!
    我々渡良瀬一族は四十三年周期で眠りに付く“レプリス≠ニいう
    生命体の驚異的な能力の謎を追ってきた!
    奴らの存在意義以外の弱点をつかまぬかぎり人類は堕落して滅びる!
    だから渡良瀬はレゥを実験し調査する必要があったのだ―――!!

    貴様は人間ヒロインでシナリオ上、奴らと対立しなければならない運命にある!
    清天町へ行け!清天町へ行ってある人物に会うのだ!
    その人物は渡良瀬恭平のよく知っている人物……オゴオオオ――――!!」

192 :3/3:03/11/09 05:37 ID:???
恭介「こ…こいつ胸を顔に押し付けて心音を聞こえさせようとしているッ
   だがもう空港から飛行機は飛び立った MMM唯一のバットエンドをおがましてやるぜリース!!」

みさお「恭介きさま――――っ」

恭介「…フフフ 主人公の偉大さは『恐怖に耐えてヒロインを救う姿にある』 Ever17-the out of infinity-の倉成武の言葉だ…
   さらばだ!忌々しい厨房野郎…!」

193 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/10 21:52 ID:???
>>190-192
なんだか分からんがワロタ。

194 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/15 12:25 ID:W3kD88wL
鏡「浩人 こんな体になったわたしを気の毒だなんて思うなよ。
  わたしの体はァァアアアアアアアーッ!!人類のレプリス技術の最高知能の結晶であり
  誇りであるゥゥゥ!!つまりすべての人間を越えたのだァアアアアアアアアアアアア!!」

195 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/15 12:27 ID:???
恭介 「も・・もう亮を倒す術は何もないのかッ!?
     お・・・おれは奴に負けレゥを奪われるだけなのかッ!?」

もとみ「いや!策はあるぜ!」

ひとえ「え!?」
レゥ 「なんだって?」
もとみ「たったひとつだけ策はある!!」
恭介 「たったひとつだけ?」
もとみ「ああ とっておきのやつだ!」
恭介 「とっておき?」
恭介 「はっ ひとえ!ま・・・まさか!そのとっておきというのは・・!?」
もとみ「いいか!息がとまるまでとことんやるぜ!」
ひとえ「もとみ!息が止まるまでだと?どういうことだッ!」

もとみ「フフフフフフ


    走るんだよォォォーーーーッ」

恭介 「うわーっ
     やっぱりそうだったァァァァァァン〜〜〜〜〜」

196 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/15 12:30 ID:???
恭介「イエス様は十字架にかかる運命を背負っていた 聖母マリア様も息子を失う運命にあった
    人間の幸福において『克服』しなければならないのは『運命』だ・・・・・
    わたしとみさおにとってのそれは『レゥを死なせた罪』だった!

197 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/15 17:44 ID:???
恭介「今の萌える身のこなしから判断すると
    相当に修行を積み成長したとみえる…いいだろう!!
    まずこの恭介に『おにいちゃん』と呼ぶ資格はあるッ!」

みさお「ヌウウ なめんじゃねえ!」
 ギラン
みさお「わたしの精神テンションは今!
     二次会帰りのたえさん状態になっているッ!
     深夜におまえの部屋を侵略し 不満やイラダチをぶちまけるあの悪魔にだッ!
     冷酷! 残忍! そのわたしがきさまを倒すぜッ」
 クァァァッァァァァァ

みさお「『年下』は!
     きさまより年下という設定でわたしが『おにいいちゃん』と呼ぶ! だなんて安心するなよ!
                    ・ ・
     年上を呼び捨てにする年下もあるッ!
     ギャルゲの原点ときメモがつかったという伊集院メイの応用編……

    『おまえなんてきょうすけで十分だぁぁぁぁぁぁぁ!!』」

198 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/15 23:47 ID:???
>>195
>>197
ワラ

199 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/18 12:40 ID:???
浩人 「レゥになりきるとは・・・ち・・・血迷ったか・・・・・・・」
リース「いいや!いたって冷静だよ浩人様・・・・・・
     わけを話そう・・・・・・・・」

リース「わたしはな・・・・マスターに望まれる姿になるために公民館の家族に入った・・・・・
     だが・・・・おかしなものよ・・・・
     努力すればするほど自分が求められていないことがはっきりとわかる
     なさけないほどにな

     普通の機械よりほんのちょっぴりすぐれているというだけなのだ
     40数年前当時は思わなかったが日をかさねるほどわたしは・・・・
     阿見寮に居たときに体験したレゥの圧倒的な人間のような心にあこがれを感じはじめたのだよ!
      ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
     レゥのようになりたいと思った
     自分を犠牲にしてもなッ!!」

浩人「ね・・・・・ねじまがったかリース」

200 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 00:56 ID:???
そしてもう一度目を閉じた瞬間−
前のめりにリースが倒れ込む。

反射的に手がそれを押さえ、抱きかかえる形になった。

浩人「リース!」

予想していたよりもその身体は重く、少しも力を抜けない。

浩人「リース!返事をしろ!」

なんの反応も見せないリースを、とりあえず地面に寝かせる形で静かに降ろす。


リース「あたしの名のリース(LEASE)っていうのはネ
   日本語で『賃貸契約』って意味なの……
   だから賃貸契約子さーんってお友達は呼ぶのよ フフ!
   これからはパパ!日本ではあたしのこと賃貸契約子って
   呼ばなきゃ返事しないわよ」
浩人「なんじゃあそりゃあ!」

……賃貸契約子って呼ばなきゃ起きないのかなァ……


201 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 01:18 ID:???
一瞬、「ちんちんけいやくこ」と読んでしまった‥‥

202 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 15:51 ID:???
>>201
ようするに・・・

奴隷ですね!
ハ━ァ━ハ━ァ━ハ━ァ━(´Д`;≡(´Д`;≡;´Д`)≡;´Д`)━━━━━━!!! 

203 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:37 ID:???
恭平「『もうレゥの体組織保持は限界だ…』
   『無理だ』と
    考えているのだろう…………?
    
    ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ちがうんだなそれが………」
























204 :203:03/11/20 12:53 ID:???
「文字ずれだと!
  フンッ!改行を連続打ちさせて!
  『ERROR:改行が多すぎます!』で出来を見て!修正してやるわ!」


  ぎぃゃああああ!だ・・・だめか!
  か・・・!書き込まれるッ!か・・・改行が足りなくて書き込まれてしまうッ!
  か・・・書きこした文章を変えられん  な・・・直せんッ!」

205 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 19:23 ID:l94LOxth
>>203-204
ハゲワロ

206 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 20:51 ID:???
>>203
空白の15分に激萌え♪

207 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 21:27 ID:l94LOxth
マスター、バカです。

208 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 22:37 ID:???
失敗をもジョジョネタで返すとはさすがは職人さんだw
今後ともよろしくおながいします!

209 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 13:25 ID:???
恭介(AI)「薄っぺらい感情で動いているんじゃあないッ!
      レゥは人間にならなくてはならないッ!到達したレゥは全てのレプリスをそこに導ける!
      おまえらはそれを邪魔しているんだ……少しばかりの人間が犠牲になったからといって………

       キ ッ ド イ ツ モ コ ロ シ ス ギ
      『どこで逝かれるのですか?』

      おまえは磔刑だ――――ッ!!」

210 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 13:30 ID:???
プレイヤー「うう・・・うがァァァ こ・・・この女は!?
       な・・・萎えるッ!
       そんな、ば・・・ばかなッ!
       おれの萌えが消える。こ・・・この設定は!」

由真「そおうだッ! 「妊娠」だよォ!
    このまぬけがァァ――――――ッ!
   
    大学で飲み会を馴らしたこの由真にできてないと思ったのかッ
    このウスノロめがァ!!
    しかも その効果からみると吾妻もとみの
    数百倍の強さの『汚れ』を捻りだすことができるッ!」

211 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 13:48 ID:???
>210
・゚・(ノД`)・゚・。

212 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 23:04 ID:dDiRc626
>>210
ゲロワロ

213 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 23:33 ID:???
MMMリースエンドにて

恭平「あの父親の精神は・・・・・・ 息子のキョウスケが立派に受け継いでいる!
   それは彼の強い意思となり 誇りとなり 未来となるだろうぜッ!!」

214 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 23:36 ID:???
レゥ「みさおちゃんがいなくなっちゃった・・・
   みさおちゃんがわたしのことくさいといっている。
   『汚らわしく』て『気持ち悪い』
   とののしっている」

恭介「ああ、そうらしいな。
    で、おまえはそんな彼女のことどう思う?

レゥ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   な ん て い い と も だ ち だ !」

恭介「良しッ!
   ディ・モールト
   ディ・モールト(非常に非常に)
   良いぞ!良く学習してるぞッ!」

215 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 23:44 ID:???
みさお「『レゥがレプリスと黙っててすまない』ですって・・・・・?

           ・  ・   ・  ・   ・  ・  ・  ・
          と ん で も な い わ !
 
     最近のあなたの行動すごくドキドキするわ・・・・・・・・・・・
     そして、すごくワクワクするわ!あたし・・・・・
     あなたのことが・・・・・・・・・・・・
     好きになってる・・・・・・・・・わけないだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

216 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/23 09:24 ID:???
渡良瀬 登場

「我われはこの老人を知っている!
 いや! このまなざしと瞳の色を知っている!」

217 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/23 19:48 ID:???
恭平「オレは「レプリス」と呼ばれている
    少なくともボスはそういっていたし、オレ自身もかなりそう思う

    岸森浩人が困った時、命を懸けれるか?と聞かれたとき「いいや」と答えた
    いまでもそう答えるかもしれない。彼らのためにはオレの心は動かなかった
    だが死んでいたオレを生き返らせてくれたボスのためには命を懸けれる

    穂乃香もそうだったんだ。オレにはわかる
    穂乃香は岸森浩人に会って生き返ったんだ
    だから彼女についてあれこれ考えるな
    彼女はこの数日幸福だった
    穂乃香はすでに救われていたんだ」

218 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/23 23:19 ID:???
レゥ「やれやれだ
    こいつぁマジに弱点のねーヒロインだ
    まったく最萌かもしれん 恐ろしいヤツだ

    だがなマイメリ・・・いやKIDヒロインには
    伝統的なシナリオの発想法があってな・・・・・・
    ひとつだけ残されたイベントがあったぜ」

他メーカー「なにィ〜〜〜?」

レゥ「それは!」

(彩花 「それは!」)
(優夏 「それは!」)
(しずく 「それは!」)
(双葉  「それは!」)
(小雪  「それは!」)
(つばめ「それは!」)
(月海  「それは!」)
(環   「それは!」)
(リオウ 「それは!」)
(あやめ 「それは!」)
  
レゥ「『あぼーんする』」

219 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/27 12:59 ID:???
>>210
プレイヤー「由真!てめーの体はッ!海に捨てられボロボロに崩壊して
       ハエもたからねーレゥみてえにくさりきってやがるぜーーッ!!」

由真 「わめくがいい!ほざくがいい!ののしるがいい…
     私のルートに入ってしまったきさまにできる事はそれぐらいだからなあ〜」

220 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 12:34 ID:???
みさお「てめーは超えてはならねえ一線を越えた・・・
     てめーは友達といいながらわたしをだまし裏切った!
     そしててめーのその正体は仲間であった阿見寮みんなの『意志』をも裏切ったんだッ――――ッ!!」

 レゥを指差し怒るみさお

レゥ「このカスが・・・激昂するんじゃあない・・・・・・・目的を達するというのが至上の事!
   あくまで『おにいちゃん』のそばに居られればよいのだ
   できるだけ汗をかかず 危険を最小限にし!バクチをさけ!ベストエンドまでのフラグを一本一本たてる
   それが『真のヒロイン』だッ―――――っ!!」

221 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 12:39 ID:???
みさお「わたしには勝ち負けは問題ではない…
     わたしは『生きのびる』…平和に『生きのび』てみせる
     わたしはレプリスを殺さずにいられないという『サガ』を背負ってはいるが…
     『幸福に生きてみせるぞ!』 」

222 :三本勝負終了:03/11/29 17:28 ID:???
亮  「それにな、俺にはちゃ〜んとコイツがいるのにさ、浮気なんて、なあ?」
もとみ「え?……きゃッ!」




    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
もとみ「あんな会話をしていたけど・・・
    わたしはしょうじき萩本君にたいして愛情を感じていないッ!!
    なぜなのッ!?かれはあんなにスゴくていいひとなのにッ!!」

223 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/29 17:31 ID:???
たえ「レゥちゃんもご無事、レゥちゃんとみさおちゃんとの仲も無事…
    それはなによりのことですわ…
    そして三週間もアメリカを観光してまわっていたなんて、レゥちゃんったら
    誰かすてきなボーイフレンドでも見つけたんじゃあございませんこと?」
恭介「ハハハ…そ…そうかもしれませんな」

※回想
みさお「おい!たえさんにはレゥが別のレプリスになった事は言うなよ!言ったらブン殴るぜ!」

たえ「あの子には幸せになってもらいたいもの」
恭介「(いえぬ…いえるわけがない!)」

224 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/29 21:06 ID:???
浩人「レゥ…僕にボールを投げて…フフ、上手上手」

浩人「レゥ、明日の運動会がんばろうね」
レゥ「うん」

浩人「レゥ、何か食べる?」
レゥ「あみりょうにいって、たえのりょうりのほうがいいな」


浩人「レゥ………レゥ…ねえ レゥ」



ライカ「やかましい!うっとおしいぞ このヘタレ!」

225 :224:03/11/29 21:08 ID:???
>>224は浩人でなく由真の方が良かったな…鬱

226 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 16:10 ID:???
恭介「おれは レゥの罪を償うなら死んでもいいと思っていた
   でも・・・わかったよ レゥの気持ちがわかったよ・・・
   あいつの気持ちを無駄にはしない 生きるために闘う・・・・・・・・・・・・!」


227 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 16:11 ID:???
由真「たいていのヒロインは心に善のタガがあるッ!
    そのため思い切った鬱展開が出来んッ!
    プレイヤーを裏切ることへの恐れがあるのだッ!

    だが!
    ごくまれに善なるタガのないヒロインがある……汚れのエリート!
    わたしや…吾妻もとみがそうだ」

228 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 19:32 ID:???
レゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥレゥ

229 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 19:37 ID:???
ウダラなに既出してんガァーッ!!        _| ̄|○

230 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 19:54 ID:???

スマソ。誤爆だ。

231 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 02:51 ID:???
↓誤爆ネタ

232 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/02 12:26 ID:???
>>659
それはロッテだと何度言えば(ry

233 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 00:12 ID:???
         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  米 誤    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   誤 え
  空 爆    L_ /                /        ヽ.  爆  |
  軍 が    / '                '           i.  !? マ
  だ 許    /                 /           く     ジ
  け さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、      ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  鬼    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ (   畜     ) 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    米    .> / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   英    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ   上    >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ   等   /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

234 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 00:42 ID:???
Qつながりのジョジョネタということで


                ,;´ ゙̄ヽ                ,.;´ ゙̄ヽ ナイトメア トレイン!
                i レノノハ.)〉               i レノノ)))〉 
               从(!^ -゚ノゞ              从(!゚ ヮ゚ノゝ
                ⊂)〕〔lつ               ⊂j卯!つ
プァ――ン__<>___〈/,'^!ヽ_<>_______<>_ と)こ)こ)<>_      ∧∧ ヒィィッ!!!
―  ―  | ̄|| ̄|l __┌┬┐__ー'ー'  ┌┬┐  ||___┌┬┐__ ̄ ̄┌┬┐_ .|     (゚Д゚;)
 ―  ― |_||_||日 |ロ.|.ロ|日日日日|ロ.|.ロ| 日||日|ロ.|.ロ|日日日日 |ロ.|.ロ|日 |     と  つ
―― ― lo〕ニ〕o:|__l__:l:__|____l__:l:__|__||__l__:l:__|____l__:l:__|__| ε≡〜(_つノ
 ―_ ―_((三((・)((・)三三((・)((・)三三((・)((・)__((・)((・)三三((・)((・)三三((・)((・)_ε≡ ≡ (/

希がnightmare train(夢魔の列車)
望がfatal crossing(運命の踏み切り)

235 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 23:29 ID:???
恭介 「おい!!みんな驚くなよッ!誰に出会ったと思うッ!
    いいか!たまげるなよみさおッ!驚いて腰抜かすんじゃあねーぞひとえ!
    誰に出会ったと思う!?たえさんッ!
    なんとッ 喜べ!パンパカパーン
    兄貴の野郎が帰国してきやがったんだよォ!オロロ〜〜ン!」
リース「さ!旅の垢を落とすぞ」
恭平「リース よろしく頼むよ」
ひとえ「よう恭平兄さん」
みさお「お父様も元気?」
たえ「恭平さん もう仕事のほうは平気なのか?」
恭平「ああ大丈夫 こっちで片付けてやるさ」

恭介「…………おい ちょいと待て おまえら」
ひとえ「お互い無事にまたあえてなによりだったぜ」
恭平「ひとえ その声はいずれ直そうな フフフ」
恭介「こら!待てといっとるんだよッ てめ――――らッ!
   おい……どういうことだ?その態度は!?
   あの兄貴が帰国してきたというのに!
   なんなんだ!?その平然とした会話は?」
リース「お…恭介さま すまなかったな 恭平さまをいきなり帰国するようしむけたのは 実は私だ」
恭介「なっな な なにィ――――ッ」
たえ「そしてリースと恭平さんを寮に泊めることを提案したのは私なのだ」
恭介「て…てめーらすでに兄貴が帰ること知ってやがっておれにだまってやがったのか?
   ひとえッ!てめーもかッ!」
ひとえ「恭介が知ると事前に大騒ぎになりそうでまずい
   恭介にはずっと内緒にしていようと提案したのはこのボクだ……」
恭介「…… そ…そうだ!兄貴!文字化けメールが届いてきている!
   原因を調べてくれ!」
恭平「ありゃ俺のイタズラだ」
恭介「に…にゃにお〜〜んッ!そこまでやるか…
   よくもぬけぬけとテメーら 仲間はずれにしやがって グスン」

236 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 23:33 ID:???
>235
ちょうどそこの巻を古本屋で買ってきて
読んでたところだよ。腹が痛いw

237 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 23:36 ID:???
由真「もとみ!見知らぬ男と寝るのだ!」

もとみ「し、しかし由真さんッ!
   お言葉ですがギャルゲでそれは危険すぎます!」

由真「危険すぎる。そうだ、男と寝ればあっという間に懐妊し、
  『汚れ』とされるやもしれぬ…
  できぬのか、もとみ。ならば見本を見せてやる…
  こうやるのだッッ! もとみッッーーー!」

238 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 23:46 ID:???
浩人「まさかッ! 恭平はッ! 自分の失態を完全に消し去るために…
   レゥ!! 俺たちにレゥの保護をさせたのはッ!
   自分の製品を確実に自らの手で始末するためなのかァァァァァーッ!!」



239 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/04 12:18 ID:???
>>237
ワラタ
由真ともとみは汚れネタがあるからいいが(オイ!)みのりはネタが一向にでないな

240 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/04 12:20 ID:???
みさお「闘技!下段回し蹴り!!」

右足を関節ごと左回転! 上半身を軸ごと右回転!

けっこう呑気してた恭介も 脚が一瞬巨大に見えるほどの回転圧力にはビビった!!

そのふたつの脚の間に生じる真空状態の圧倒的破壊空間はまさに歯車的スカートの小宇宙!!」


241 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/04 19:05 ID:???
みのりは
>>131
に一言だけ出てる

242 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/05 12:24 ID:???

みのり「ギ ギギ……」


243 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 10:53 ID:???
>>242
それはゲソではないでしょうか先生

244 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/09 15:57 ID:zVFSK10n
……こ……混乱…………
……頭の中が混乱してる
「もとみ」……「ほのか」……
……「みさお」……「由真」……「みのり」
……「鏡」……「サブ」
……「たえ」……「ひとえ」
「レプリス」!
「レゥ」!
「リース」!
「ライカ」!
まさか……そんな……KIDが!?

「うおおおおおおおお!!」
スピードワゴンが萌えているッ!


245 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/12 19:53 ID:???
REUは言った…赤い瞳で私を見下ろしながら…

『ゲロを吐くぐらいこわがらなくてもいいじゃあないか…安心しろ…安心しろよ…みさお』

―くそ……二度と!
二度と………
恐怖するものか……
私はッ!レプリスを
克服するッ!

246 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/16 21:59 ID:???
おれはッ!!
おれは!今までの人生でいろんなギャルゲーをプレイしいろんなキャラを見て来たッ!

電車を押したら速くなるだとかぬかす奴だの
昔の彼氏を惑わすゴッドボイスだの奇怪なポーズで訳のわからんギャグを飛ばす奴だの!

だが こんな萎えキャラは見たこともねえッ!!ちょっと彼氏との関係がこじれたからって
見知らぬ男と寝ちまう心を越えた心を持つ魔物はよオッ!

247 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/19 12:50 ID:???
恭介「特訓だって」

もとみ「やらねばならん」

恭介「もしかしておもいっきりハードなやつ?」

もとみ「3日しかない」

恭介「オー!ノーッ
    おれの嫌いな言葉は一番が『努力』で
    二番目が『ガンバル』なんだぜーッ」

248 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 21:57 ID:???
トゥルル トゥルルル ガチャ!

『渡良瀬…恭平さんですか?』

恭平「誰だ?そういうあんたは?」

『誰でもいいさ…渡良瀬恭平 あんた…この清天町からよ…出てってくださいよ』

恭平「何者かわからないヤツからイキナリ理由もなく出ていけといわれてもな…あんたがおれだったらすなおに出ていくかい?」

『レゥを拾った者ですよ』

恭平「!浩人か?おまえ?」

『ンなこたあどーでもいいだろうッ!いいかいッ!あんましおれのレゥにちょっかいだすよーならよォ…あんたも爺さんも殺しますぜ!いいですねッ!?』

249 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/22 21:13 ID:???
みさお「はっ!?う・・・腕が・・・腕はどうした
    右腕が・・・・・・い、いつの間にか!!
    ・・・・ないぞ!!」
 ゴゴゴゴゴ
みさお「ないっ!どっ・・・どこだッ!?」

レゥ「このレゥ・・・・恋敵を楽に勝たせる趣味はない・・・
   受けた『心傷』も我が肉体!今までの『精神的ダメージ』も我が能力!
   全てを利用して・・・勝利をつかむッ!!」

250 :2巻P21ディオ:03/12/22 23:05 ID:???
もとみ「好きでもない男!一緒に寝らざるをにはいられないッ!
    あのクズのようなもとみと同じことをしている自分に荒れているッ!クソッ!」

251 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/29 16:15 ID:J03OekDP
ココ、ダイスキ♪

252 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/29 21:10 ID:???
亮「トランプゲームの『ババヌキ』みたいなものさ。『人間関係』と同じさ!
  ババ(もとみ)は自分以外の誰かに持たせりゃあいいんだよ!」

253 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/29 21:18 ID:???
レゥ「き…きれた
   わたしのからだのなかで なにかが切れた…からだをつなげているなにかが……!」


254 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/29 21:26 ID:???
みさお「この阿見寮のどこかにレプリスがいると思うと!
    わたしはヒロインを潰すが、ヤツは主人公の精神を潰す!」

255 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/30 22:36 ID:???
浩人「な… なんだ!? こいつはァーーーーーっ!!妊娠してやがるッ!!
    き… 恭介さん… こ… こいつは!こいつは!こいつはやばいッ!
    残虐性!異常性においてもとみ以上だあーーーッ!!」

256 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/30 22:49 ID:???
みさお「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
    なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ…!!
    自分の利益だけのために利用する事だ…

    先輩がなにも知らぬ『後輩』を!! てめーだけの都合でッ!

    ゆるさねえッ! あんたは今、再びッ!
    わたしの心を『裏切った』ッ

    レゥとの関係だけをさぐるつもりだけだったが・・・・
    予定が変わった!恭介!!
    レゥと絶交する!!今!!!」

257 :渡良瀬恭平:03/12/30 22:57 ID:???
      ,..-''" ̄ ̄ `'" ̄ ̄`ヽ、
      /             ヽ
   ./     ,,,... -――- ...._    ',
   |    /'´         `!  |
   |  ,ノ           |  :!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |   |   ,. -==、 ,.==-、 |.  |   / 「レゥはアメリカで直って戻ってくる」
   l:  l  ィてフ_> :i i ィてフ_> | ;'  | と思った恭介と阿見寮の皆さん、
    iヘ:|         | |       |''|   | どうもすみませんでした。
    |,ハ|       r_!__ト,     /ノ   | アニキはウソつきではないのです。
    ヽ'_l、    ,___,   /'′  _ノ   まちがいをするだけなのです……。
     `l \     ―‐  ,/   ̄ ̄ヽ、_______________
   _,. -l    丶、___.. 1"i''''''―-
‐''"´ |\        /  |
    |:  \      /   |
     |     \    / _   |
    l   _,,. -へ   // \ |

258 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/31 21:15 ID:???
恭平「こらーっ、起きろレゥ!浩人がむかえに来てくれたぞ!
    起きろっ!今日の調査は終わりだ!」

レゥ 「なんだ、ひろとくんか……フン!かえりな、わたしはしばらくこうみんかんにはかえらない」
岸森「………?」

レゥ「わたしには『あくりょう』がとりついている……
    『そいつ』はわたしになにをさせるかわからん……
    だからわたしを……そうこからだすな」

259 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/31 21:16 ID:???
おれはッー

おまえほどもとみッ!

真底心から汚れてると思ったヤツはいねえ!

260 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/31 22:02 ID:???
>>259
「汚れてるだと?はらしてみろ 一対一だぞ!のぞんでいた一対一の告白だ!

 このアンプルは『駒』だ!きさまを離さない『駒』の一個だ!
 紐を通してアンプルにぬいつけたぞ〜〜〜〜〜〜〜
 なぜ・・・・・・
 こんなことをすると思う?

 それはッ!(アンプルを首飾りにするもとみ)

 落として壊してしてしまっては駒にならぬ〜〜〜〜〜
 私と一緒にいないとアンプルがなくていざという時死んでしまうぞ〜〜〜〜〜
 もうお前は私から離れられない これが『真の絆』だ!!恭介!!」

261 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/03 18:20 ID:???
由真「よお〜〜〜〜こそ よお〜〜〜〜こそ ククックク
    よお〜やく来てくれたな篠片由真の独壇場―――『屋外授業』へ…ククク」

262 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/10 18:31 ID:???
レゥ「もはや清天町には用はない…
   生まれたシステムデバイスは
   私のボディとなった…
   あとは『人間』への時を待つだけだ…」

263 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/10 18:42 ID:???
「なになに

『必死こいて走っている渡良瀬君に命令していると胸がスッとして気分がいい』
『萩森君にベタベタくっつくレゥをメチャメチャに殴り倒したいが自分はヒロインだから出来ない』
『制服を着て美味しそうなオトコとホテルに直行するとき、同級生に見られてやしないかとスリルがあって最高だ』

最低なヒロインだな……こんなヤツをヒロインにしてもファンに好かれるハズがない」


もとみ「ああああ〜〜〜〜ん(あんまりだ〜すくいがない〜っ)」

264 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/11 04:47 ID:???
このスレイラネ

265 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/15 00:34 ID:???
ひとえ「MMMMKAAAAAAAAーッ!!
    なにがなんでも「恭平」を手に入れる
    恭介が死を賭して応援してくれたのだ!
    断じて恭介の意思を無駄にするわけにはいかぬ!!

ひとえ「我が流法は「声」
    奇声発狂の流法!!

恭平「バ…バカな!
   やつの喉から噴き出ている声は
   プレイヤーを恐怖のどん底に突き落としたもの
   …………
   聞き慣れるならともかく
   萌えるのは不可能なはず!


266 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/30 19:17 ID:???
こういうの好きなんだけど自分じゃ考えつかないな・・・

267 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 15:33 ID:???
知能:記憶力にかなり難あり
触覚:熱 空気の動きを探知(ただし場の空気は読めない)
視力:天体望遠鏡並(ラヴィータも見える)
聴力:人工衛星のピキューンからねこの鳴き声まで聞きわけられる
骨格:一度細胞レベルまで分解して様々なスタイルに変形できる。
筋肉:どんな傷も短時間で修復できる。つまり短時間で変身可能
好きな食べ物:お子様ランチ(みどりを食べなくても一年活動可)
睡眠:必要なし
SEX :必要なし。下種なヒロインほどエロシーンは多い。キャラがたたない危険が大きいからだ。
   したがって完全なるヒロインにエロシーンはいらない。頂点は常に清純。
握力:浩人の腕が軋むくらい
JUMP力:ウミネコの飛行高さよりだいぶ下
レプリスとしての目的:他のレプリスはマスターに奉仕すること。だが彼女の場合は自分の思うがままの人生
           を生きてゆくことにある。


レゥが恭介の手によって変身した
『人間としてのレゥ』とはッ!

ひとつ 萌えなり
ふたつ 決して老いたりせず!
みっつ 決して組織崩壊することはない!
よっつ あらゆるレプリスの能力を兼ね備え,しかもその能力を上回る!
そして その形はMMMでの浴衣姿のレゥのような美しさを基本とする。

268 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 15:40 ID:???
「な…んの……
 待ちに待った由真ルートに到達できたのだッ!
 妊娠してたくらいでへこたれるかッ!!」

「フフフフ…………」

「フフフフフフフ」
「フフフフ」

「き…きさまら
 なにがおかしいッ!」

「フフフフ…………
 マイメリ信者はいつも同じセリフをはく
 2年前の426戦線の前日にDC版『My Merry May』を発売された時も 今も
 『ゴッドボイスくらいでへこたれるか』
 『よくももとみをよごれ扱いしてくれたな』と…………
 だから笑ったのだ」

「き…きさまら〜〜〜〜〜ッ」

269 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 15:57 ID:???
浩人「た……玉村医院の!?
    穂乃香は ま……! まさかッ!」

恭平「こ……これはッ!
    人間なんかじゃあない レプリスを移植した人なんかでもない!!
    本物のレプリスだっ!
    やつは娘とも言えるレプリスのボディにマスターデバイスを組み込みやがったのかァ――ッ」

浩人「なにィイイイ――――ッ」

玉村「結城型ナノマシンであぼんすることなんか必要ない……
    ライカ―――穂乃香に感謝するのを忘れるな!
    穂乃香をどかしてシステムデバイスで助かりなよ……
    ……そうすればおまえは助かる  命だけは助かる

    だが生き残ってその倉庫から出て来る時
    おまえの心には罪悪感が残る……
    生き残るために穂乃香のシステムデバイスを奪ったという罪!
    その罪を心に背負って 岸森と付き合わなければならないのだ……
    そんなやつに幸せに生きていく気力が残っているか!?

    玉村穂乃香はハッピーエンドタイプのヒロインではないが
    罪悪感で心の弱ったおまえを結城みさおの二の舞にするくらいのことは出来るッ!」

270 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 19:47 ID:???
レゥ「おにいちゃん、れぅなでなでしてほしいの」

恭介「良〜〜〜〜〜〜〜〜しよしよしよしよしよしよしよしよしよし
   よしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよし
   よしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよし
   かわいいやつだレゥはッ!」

271 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 20:59 ID:???
渡良瀬「いいか・・・バグはおまえ(恭平)が解決しろ
     それがおまえの仕事だ!
     そのために給料を払っている
     レゥの記憶をサルベージをするのはおまえだ!
     わしの頭をわずらわせるな!」

272 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 21:04 ID:???
(Q'tron! てめーはMMMの頃からいつも欝ENDにしていた…
 まるでそうやってオレらをバカにしているようだった
 ギャルゲーマーに媚びるためからどんどん萌え成分が入って破綻している俺らの作品を……!
 おまえは そうやって見下しているのか!?)

「罰だッ!」
「罰だッ!」
「罰だッ! 罰を与えろッ!」
「掟にそむいたシナリオ集団には罰だッ!」

「てめーは許さねえッ 『Q'tron』ッ!」

273 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 21:18 ID:???
このスレイラネ

274 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/31 21:43 ID:???
>>264>>273
ネタスレにネタ以外の糞レスをするなァーッ!!
貴様はネタスレにカキコする時にはネタでもないレスを書き込めと習ったのか!?

275 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/08 13:59 ID:???
ネタは無いけど保守するよん

276 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/18 18:45 ID:???
ひとえ「もうひとつ…うしろで応援している方は彼女ですか?13歳とききましたが」

恭介「関係ねーだろ三本勝負とはインタビューはおわりだ」

277 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/14 23:52 ID:???
ホシュ


278 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/17 07:42 ID:???
クソスレダ

279 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/24 21:46 ID:???



280 :名無しくん、、、好きです。。。:04/05/18 17:29 ID:???
ほ?

281 :名無しくん、、、好きです。。。:04/06/08 20:13 ID:???
イカ唐揚げ

282 :名無しくん、、、好きです。。。:04/06/09 19:43 ID:???
恭平「さぁ〜どっちのレプリスを…とるねぇ〜?」

283 :名無しくん、、、好きです。。。:04/06/11 13:47 ID:???
恭介
「聞くことかァーッ
当然じゃあねーか!!
『おにいちゃん』に決まってるぜーッ!
威力がちがうぜ!」



284 :名無しくん、、、好きです。。。:04/07/07 21:30 ID:???
君がッ!
開けるまでッ!
ドアを叩くのを止めないッ!

285 :名無しくん、、、好きです。。。:04/07/09 23:13 ID:???
クソスレ

286 :名無しくん、、、好きです。。。:04/07/21 23:04 ID:GIt6TLDH
ぬるぽ

107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)