5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Lost Passage〜失われた一節〜

1 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 08:21 ID:FXeWnbhd
PS2に移植されたロスパを語ろう

http://www.oaks-soft.co.jp/princess-soft/lost/index.html

2 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 08:55 ID:???
明日入手予定だ このやろ

3 :3ゲッター ◆3GETFe1dXg :03/10/24 09:33 ID:???
3

4 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 12:08 ID:bYk0HTR7
沙雪萌え

5 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 12:50 ID:???
スキンヘッド萌え

6 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 15:37 ID:???
結局エロゲーからなにか変わったんか?
エロが無くなった分の追加シナリオが増えただけ?

7 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 16:41 ID:gPVNMVHF

消えろぉぉぉぉ!!!!!!!!!!
─__ ───────      _ _ ,;:`;.;。`,o  ○、o’.; `  ;・`.
 ─────ノハハ _ - ― = ̄  ̄ , .∴。'  。.∴ ,:・‘。,' ' ‘ ( 。A。)
 ̄ ̄      , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /      ∨ ∨
 ̄ ̄ ̄  /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
─ ── /   ノ`o,;;    ;:`";:。, ' ・,。    |  /  ノ |>>4
─── /  , イ ):`;.;。`,o  ○     o   , ー'  /´ヾ_ノ

8 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 17:30 ID:???
全クリするとノエミが登場

9 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 17:49 ID:???
>8
ノエミって誰?

10 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 17:56 ID:???
>9
青葉

11 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 20:14 ID:???
>10
巣にケエレ!

12 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 21:04 ID:???
>6
沙雪は完全に新しいルート&エンディングが出来た。
また、各キャラのエンディング後日談が追加された。
複数のキャラで数年後の後日談を確認している。

シナリオの流れを妨げがちな歴史関係のうんちくテキストが、
用語モードの追加により、後からでも参照可能な形になった。
その説明もキャラがボイス付で行うので良い感じ。

セーブ箇所が増えたり、既読テキストの色を変えられたりなど
システム面も親切になった。

エロシーンカットな分、当然のように新しいCGは追加されてる。

主要キャラ以外の女性キャラにも音声がついた。

エンディングの数が17。
オリジナルより随分増えたんでは?(オリジナルは今すぐ確認できないので未確認)
沙雪以外もエンディング分岐が増えたのかも。

俺は元ゲーの大ファンなのだが、今のところかなり満足している。

13 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 21:55 ID:bh5kHfhZ
ブラウン管からちゃ〜しゅ〜?が聞けて満足( ・∀・)イイ!

14 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 22:18 ID:???
ちとまて
PC版より分岐が増えたら遭難しそな予感

実際の分岐はシンプルですか?

15 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:15 ID:bux6KSZ4
エンディング数は、
1.かけがえのない一瞬
2.君が愛した場所
3.慟哭の月読
4.重き血の宿命の果てに
5.運命のブローチ
6.あなたの願い・口癖
7.何処かでなくした心
8.サンタになって迎えに来て
9.歪んだ歯車
10.素直になれたその先に
11.誰かに言って欲しかった
12.立ち向かう勇気
13.闇の女王・帰還
14.無残な運命
+3の17ですね!
と言うかオープニングムービーPCと比べってめっさ綺麗やな〜と、、、

16 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:18 ID:???
>>15

社員降臨

17 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:20 ID:bux6KSZ4
>>1
残念、ハズレ


18 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:45 ID:???
全体的にCGも滑らかになって新シナリオも増えてエロさは減ったが結構エロい。
良い作品です。

19 :16:03/10/24 23:46 ID:???
ハズレタ・・・

         __     _
       \|\_\  ∠ /|/
          |○|  |○|
  _| ̄|○   _     _   ○| ̄|_
        / /|)  (|\ \
        | ̄|        | ̄|
      / /        \ \


20 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:50 ID:???
激・ラヴ・めぐみんに辿り着けない、
選択肢ちょっと変わったか。

21 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:51 ID:???
用語講座にスオミ語講座があるとは予想外だった

22 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:52 ID:???
>>8
マジレソすればハスミエラン先生のだろ?

23 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:53 ID:???
>>21
パイヴァー♪

24 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/24 23:56 ID:???
>>23
まぁ今はイルターだがな

25 :6:03/10/25 00:32 ID:???
>15
おつかれさま。

なるほど3つ増えたのかー。
果たして他に誰が増えたのやら。

>18
同意です。

ちなみに自分は観月と沙雪が大のお気に入り。
よって、沙雪のシーンが増えたPS2版はかなり良い。

26 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 01:57 ID:???
PS2版が初プレイなんですが、EDの曲がカナリ気に入りました

27 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 01:57 ID:???
ギャルゲーでうどん談義を聞かされるとは思わなかったなw

28 :12:03/10/25 02:21 ID:???
25の書き込みは、6はなく12でした。

>6
間違えて名乗ってしまってすいません。

>20
めぐみ出現のために必要な選択肢が自分もまだ出せませんよ。
以前は条件なしで出ていた選択肢だと思うのですが。

沙雪・全攻略のために、
めぐみも関連してそう(変更点)だと感じて
めぐみ攻略に着手したところです。

29 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 03:42 ID:???
へー、よさげだね
スクリーンwとか楽しめた漏れなら大丈夫かな?


30 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 05:35 ID:???
スクリーンの巫女シナリオを楽しめたなら大丈夫

31 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 12:57 ID:???
確かにPC版とは攻略条件が少々異なるようです。
結構エンドとCGのフルコンプには手間取りました。
しかしメモってなかったので自分でもどうやって解いたのか不明・・・。
鬱だ・・・・・。

32 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 15:38 ID:???
>29
スクリーンが楽しめたのならオススメ。

33 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 15:45 ID:???
ソフマップの予約特典テレカ、かなり良かった。
あと、あの制服って何かに激似なような。

34 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 17:44 ID:???
初回限定版と通常版の違いってケースが付くのと特典の冊子だけで
ジャケットは一緒なんですね・・・。
両方購入したのに悲しい・・・。

35 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 19:16 ID:???
>>34
初回限定版に通常版がまるまる入ってるってこと?

36 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 20:15 ID:???
ケースの背に「初回限定版」の文字は入っているが

37 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 22:11 ID:5Xt191bX
ソフマップのテレカ( ・∀・)イイ!
あとおまけの壁紙&スクリーンセーバー集もなかなかよかったぞ。

38 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/25 22:29 ID:VgXPt7TN
佐雪END見たいけど、PCのほうに移植されんかな?

39 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 00:18 ID:UfMGrcMx
今回は特典はソフの方が良かったかな・・・?
特典テレカはメッセの絵柄の方が自分は好きだけどw


40 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 00:21 ID:???
分岐が微妙に変わってるな
沙雪のラブラブじゃ無いほうのEDが見れん

41 :12:03/10/26 08:33 ID:???
めぐみが出ないので、育美先生攻略。
この人は攻略的には変ってないのであっさりフルコンプ。

>40
過去に関わるシナリオは、観月真ルートと同じく、
全キャラクリア後に出るようになったのかもしれませんね。

42 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 12:20 ID:???
攻略は基本的にPC版に同じ。
>1のOHPにあるように前半後半二部分けしたため、一部エンドへの選択肢の出現条件が過去編完了後になった。
過去編の出現条件は>41で正解

43 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 16:16 ID:???
結局
パソ版やった香具師しか買ってないのか?

44 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 18:44 ID:???
>>39
メッセのテレカの絵柄ってどんな内容なの?
出てるキャラ自体が違うのかな?

45 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 21:27 ID:???
さてソフの特典テレカ目当てで買ったが
御子石の歴史薀蓄好きなのでどだろ?
用語集になってPC版よりシナリオの厚みは減ってない?

プレイ前に助言をよろしく

46 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 22:16 ID:???
>>45
全クリしてないので予想入ってるが。

用語集があると言ってもプレイ中に参照できるし、流れ上PCのまんまな箇所もある。
厚みは減ってないと思う。
むしろ用語集によって増えてたかも?

47 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 22:32 ID:???
隠れキャラいるの?
なんかメンドイから観月が弁当作ってきてくれた所で止まってるんだが。

48 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/26 22:43 ID:???
PS2版が初だがOP曲いいね

49 :45:03/10/26 22:44 ID:???
自分で微妙に突っ込んでおこう
PC版>CD版
DVD版を忘れてた、買ってないけど

御子石の歴史薀蓄で思い出したけど夏コミの本で
大上段発言をしてたのは萎えを通り越して笑ったな

50 :39:03/10/26 23:16 ID:Bfb7QEjK
>>44
観月と沙雪なんだけど夏の私服姿だね。新鮮でなかなかに良いかと。

メッセあとはクリアファイルが付いてたな。絵柄はパッケージと同じ。
ポスターはソフもメッセも同じ絵柄なんだね・・・ちょっと残念かな。

51 :44:03/10/27 02:13 ID:???
>50
レス、サンクス。
ほほー、夏の私服かー。
それはそれで良いかも。

やっぱり観月と沙雪が順当に人気1、2位なのかな?
と疑問を投げかける俺は沙雪ファン。

52 :29:03/10/27 03:27 ID:???
>30>32
遅レスだけど、ありがと
買ってくるにょ

BGMの評判もよさげなのね
スクryのED曲が妙に気にいってたので、こっちも楽しみ


53 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/27 04:24 ID:???
おまけのキャストインタビューの、めぐみ役の人に萌えた

54 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/27 05:05 ID:???
ほとんど意味がなくなってコスプレ値とか廃止されたのかも?
ビジュアルワークスの攻略を忠実に実行すると、
一部キャラは解けないように変更されてるような気がする。
でも、選択肢の内容を考えると素直にプレイすれば良い感じ。

>52
スクリーンのED曲は自分も好きですよ。
ってことで、ロスパも気に入るような気がする。

>53
そんなオマケが!?

インタビューといえば、
ビジュアルワークスの青葉楓さん(観月役)は凄く良かったなあ。

55 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 01:07 ID:???
ん? もしかして何気に良移植なのか? 姫なのに?

56 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 07:05 ID:???
良くないよ、オレ的には

57 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 16:11 ID:???
自慢の歴史薀蓄を「ゲームの流れを妨げる云々」と断じられた御小石はどう思ってんだろ

58 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 20:15 ID:???
少しは気づいてくれたろ

59 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 21:54 ID:???
ベットに座ってる沙雪のCG見てるとPia3のさやかに見えてくるオレはデキュソ?

60 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 23:42 ID:???
ムネキュンなのミャ
の方は超糞だったが姫のロスパは凄く良い。
まぁエロい発言は減っているがスレスレのえちぃシーンには萌え萌え。

激・ラヴ・めぐみんは初めからにある過去辺をクリアしないといけないのか…
スタート変化させろよ姫!!

61 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/28 23:56 ID:???
お風呂で巫女さん、激・ラヴ・めぐみんマンセー!

62 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 00:36 ID:???
やっと一回目クリアした。
観月が巫女さんで赤ん坊だっこしてた。何エンド?

63 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 01:09 ID:WYKdAKXf
どうでもいいことだが、とある会話の一文「発情」が「発火」になっていた
微妙過ぎる変化にワロタw

64 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 03:02 ID:???
>>62
 エンディング一覧見ろ。

過去辺の出現条件は何だったのだろうか?

65 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 03:04 ID:???
塗れがワロタ所は
「兄さま、コスプレ好きって本当ですか?」
「ああ、最近凝っててな」

コスプレマン最高!

66 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 03:11 ID:???
ところでみなは誰が好き?
割れは無論の如く

激・ラヴ・めぐみん>>>【核でも壊れない壁】>>>観月>エリナ>理乃>育美>>>【デモンズゲート】>>>沙雪

67 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 07:52 ID:???
>65
その後何もなかったような展開にはいただけない。
観月、着替えるのかとオモタ

68 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 12:59 ID:???
コスプレマンはいいね。

>66
観月>>沙雪>>>めぐみ>>育美>理乃>>エリナ

【核でも壊れない壁】と【デモンズゲート】は笑った。

69 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/29 16:45 ID:???
沙雪>>>【核により抜けた毛】>>>観月>>めぐみ>>育美>理乃>>エリナ

70 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/30 03:17 ID:???
もしかして理乃のエンディングが増えてる?
CGがあと3枚埋まらない。

71 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/30 08:55 ID:???


72 :名無しくん、、、好きです。。。:03/10/31 02:37 ID:???
>>70
Hシーンの直前の選択肢で明かりを点けたままか否か?で両方をクリアーすれば
全部CG埋まる。

>>66
観月>>>>>育美>めぐみ>エリナ>理乃>沙雪

73 :70:03/10/31 22:05 ID:???
>>72
サンクス。

でも、Hシーンの直前ってのがどこなのかピンと来ない。
初めからやり直してみる。

74 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/01 13:54 ID:???
いつのまにか出雲編ってのが増えてた。
これをクリアしたらようやくめぐみが出るのか。

75 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/01 22:48 ID:???
それにしても朝比奈ヒカリや山吹美祐紀さんにヴォイスが付いたのは嬉しい事だ。
例えメインヒロインを使い回したとしても。

76 :70:03/11/01 23:56 ID:???
>>72
CG全部埋まったよ。
ありがと。

>>75
同意。

それにしても沙雪・母って何歳なんだろね?

77 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 02:47 ID:???
美 祐 紀 さ ん を 攻 略 し た か っ た(つд`)

のは濡れだけでつか?

78 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 03:30 ID:???
>77
気持ちはわかる。
すげえ美人だよな。

そういや沙雪のお父さんって死んでるの?

79 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 04:17 ID:???
>>78
どっかに出張中だったはず

沙雪萌えの俺はPS2版は買いですか?
PC版持ってるんだが沙雪の新ルート、新ENDが激しく気になる


80 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/02 05:16 ID:???
>>79
俺も沙雪萌え。
新ルート&新エンドは確認した(PC版エンドは未確認)。
追加部分はボリューム的には、たいしたことなかった。
もうちょっとイベントが欲しかったなあ。
沙雪のためだけって考えると値段的に高いかも?

でも、新鮮で良かったな。
俺は沙雪の新しいイベントが見れただけで満足している。
全キャラに言えることだと思うけど、数年後の後日談が見られるのも大きい。

81 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/04 10:08 ID:???
Hシーンがあったところを誤魔化すのを最初から放棄してるな、このゲームw

82 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/04 12:38 ID:???
正直、定価では高いと思うぞ。

83 :???:03/11/05 18:06 ID:31MM72M/
はじめまして。突然なのですが沙雪の新エンド
を見るにはどうしたらよいのですか?
何度やってもバッドエンドしか見れません。
教えていただきたいのですが・・・。

84 :???:03/11/05 18:07 ID:31MM72M/
はじめまして。突然なのですが沙雪の新エンド
を見るにはどうしたらよいのですか?
何度やってもバッドエンドしか見れません。
教えていただきたいのですが・・・。

85 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/05 18:14 ID:???
誕生日当日にブローチ渡せ

86 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/05 23:37 ID:???
のぞみ号に一緒に乗れ

87 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/06 00:38 ID:???
声優インタビューの存在に今更気付いた

88 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/06 13:53 ID:???
そうか。

89 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/06 15:14 ID:???
>>84
ではないが・・・
誕生日にブローチ渡せない(TдT)

90 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/06 17:27 ID:???
観月をさがせ

91 :???:03/11/06 18:08 ID:A3ynQxr1
当日に渡せました。しかしその後
観月と旅行いくことになったのですが
それでいいんですか?
なんか観月エンドのように感じられる
のですが・・・・。

92 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/06 18:55 ID:???
そりゃ観月エンドだがや

93 :???:03/11/06 22:01 ID:6zUADjNF
それでは観月エンドにならずに
当日に渡すにはどうしたらよいのでしょうか?

94 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/06 22:58 ID:???
一度、涙流さないとだめなんじゃ?>93が。

95 :???:03/11/06 23:30 ID:snodBe1Z
なにゆえ私が涙を流さなければならぬのだ?

96 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 00:21 ID:???
スキンヘッドENDみれってことじゃねーの?

97 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 00:47 ID:???
新エンドは、バッドエンド見なくても見ることが出来たと思う。

>???
PC版は未体験な人ですか?
もしかして夢の話を観月に話してしまってるのでは?

98 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 14:09 ID:???
>>96
ひでぇ

99 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/07 20:04 ID:???
オレの時は新幹線に連れ込めたよ>沙雪

100 :???:03/11/07 21:54 ID:lqgiI25B
>>97
PS2版がはじめてです。

新幹線ではないのですが「未来を導く花」
をみることができました。
沙雪のエンディングはどこが分かれ道
になっているのか疑問に思います。

101 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 15:18 ID:wEy2glYG
俺も沙雪攻略できない。誰か教えてくれ。

102 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/08 22:29 ID:???
どうでもいいが全部やれや。
雪山や雨の屋上、そして実親からの張り手!

最初から初めて出雲や平安もプレイしる!
フラグが沢山あるゲームだからな。

103 :???:03/11/09 10:48 ID:CqSlztk7
沙雪のトゥルーエンドは、PC版とは
ルートがことなっていますね。
PC版のルートでやるのですがバッドエンド
にしかたどりつきません。

104 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/09 23:16 ID:???
沙雪攻略は102が言ってるとおり。
恐らく、
 1.めぐみ以外の5キャラをクリアする。
 2.出雲編、平安編をクリアする。
 3.再度、沙雪攻略。

105 :???:03/11/10 06:09 ID:V+eGE0fm
沙雪のトゥルーエンドはどう攻略
すればよいのですか?

106 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/10 14:22 ID:???

釣り?

107 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/10 14:54 ID:???
改めてプレイしてみて、めぐみがイイ!と思った。
小公女セーラがモデルと言う話だ。
あの幸薄っぷりは放ってはおけん。

もちろん巫女なのも評価的には重要。

108 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 01:23 ID:???
>>107
俺も、めぐみタン(゚∀゚)イイと思う、放っておけん。

PS-2ついに19800円か・・・そろそろ買うかなPS-2本体。
ソフトはすでに10本近く積んであるw。

109 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 02:39 ID:???
めぐみの追加後日談は思わずニヤけちまうよ。

110 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 03:24 ID:???
ttp://www4.ocn.ne.jp/~himehina/lostpasseage-1.htm

111 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 04:14 ID:???
ttp://strangeworld.cc/~kitagimachi/gallery/asita01.html

112 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 10:51 ID:???
すいません

113 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 21:30 ID:???
ふむ、なかなかの腕でいらっしゃいますね。

114 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 21:33 ID:???
濡れは「めぐみ」と変換すると、
「激・ラヴ・めぐみん」となる。

激・ラヴ・めぐみんマンセー!

115 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/11 22:32 ID:???
観月、沙雪、めぐみが人気トップ3かな。

>>激・ラヴ・めぐみん氏(勝手に命名)
あなたなら、めぐみの手料理も苦にせず食べそうですな。

116 :???:03/11/12 16:51 ID:wzbqtMCn
めぐみのバッドエンドの最後に、
めぐみに討ち取られたのって誰ですか?


117 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/12 21:45 ID:???
>>116
巫女のコスプレした美祐紀さん

118 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/13 04:26 ID:???
今更ながら・・・
>>65のセリフ最高だな。
ツボにハマッて笑い続けちまった。
おかげで、その後のシーンが台無しになっちまったよ。
どうしてくれんだよ_| ̄|○
まぁ楽しんでるだけどね。進めてくれた人ありがとう。


119 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/13 05:00 ID:???
PS2版にキャストインタビューってあるんですか?
エンディング及びCGは全部集まったのに見れません。
用語集が1つ欠けてるのがマズイのかなー?
もし、これだったらどこにあるのか見当がつかないので厳しい・・・

>>118
めぐみルートでの「子供の頃に憧れた職業ってなんですか?」
云々ってやりとりも良かったですよ。
あとはネタバレになるので実際に確認してみてください。

120 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/13 06:29 ID:???

おまけモード押して、上を押すべし

121 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/13 09:23 ID:???
三重野亜未さん、ちょい疲れ気味?
作品中は凄い演技力だったけど、レビューでは脱力…

なんだろうねぇ?

122 :119:03/11/13 12:55 ID:???
青葉楓さん、相変わらず萌えです。

>>120
ありがとうございます!
しかし、なんで隠し要素なんでしょうね?

>>121
柳井さんも疲れ気味な感じがしました。
やはり用語集の収録で疲れたのでは?

123 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/13 21:27 ID:???
しそキムチマヨネーズの謎を追え!

124 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/14 02:35 ID:???
新しいおいしさの
しそキムチマヨネーズ

くせになりそう

125 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/14 15:49 ID:???
新しいおいしさである
しそキムチマヨネーズ味のポテチはどこで売っているのだろうか?

126 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/17 23:28 ID:???
しそキムチマヨネーズはネタ違いだったのか!?

127 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/18 00:57 ID:???
 PS2昇天のため、やっと始められました。
 OP、プログレ風?でいい感じ。
 そやけど、なんでみんな関東弁しゃべってはんねやろ、いややわ。
 一人くらい京都弁キャラ欲しかったかも。北斗南ならやれそう?

128 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/18 22:00 ID:???
>>127
あんさん時代錯誤もええ加減にせや。
今時の京都人が地元の方言喋るもんドレだけいよる?
まぁ、一人位おってもおかしかないが…。

129 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/18 22:02 ID:???
方言キャラ出すと使い方とかアクセントとかで大概ツッコミ入るからなぁ

130 :127:03/11/18 23:39 ID:???
>>128
 舞妓はんとか。確かそんなゲームあったな。
>>129
 ネイティブじゃなかったらよっぽど器用な人じゃないと難しいな。
 



131 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 02:29 ID:???
インタビューって、そのキャラにまつわるEND見れば出てくるんだね。
全クリしなきゃダメかと思ってたのでビックリ。

結構、難度高いですね。コレ。
7つほどEND見たけど、いまだにめぐみって誰?な状況w
たぶん彼女のセリフ聞いてないです。


132 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 23:05 ID:???
        幼馴染の宇佐観月は俺の着せ替え人形

 「兄様、あの…もしよかったら、今度の日曜、買い物につきあってもらえませんか?」
 授業が終わった後で、観月はそう言って頬をぽっと紅く染めた。黒髪の可憐な大和撫子。観月は、そうしているとまるでお人形のようだ。
 宇佐観月とは、幼馴染で、しかも俺が担任をするクラスの教え子でもあるが、今ではまあ、ただの教師と生徒…というよりはとても深く
 進んだ仲と言っていいだろう。
 そう、少なくとも、休日に二人きりで出歩いて、デートの後には必ず破廉恥なエッチがついてくる…という程度には。
 どのくらいの程度かと言うと、セックスでは俺の精液は必ず観月に中出しする。観月の得意技は巨乳を生かしたパイズリだし、
 アナルセックスすらも普通にしている。
 彼女の家に押し掛けて、清楚な巫女装束の観月をファックしたこともあるし、体育の授業後にブルマーを着たままや、水泳の授業後に
スクール水着のまま、彼女を犯したり、俺の下宿に呼び寄せて可愛い学校の制服を着たままの観月をファックしたこともある。
更に週末には二人きりで泊りがけの旅行をすることすらある。
 「兄様はコスプレが好きなの?」
 ブルマを着せた彼女とセックスした後、躊躇いがちに観月が尋ねてきたことがあった。
 俺は勿論、力強く肯定したので観月は呆れ果てたのか、もはや諦めの境地に達している。
 だがもっと凄い深い関係の証が有る。それは、観月の乳首には純金製の小さなピアスが縫い付けられていることだ。
 現役の女子高生でしかも生粋の巫女である観月。そんな彼女の乳首にピアスをこの俺が施したのである。教え子に手を出すどころか、
 背徳的なことをしているのは無論自覚している。
 俺の嗜好で、最愛の女性に乳首ピアスをしたいという想いを観月は理解して受け入れてくれているのだ。
 無論、このことは二人だけの秘密だ。

133 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 23:07 ID:???
「…今日は、何か買うものがあるの?」
 俺は訊いてみた。まあ、実際のところ目的なんて何でもいいので、要は二人で遊びに行くっていうことそれ自体が大事なのだ。
 いくら高校生だからと言って、勉強ばかりでは息が詰まってしまう。リフレッシュは大切だとも。精神的にも、身体的にも。
 「あっ…あのぅ…」
 観月は、そこで恥ずかしそうに口ごもった。
 「………」
 「え?」
 ほとんど聞こえない観月の声に耳をすませる。
 「水着…を…買いに行こうかと…」
 そこでたぶん、俺の顔は喜色満面になっていたに違いない。観月は、そんな俺の顔を見てますます赤くなって俯いた。
 …いかんいかん。

134 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 23:08 ID:???
「…前のが…もう…ちっちゃくなってしまったので…」
 雑踏のざわめきの中に消えてしまいそうな観月の言葉に、俺はこの前二人でプールに行った時のことを思い出していた。
 小さくなってしまった水着がきつくって、今にもはみ出しそうな胸を一所懸命に押さえながら恥ずかしそうに終始俯いていた観月。
 華奢な体のくせに出るところだけは出てしまって、そのくせ恥ずかしがり屋ときては確かにちょっと過酷かもしれない。
 俺にしてみればあれはあれで楽しかったのだが、観月にはだいぶ辛かったのだろう。ちなみに観月の胸のサイズは、
 昨年は82センチのDカップだったが、今では86センチのEカップだ。俺が最近、直に手で計測してやったのだから間違いない。
 「それじゃ、俺に選ばせてよ」
 「え。…えぇ?」
 観月は真っ赤になった。
 水着を買いに行くと言ってわざわざ男を誘うくらいだから、観月にだってそのつもりが全く無かったとは言えないはずだ。
 おっとりしているようでいて、その辺はしっかり女の子なのだ。
 しかし、さすがにそこまではっきり、いきなり言われると恥ずかしいらしい。それに、俺の選ぶ水着というのがどういうものになるか、
 薄々は想像がついたのだろう。
 「大丈夫、大丈夫。ちゃんと観月に似合うの探すからさ。サイズも覚えているしね」
 けれど、俺がにこやかに微笑いながらそう言うと、もう観月はそれ以上抵抗することができない。
 「…あの…あんまり、エッチなのは…嫌ですよ…」
 それでも観月は、やっとのことでそれだけは、言った。

135 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/19 23:09 ID:???
そろそろシーズンも終わりに近いので、水着売り場はそんなに混んでいなかった。ゆっくり試着する余裕がありそうだ。
 このデパートでは、カップル専用試着室というのを設置していて、それがこの夏の売り物なのだった。
 もちろん、別に一緒に着替えるわけじゃない。水着を着てみた女の子の姿を男がじっくり見て選ぶ参考にするという、
 しごく当然のことを当然のようにやりやすくしただけで、こういうサービスならもちろん大歓迎なのだった。
 さて、嬉々として水着を選びまくる俺の姿というのは、後になって落ち着いて考えれば少々異様というものだったかもしれない。
 だがしかし、観月の方からこんなことを申し出てくるなどという千載一遇の機会を逃すなどというのはあまりにも勿体ないではないか。
 観月は、そんな俺の様子を、半ば呆れ返り、半ば恥ずかしそうに窺っているしかなかった。
 やがて、両手に色とりどりの水着を何種類も抱えて目の前に差し出した俺を、観月は今度こそ呆れ返り全開の瞳で見るのだった。


136 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 04:47 ID:???
>>131
過去ログ見てわかってると思いますが、
条件満たさないとめぐみは攻略できないんですよね。
めぐみ攻略はPC版より随分面倒になってました。

>>132〜135
水着売り場で暴走するショウちゃんセンセw

ぜひ続きを!!

137 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 07:32 ID:???
>>136
続きはエロゲ板のメーカースレにうぷされてあったよ。
21サイ イジョウナラ オイデ......

138 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:16 ID:???
「…あの、これ…全部、着るんですか?」
 もちろん、言われるまでもなく、ちょっと多すぎたかな程度のことはいくら俺だって思ってはいるのである。だからと言って、
 ここで引き下がったら本当の馬鹿みたいではないか。どうせやるならば馬鹿を極めてみるというのが漢というものだ。
 「当然!…だって、いろいろ着てみなくっちゃ観月にどれが似合うかわからないじゃない?」
 もちろん、屁理屈だ。だが、屁理屈だって理屈のうちだ。
 「そ…そうですけど…」
 それでも恥ずかしがる観月を、俺は引きずるように試着室に連れていく。
 ついには観月も、諦めたのか決心がついたのか、何種類もの水着を抱えてカーテンを閉めた。
 

139 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:18 ID:???
カーテン一枚向こうで彼女が着替えているというのは、結構楽しい時間だ。微妙な衣擦れの音がさらさらとカーテン越しに聞こえる。
 さすがにシルエットが浮かぶようなことはないが、微かな音からその光景を想像するには充分だ。
 さすがに、いきなりカーテンを開けて現場を押さえるのだけは思いとどまった。お楽しみはできるだけ長引かせるのがいい。
 俺は、大人しく観月が着替え終わるのを待った。…俺は、自分が選んだ水着を思い出してほくそ笑む。観月は着替えるのが決して
 早い方ではないけれども、たぶん待たされるだけのことはあるはずだ。
 まず観月が身につけて現れたのは、大胆すぎるほどに大胆な超ビキニだった。真紅一色のマイクロビキニで、急角度のハイレグの
 切れ込みに、Tバック同然のバックもなかなかではあったが、それよりも瞬間的に俺の目を魅きつけるのはやはりトップだった。
 三角形の布切れを二つ紐で繋いだだけ…というのはビキニの定番だが、その布地の節約ぶりはこの省エネ時代に相応しいものだった。
 どちらかといえば底辺の方が広い、横長の三角形は、乳首とその周辺をようやく辛うじて覆っているだけに過ぎない。
 観月の豊かにして膨らみ、張りのある巨大な乳房を覆うには到底面積が足りなかった。
 ハミ乳なんて可愛らしいものではない。たっぷりした下乳の丸みも鮮やかにビキニの下からはみ出している。
 そんな状態でもまるで垂れたという感じはなくて、ぷりぷりした弾力のありそうな乳房の感触さえ感じさせるような丸みを
 綺麗に保って、真っ白な眩しさの中に静脈が浮かび、今にも飛び出しそうに上向きにつんと張り切っているところが最高だ。


140 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:20 ID:???

 「あ、あの…おかしく、ないですか?兄様…おかしいですよね、やっぱり…」
 「…いいや、全然」
 俺はそう言って、観月の胸に手を伸ばした。
 「きゃっ…」
 大きな声をあげそうになって、観月は慌てて口を押さえた。俺は、観月の恥らう表情に欲望を掻きたてられるのを感じながら、
 そのたわわな下乳をさすった。敏感な胸をぷるんぷるん揺らしながら、観月は身を竦めて必死にくすぐったいような快感に耐えている。
 「ひゃぁんっ…あっ…あんっ!」
 観月の押し殺した可愛い喘ぎ声が気持ちいい。身じろぎする弾みで、小さいブラから観月のオッパイがますますはみ出してきていた。
 俺は、さらに調子に乗ってはみ出した下乳を撫で上げる。

 「ひっ…、あ、あぁっ…!」
 観月は、懸命に唇を押さえて声の出るのを我慢しようとする。その真っ赤になった表情があんまり可愛いもんだから、
 俺もついその柔らかい乳房にかける指に力を込めてしまう。
 「あっ…だ、だめっ…だめです…兄様」
 はみ出した下乳を揉み上げるようにまさぐる。乳房が敏感な観月はそれだけで立っているのも辛いように俺に体を預けてくる。
 水着に包まれた量感たっぷりの尻が、俺の股間に当たって、それを気にするように観月はもぞもぞと腰を捻った。
 そう、もともと小さめの水着を選んでいるうえに、感じてしまった観月がもじもじするものだから、たちまち観月の乳房は水着から
 はみ出してしまう。乳房それ自体の圧力に押されるように、可愛いピンクの乳首が純金製の小さなピアスとともにぷるんと
 震えながら水着のカップを吹き飛ばすようにこぼれ出た。

141 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:21 ID:???
「きゃんっ…」
 今さら俺に乳首を見られるくらいで慌てふためくこともないだろうに、観月は顔を真っ赤にして慌てて乳首ピアスの輝く胸を
 押さえるのだった。
 「や、やっぱり…ちょっとこれ、小さいみたい…です…」
 そんなわかりきったことを言って、観月は全身真っ赤になって身を竦めた。…なぁに大丈夫、まだまだ試着する水着はたくさん
 残っているのだ。

142 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:23 ID:???
「じゃ、次はこれ」
 俺に手渡された水着を持って、観月は逆らう気力もなさそうに試着室に飛び込んだ。もしかしたら、どんな水着でもあれよりは
 ましだと思っているのかもしれないけれども…さて、それはどうだろう?
 ようやく試着室から姿を見せた観月は、さっきの超ビキニを着た時よりもまだ恥ずかしそうにしていた。
 そう、その上半身だけを見れば、それは普通の水着だ。観月の巨乳も半分以上はカップの中に収まって、胸の間の切れ込みこそ
 深いけれどもそれほど羞恥を誘うところはない。
 しかし、問題なのは下半身の方だ。V字などという生易しいものじゃない、ほとんどIに近い形を示して切れあがり、今にも股間に
 食い込みそうなほどの極端なハイレグカット。パイパンでもない限り、股間のお手入れなしには到底着られる代物ではない。
 ちょっと意外なことに、それだけのハイレグにも関わらず、きっちりと処理された観月の食い込みからは毛の一本もハミ出しては
 いなかった。
 「ふうん、ちゃんと処理してるんだ…。もしかして、こういう水着着るかもって、期待してた?」
 「き、期待なんてしてませんっ!」
 わざわざ観月の前にしゃがみ込んで、股間のハミ出しを点検する俺を見下ろして、観月は例によって真っ赤になって俯いている。
 「…あ、でも、…予想は、…したかも…」
 そういうことをわざわざ言っちゃうところが観月の可愛いところだ。
 あんまり可愛いからつい苛めたくなってしまうというのが男の哀しいサガというもので、俺は観月の下腹に手を伸ばし、
 食い込みかけた水着を絞るように掴むと思い切りぐいっと引き上げた。
 「きゃぁっ…」
 思わず悲鳴をあげかえて、観月は慌てて手を口で押さえる。それをいいことに、俺はさらにぐりぐりと、今度は捻るような動きを
 加えて、水着を観月の秘裂に食い込ませていくのだ。
 「あっ…だ、だめですっ…」

143 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:25 ID:???
しかし、必死に腰をよじる努力もむなしく、絞り上げられた水着は観月の股間に食い込んでいってしまう。さっきの水着で俺に
 触れられて、ただでさえ観月の秘裂はいずれ俺を迎え入れるための態勢を整えかけていたのだ。
 もともと細い股布を絞り上げられた上に引っ張り上げられれば、その裂け目に布が食い込んで無惨に形を曝してしまうのは
 当然の結果だった。
 「だめっ…だめですっってばぁ…」
 食い込み具合を観察するために俺が股間を覗き込むと、観月は泣き声に近い声を絞り出している。
 観月の淫裂は、とうに水着からハミ出してその姿を見せていた。薄い秘毛が、それでもところどころ水着に挟まって、
 どこか痛々しくさえある。俺は、さらに水着をずらしてそこを露出させた。
 「あっ…いやっ…あぁっ…あんんっ…」
 ずれた水着がクリトリスに直接あたって、観月は切ない悲鳴を上げる。
 「どんな具合かな?…よく点検しておかないとね」
 空っとぼけたことを言いながら、俺は観月の股間に手を伸ばした。むっちりした太腿にまで今にも流れていきそうな愛液が、
 肉襞に溜まって溢れそうになっているのがわかる。太腿もいいけれど、食い込んだおかげでほとんど丸出しに近くなってしまっている
 ちょっと大きめのお尻もまた魅力的だ。俺は、そっと掌を広げてその尻肉を撫でた。
 「ひゃぁっ…あんっ…だっ…だめっ…あぁぁっ…」
 腰が砕けかかる観月を支えるように、俺は尻からなぞるように手を股間にもっていく。剥きだしになった秘肉に指が触れ、
 淫裂に割り込むように指が水着を押さえてしまうと、とうとう観月は立っていられなくなってしまった。
 「あぁっ…も、もうっ…だめぇ…」

144 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:26 ID:???
「それじゃ、さ…」
 俺は、座り込んでしまった観月の前にズボンから引っ張りだした肉棒を突き出した。さっきからの観月のエッチな水着姿に、
 それはもちろん元気一杯の姿を曝している。
 「…先に、抜いちゃってくれないかなぁ…?」
 「えっ…」
 観月は、逸物に目を凝らしてじっと見つめたまま固まっている。
 それを咥えるのも初めてではないけれど、それはさすがに二人きり、邪魔の入らない場所でのことだ。デパートの売場、しかも
 壁一つや二つ隔てたところでは別のカップルがキャアキャア言いながら水着を選んでいる声さえ聞こえるような場所でそんなことまで
 させられるとは、いくら何でも思ってもいなかったに違いない。
 学校で制服のままの観月とセックスしたこともあったが、それはちゃんと施錠して二人きりであることを確保した空間でだけだった。
 「…ね?」
 それでも、俺が声をかけると、観月は素直に突き出された肉棒を口にしてくれる。本当に観月は、素直ないい娘だ。
 何度も練習してだいぶ上手になったフェラチオで、観月は俺に奉仕する。先端から半分くらいまで口に入れながら、両手を添えて
 丁寧に肉棒の付け根をさする。
 上から見下ろすと、咥えたまま緩やかに動く頭の向こうに、ほとんど剥きだしに近い背中とかなりはみ出してむっちりとした質感を
 露にした尻が蠢いているのだ。
 「あむっ…あんっ…ふむぅっ…」
 知らず知らずのうちに欲情に任せて深く咥えてくる観月の舌戯に、俺は今日最初の射精をプレゼントしてやった。


145 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:28 ID:???
「んっ…!」
 本当に出されてしまうとは思っていたのだろうか。観月は目を白黒させながら、なんとか咥えた肉棒を離さずに済んだ。
 ここで周りをザーメンまみれにするわけにはいかないと、そういう心配が先に立ってしまう娘だ。
 「うっ…あふっ…」
 少しむせながら、それでも観月は口の中に溢れた俺の精液をいつもの様にきちんと一滴も残さずに飲み干していた。
 「…それじゃ、次はこれね」
 「ま…まだ、あるんですか?…」
 観月は力なく肩を落としながら、俺に渡された水着を素直に受け取る。
 「そりゃそうだよ。まだまだ、観月にいちばん似合う水着がどれなのかわかんないしね」
 ふらふらしながら試着室のカーテンを閉める観月を、俺は心から可愛いと思った。

146 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:29 ID:???
「…あ、あの…いくらなんでもこれはちょっと…」
 脚を、腰を、もじもじと震わせて、太腿を擦り合わせるような内股で姿を現した観月を見て、俺は思わず会心の笑みを洩らした。
 水着は白。もちろん、近頃出てきた『透けない素材』などという野暮なものではない。濡れてしまえば容赦なく透ける。
 ましてや、サポーターだの何だのという、水着の下に着けるような邪道なものは一切着けさせなかったから、赤外線などの助けを
 借りずともここに至るまでの過程ですっかり鬱血した観月の乳首はピアスと一緒にくっきりと透けて見えた。
 見えるばかりじゃない。ぴったりと体に張りついた少し小さめの水着は、乳首とピアスの形までもはっきりと浮かび上がらせて
 しまっている。
 俺の視線に気付いて、観月は慌てて腕で胸を隠した。
 しかし、この水着のミソは必ずしも乳首の箇所が透けるところにあるわけではない。胸を隠すだけではまさしく、頭隠して何とやら
 という奴を地でいくだけの話になってしまうのだ。
 俺は、水着の股間部分に指をもっていった。さすがにその部分だけは二重になっているので、そのままでは透けて見えるということは
 ない。しかし…

 「あんっ…あっ…だめっ…」
 俺の指が水着の上から股間を嬲り出す。二重になっていると言ってもそれほど厚い生地ではない。俺の指先の刺激は観月の淫肉に
 まともに伝わっていくのだ。
 「やっ…だめ…だめですってばぁ…」
 俺の指の動きに、さっきから焦らすような責めを受け続けてきた観月の秘裂は耐えようもなく愛蜜をたれ流し始めていた。
 水着は白。しかも、その下にサポーターの類をつけさせてはいない。
 その結果どういうことが起きるのかといえば、そう、容易に想像できるところである。


147 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:30 ID:???
「…透けてるよ」
 俺は、観月の耳元で囁いた。俺の指責めを半ば陶然としながら受けとめ、俺に背中を預けるように脱力しかけていた観月は、
 その言葉に目を見開いていた。
 「…や、やぁんっ…!」
 観月の正面、試着室の姿見に、その痴態はもはや余すところなく映し出されている。内側から漏れた淫液のために白い水着は
 きれいに透き通り、淫らなまでに濡れそぼつ観月の淫裂の形も色も鮮やかに浮かび上がらせてしまっていた。
 張り詰めた乳房の先で大きくなった乳首さえ、水着を突き破らんばかりの勢いでくっきりとその形を露わにしていた。
 勿論、乳首のピアスも言うまでも無く存在を主張して浮き上がってしまっていた。
 「い、いやっ…」
 観月は、羞恥に身をよじり逃れようとする。けれど、俺は背後からその体をしっかりと押さえつけて離しはしない。
 「だめだよ。…観月のエッチな姿、ちゃんと見なきゃ」
 「い、いやぁん…」
 「ほら、ちゃんと見て…」
 俺は、いやらしく透けた秘肉をさらに際立たせるように、ハイレグ気味の水着を絞り込むように引き上げた。
 「やっ…やぁっ…あんっ!」

148 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:31 ID:???
たまらず観月が身を捩るに合わせて、股布が秘裂に食い込んでいく。
 「こんなにしちゃって、どうしたのかなぁ?」
 水着の隙間から、蕩けた秘肉が顔を出してしまう。俺は、観月の顎を支えて、鏡の正面に顔を向けさせた。
 「ほら。…観月のアソコ、あんなにエッチに濡れちゃってるよ…」
 耳元で囁くと、観月は自分の痴態から目を反らすこともできずに腰を震わせる。観月のお尻には、さっきから勃起したままの肉棒が
 当たっている。それを意識から消すこともできず、観月は襲ってくる淫らな欲望に全身を委ねていく。

 「オッパイも・・・」
 俺は、その豊乳を水着の上から揉みあげた。白い水着の中から、固く勃起して飛び出した乳首の形がはっきりと浮かび上がっている。
 水着越しに乳首を指でピアスと共に摘んで転がすと、観月は押し殺した小さな悲鳴を上げた。
 「…こんなにしちゃったら、もう我慢できないんじゃない?」
 「…あっ…あぁっ…だめっ…だめですっ…」
 それでもまだ、観月は鏡の中のエッチな自分に目を凝らしたまま首を振った。
 「ほんとに?…我慢できる?」

149 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 12:32 ID:???
俺は、観月の剥き出しにされかかった淫唇に指をあてがった。
 「ひ、ひぃっ…だ、…だめですってばぁっ…あ、あぁんっ…そんなっ…」
 鏡の中の自分を見る観月の瞳がだんだんとぼやけてきているようだ。震える脚も、腰も、もう体を支えるのがやっとだ。
 俺は、食い込んだ水着をもう一度思いきり引き上げた。細く搾られた股布が、観月の膨らんだクリトリスを強烈に擦る。
 「ひゃぁっ…!…あぁっ…あっ…も、もうっ…だめぇっ…」
 「…ほら、我慢できないんだろ?」
 「は、はいっ…お願いっ…お願いしますっ…挿れてっ…」
 観月は目を閉じて、股間を嬲る俺の手に指を添えた。
 「…もう、我慢、できないっ…挿れてくださいっ…兄様が…兄様が欲しいですっ…」
 ついに観月の口から、そんな言葉がこぼれた。俺は、股間を搾る水着をずらし、観月の濡れそぼつ淫裂を露にする。
 そして、観月を試着室に押し込んで壁に手をついて体を支えさせ、いくぶん後ろに突き出させた尻の下の、今にも愛蜜が
 滴り落ちそうな隙間から、観月の痴態を嬲るうちに限界まで滾りきっていた肉棒を挿入していった。


150 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 15:52 ID:???
「あぁっ…んっ…あぁぁっ…!」
 堪えようとしても堪え切れない声が、観月の喉をこぼれてくる。俺は、水着から半分以上もはみ出した尻に叩きつけるように
 後ろから腰をぶつけ、淫襞を抉った。
 「あぁぁっ…あんっ…いっ…いいっ…あぁっ…だめぇっ…声っ…声、出ちゃいますっ…あぁっ…兄様っ…!」
 俺は、試着室に置き去りにされるように、きちんと畳まれていちばん上に置いてあったパンティを咄嗟に手にとった。
 「ひゃっ…あぐっ…」
 自分の下着を口に押し込まれて観月は目を白黒させていたが、すぐにそれを噛みしめて真っ赤になった顔を俯かせた。
 ようやくそれで、思い切り心行くまで楽しむことができる。俺は観月の腰に手を回し、水着の肩紐をずらして柔らかい乳房を
 剥き出しにさせた。華奢な身体にも関わらず立派に成長した観月の乳房は、俺をとことん魅了して止まない。


151 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 15:52 ID:???
「んっ…んくっ…んっ…!」
 俺よりも頭一つ背の低い観月とそうして立ったまま繋がると、爪先立ちで腰が浮いたようになって、観月の腰それ自体の重みで
 より深い挿入感が得られる。
 露出させた乳房を揉み絞りながら支える手につい力がこもるたびに観月の洩らす切ない声が、蕩けた肉襞の流すあさましい
 ぴちゃぴちゃという音、
 そして俺の腰が熟した尻肉を叩く音と合わさって、くぐもった淫らな音になる。外まで聞こえるようなことはそうそうないはずだが、
 頭の中でこだまするその音は、観月にいっそう切ない思いをさせているようだった。
 「んんっ…んぁっ…んぁぁぁぁっ…!」
 体の奥まで深く繋がっているような感覚に包まれながら、肉棒の先端が観月の子宮口まで届くほどに深く激しく突き刺さる。
 観月の足腰が体を支えきれなくなって崩れそうになるたびに、膝を使って押し上げるような俺の突き上げが、観月と俺の快感を
 いちばん深いところで高めていくのだ。
 「んんぁっ…んんっ…んぐっぅぅっ!」
 観月は、長い髪を激しく揺らして腰をがくがく震わせながら達していた。
 俺も観月の慎み深いヴァギナにありったけの精液を吐き出し、同時に果てた。


152 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/20 15:53 ID:???
「…どうするんですか、これ?…」
 観月は、全裸のまま試着室にしゃがみ込み、股間にべっとりと染みのついた水着を見て途方に暮れたように言った。
 「よぉし、この際だから全部買っちゃおうっ!」
 「ええ?」
 観月はびっくりして俺を見る。…もとより、最初からそのつもりで貯金を下ろしていたなんてことはこの場合内緒だ。
 「その代わり」
 「…な、なんですか…」
 「また、着てみてよね。…二人きりの時だけでいいからさ」
 観月は、色白の肌を面白いように真っ赤に染めるのだ。
 「…なんだか、わたし…随分と酷いことをされたような気がするんですけど…」
 「…酷いこと?…どこが?…」
 俺は観月の乳首ピアスを弄りつつ答えるが、これはエッチの後のまどろみで習慣になっている。
 そうしてやると、ますます観月は頬を染め上げて俯いてしまう。
 「そ、それは………羞恥プレイ、とか………」
 お互いの体液で濡れた観月の身体を拭いてやると、笑って俺は断言した。
 「このくらいが羞恥プレイに入るものかよ。こんな大胆水着を着せた上で真夏の海水浴場に連れ出すくらいのことをしなくては
 羞恥プレイだなんて呼べるものではあるまい?」
 「…(ふらっ)…」
 「…こら、寝るな。」

                  終わり


153 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/21 04:10 ID:???
おー、素晴らしい。
気が向いたらまた書いてください。

154 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/21 06:33 ID:???
ここは年齢制限禁止でつ…。

155 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/22 21:38 ID:fRb5oiNR
 今さら攻略についてですが。
 沙雪の一回目は「運命のブローチ」にしかならない。
 過去編、めぐみ以外のキャラクリア後にハッピー・エンドが見られる
 で正しいですか?
 

156 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/23 05:01 ID:???
>155
PC版は1回目が必ず「運命のブローチ」だった。
しかし、PS2版だと新エンドにもいける。
あとは正しいと思う。

157 :155:03/11/23 08:38 ID:6X3LpR/x
 PC版では、2回目でEND4に行けると攻略サイトにあったので
散々悩みました。
 あと、茶店での理乃の邪馬台国のウンチクを最後まで聞くか聞かな
いかの選択肢はなんかのフラグに関わりますか?

158 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/24 22:02 ID:???
しそキムチマヨネーズはどこにある!?

159 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/25 00:19 ID:???
>>158
それって小説ネタだろ

160 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/25 21:00 ID:???
このゲームはやったことはないが声優陣って誰がいるの?

161 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/27 23:37 ID:???
めぐみタンルートにどうしても行けないんですが
誰か助けてください。
砂雪か観月ルートに行ってしまいます。

162 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/27 23:42 ID:???
過去編は見たのか?

163 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 02:25 ID:???
>>162
まだです。。
それを見てからでしょうか?

164 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 03:13 ID:???
>163
yes
過去編見てからじゃないと、ダメにょ
過去編は最初からはじめるで選べるけれど、
その為には、他キャラのENDを一通り見ないとダメなようですよ?


165 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 03:18 ID:???
>>160
PONさんとか乃田あす実さんとか。
別名だけど。

166 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 04:24 ID:???
沙雪の中の人が、
「PCの時に最後って言ったけど、また帰ってきますた」
って言ってたのも、別名使っていて、この名前では最後のハズだったけど。
って意味合いでOKなんかいな?

声優さんのことはサパーリわからん。


167 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/28 21:19 ID:???
>>166
そういう意味合い。
だって今もバリバリ仕事してるし。
沙雪声ファンの人は、乃田さんをチェックすべし。

168 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/29 00:07 ID:???
>>164
どうもです。
めぐみタンルート行けました。
普通に萌えました。



169 :166:03/11/29 03:36 ID:???
>167
ありがと
気に入ったので探してみまつw

170 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/29 21:48 ID:???
こんなスレッド、ageてやて

171 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 05:03 ID:???
月読学園の制服っていいよなあ。
ああいう白っぽい制服って現実にはないんかな?
オーバーロングニーに横ラインもいい。

172 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 07:30 ID:???
濡れは観月の足元が好きだ。

173 :名無しくん、、、好きです。。。:03/11/30 22:25 ID:???
壁紙&スクリーンセーバー集 ってどんな内容?ゲームのCGが壁紙になってたりするだけ?
持ってる人教えて

174 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 02:12 ID:???
>>173
ゲームのCGだけではなくて、予約特典のテレカ画像やPS2のパッケージ画像も有りです。

175 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 03:50 ID:???
          沙雪はどっちでも好きだから

 ラブホテルの一室に籠ってすぐさま、俺たちは纏っていたものを脱ぎ捨てて、生まれたままの姿になる。
 抱きあってのキスも早々に、沙雪がベッドに身を投げだして、うつぶせになった。
 いつものように俺は、沙雪の後ろの窄まりにローションを擦り込む。
 言葉はないものの、沙雪は気持ちよさような表情でアヌスへの愛撫を喜んでいる。
 ぬるぬるになったその穴に、人指し指を第一関節まで挿し入れてみた。

「あっ、はっ、はあん」

 彼女の口から快楽が甘い声となって漏れ出てくる。後ろの入り口がきゅっときつく関節を締めつけて、指先に触れる中の壁は
にゅるにゅると蠢動している。
 普通なら、このままさらに指を進めていくところだが、今日はとっておきのものがその役目を担うことになっている。だから
俺は、すっと指を引き抜いてしまう。

「え、あ、お兄ちゃん? な、なんで」
「今日はね、いいものがあるんだ」

176 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 03:51 ID:???
 両手両足で這ったまま振り向いて、けげんそうな顏をする沙雪に、俺はにっこりと笑みを返す。そして、持参した袋から、
今日の主役を取り出した。
 それはアナルビーズ。お尻の穴でされるのが大好きな沙雪が、きっと気に入ってくれるはずのもの。
 それなのに沙雪は、見慣れないこれを見て、びくっと縮こまってしまった。

「な、なに、それ?」
「まあまあ、俺に任せて」

 にこにこしながら俺は、先頭にあるビーズに、たっぷりとローションをつける。それを指で摘むと、肛門にぴったりと宛がう。

「ふ、あ、な、なに、へ、変な感じ」

 指でもペニスでもない初めての物体。純粋な球面の感蝕に沙雪はとまどっている。でもその声に、未知なものが与えてくれる
快感への期待が混じっているのを、俺の耳はしっかりと聞き取っていた。
 菊花を塞いだビーズ玉を、指先で押す。
 穴が広がり、玉が埋もれていく。直径の部分が肛口に入ろうというところで、

「ひゃはっ」

177 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 03:52 ID:???
 短い叫びが上がった。そのときに筋肉が緩み、すっと玉が腸に入ってしまう。

「あ、ああ、それ、入ったの、それ、変だよお」

 ぷるぷるとお尻が揺れる。俺のペニスを易々と受け入れる沙雪のアナルが、二センチ程の大きさの玉に衝撃を受けている。
入り口は閉じられたのに、腸内には固い無機質な球がしっかりと体積を占めているのだから、当然かもしれない。
 ふと見ると、窄まりからビーズが顏をのぞかせていた。動物としての本能が異物を排出しようとしている。

「だめだよ」

 すぐに俺は指で、ビーズを中に押し戻す。

「あう、だ、だって、あくう」
「気持ちいいはずだよ。もっと素直にお尻の穴の中で感じて」

 少し深く押し込んでおく。そしてチェーンでつながる次の玉をまた湿らせてから、アヌスに触れさせる。

「まだまだ、あるからね」
「へ。あ、そ、そんなの、これ、これだけで……あああっ」

 二個目が沙雪の中にうずまった。

「あひっ、あ、ああっ、ごりごり、して、くふっ」

178 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 03:53 ID:???
 ようやく慣れてきたのか、入ったばかりの玉を排出する気配はない。たどたどしく言葉を発する彼女の表情を見れば、ビーズで
感じる快感を堪能しているのがわかる。
 あとはもうスムーズに、残ったビーズを次々に腸内へ押し込めてしまった。玉を呑み込むたびに、沙雪はうっとりとなって
嬌声をあげ、アヌスをひくひくさせて喜んでいる。
 全てを受け入れた沙雪のヒップが高々と掲げられた。
 綺麗なカーブを持つ魅力的なこのお尻が、たっぷりとビーズを呑み込んでいるなんてとても見えない。それを示しているのは、
尻穴からはみ出たチェーンだけだ。

「どう、お尻にビーズ入れられて」
「あん、い、いいわ、お兄ちゃん。お尻の中でごりごりと動いて、これ、いい、あっふう」
「それはよかった。じゃあ」

 俺はチェーンを吐き出している窄まりに向かいあうと、ふっくらとした尻房を掴んだ。そして、房をぐるぐると大きく回して
腸腔を外から変形させる。ビーズを動かすだけが腸に刺激を与える手段じゃない。こんな方法もある。

「ふ、ふわっ、き、ひい、お兄ちゃん、それ、そんなこと、お、あ、きつい、いいああ」

 ぐちゃぐちゃとビーズにかき混ぜられて沙雪は感極まっている。涙と悲鳴がひっきりなしに流れてくる。
 中を程々に弄んでから、今度はチェーンをちゃらちゃらと揺らせて、閉じている皺皺をくすぐる。

「やはっ、で、出ちゃう、漏れちゃう」

179 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 03:54 ID:???
 ひくひくと窄まりが痙攣する。気を抜けばビーズを出してしまうのだろう。入り口への刺激はかなり効く。
 出させては元も子もない。慎重に、出るか出ないかというところを見極めつつ、沙雪をいたぶって楽しむ。
 しばらく沙雪のお尻で遊んでいたが、あくまでもこれは前座。本番はこれからだ。

「さて、そろそろ俺のモノも味わってね」
「へ? あ、あの、お、お兄ちゃん?」

 ビーズからの悦楽にうっとりしていた沙雪は、ペニスの先が膣口に宛がわれているのに、ようやく気づいた。

「や、今、お尻にあるのに、う、あっ、ああああっ」

 問答無用で俺は、ペニスを膣へと打ち込んだ。

「ひいいいっ」

 沙雪が啼く。そして僕は、

「うわ、すごっ」

 初めての感蝕に、思わず腰をぶるっと震わせてしまった。
 壁の肉一枚の隣に、ごりごりした玉の感蝕がある。しかも、それがいくつも連なってペニスを圧迫してくる。
 細かな襞々の擽りとは違う大味なそれが、亀頭にもカリにも、棹にもぶつかってきて肉棒全体に途方もない快楽パルスが
びりびりと流れる。

180 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 03:56 ID:???
「いいよっ、沙雪のが、お尻にあるのが、俺のをっ」
「あーっ、ああっ。お、お兄ちゃん、も?」
「ああ。玉がぶつかって、すごいよ」
「わ、私も、前にお兄ちゃんのが、がはっ、後ろ、こりっと、いっぱい、いっぱい入ってるう」

 絶叫した沙雪が腰をひくつかせている。俺は彼女の腰をしっかりと抱くと、肉棒の抜き差しを開始する。
 ペニスの先で、子宮だけでなく裏にある玉のでっぱりをも小突く。普段なら止まるところでないところで止まった亀頭が
その膣壁を初めて叩く。振動がアナルに伝播して、ヒップの肉がわなないている。もちろん膣もペニスから快楽を受け取って、
沙雪の全身を蕩けさせている。それはいつもとは違うリズムの抽送になって、沙雪を狂わせる。いつしか彼女も、肉壁を俺の
ペニスへぶつけるように腰を淫らに振っていた。

 沙雪がペニスからの享楽に耽っているのを見て、俺はにやりと笑う。
 チェーンを指で摘み、軽く引っ張ってみる。

「うふっ、ひ、ああん」

 今の刺激がどこから来たのか、ずっと腰を動かしっぱなしの沙雪がわかるはずもない。でも俺は、ビーズがアナルにどれほど
銜え込まれているか、はっきりとわかった。
 抽送の勢いを増す。新たな衝撃に、惚けた声を沙雪が垂らした瞬間を狙って、チェーンをぐいっと引っ張り抜いた。
当然その先にあるものも引っ張られ、ぽんという音がしそうなほど勢いよく玉が排出された。

「あひいいっ、いあっ」

181 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 04:12 ID:???
沙雪の前後移動がストップして、頭を仰け反らせてびくんびくんと身悶える。ビーズの放出はそれだけ鮮烈だったのだろう。
膣の締まりも半端じゃなかったが、俺は腰に力を入れてなんとか踏み止まった。

「ふふ。どう、外に出すのは?」
「き、きつ、あ、きゃ、ああっ」

 返事を聞くより先に腰の抽送を再開している。過敏になった腸壁を、膣側から突いて責める。
 面白いことに、数が減ったことで、腸での玉の位置が再調整されているようだ。ごろごろと腸を下っていくのが感じ取れて、
それが俺を興奮させる。
 沙雪の息と後ろの具合が整ってきたところで、もう一個、玉を抜いた。

「ぐぅ、はあっ」

 さすがに最初ほどの刺激はなかったようだ。
 しかしよく見ると、窄まりが妖しくひくついている。玉をひりだすことで本来の役を思い出してきたに違いない。
 すかさず指を伸ばそうとすると、

「ひっ、やあっ。だめ、触っちゃ、だめ」
「どうしたの?」
「だめ、だめだめ、おかしくなっちゃうの」

 小刻みに揺れるアヌスは、そのままさらに排出してもおかしくない気配だ。
 弄られたら実際にそうなってしまうと、沙雪は恐れている。
 俺もそこまでする気はない。改めてヒップを抱え、ただひたすらに前の穴の感蝕を楽しむことにする。

「はうっ、あ、ああっ、お兄ちゃん、わたし、わたしは」

 直線的な動きで、ペニスが秘筒を通り抜ける。
 沙雪が悦楽の声を放つたびに、綺麗な黒髪が揺れて汗が散り、かぐわしい香りが広がってくる。沙雪の香りを嗅いで
俺のペニスはさらに猛猛しくなって、いっそう荒々しく彼女の肉穴を抉り、啼き声を上げさせた。

182 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 04:13 ID:???
そろそろ限界が近づいてきた俺は、チェーンをしっかりと握ると、ぱんぱんと勢いよく腰を打ちつけて沙雪を攻めたてる。

「ひいっ、も、もうだめ、お兄ちゃん、私、先に、あ、イッ、ちゃ」
「まだ、俺も、もうすぐ」

 同時、いや、沙雪を先にイカせるべく最大速度で腰を抽送させた。スピードについていけない肉襞が、ぶるぶると蠢動する。
 まるで大津波の前の海のように、沙雪の口から音が消え、肉の打つ音だけになる。時は満ちた。
 腰を引いて一呼吸置き、これでイクんだとばかりに鋭くせり出して子宮をズシンと突き揺さぶった。

「ひっ」

 沙雪が絶頂を迎えるその瞬間にチェーンをぐいっと引っ張り、残った三つを一気に抜き出す。

「くはあ、で、でるでる、出ちゃうのおおおおお」

 ずぶずぶという粘着音を鳴らして次々に肛門からビーズが落ちていく。
 さらにビーズを追って、ぐちゃぐちゃした液が排出された。
 沙雪の腸液だ。何度もアナルセックスをして、ペニスで感じることはあったけど、目にするのは初めて。
 綺麗にしているだけあって、便の混ざることのない体液。それが穴を、房のあわいを、べとべとにしていく。
 腸液の噴射に呼応して、前の穴に愛液がどばっと溢れてくる。

「うおっ」

 肉棒全体が熱液に浸されるのを感じて、俺も熱い精の滾りを沙雪の膣奥に放出する。

「ひいっ、お兄ちゃん、お兄ちゃあん」

 叫ぶ彼女の肉襞が俺のモノを締め込んでくる。ありったけの思いを込めて、俺は溜まっていた全てを彼女へ注ぎ込む。
 沙雪は、前後の穴から肉汁を漏らしつつ俺の精液を貪って、歓喜に全身を蠢かせていた。


183 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/01 04:14 ID:???
 長く続いた至福の時間もやっと終わり、俺たちはベッドで休んでいる。

「も、もう……私、死んじゃうかと思ったよ、お兄ちゃん」
「ははは、それだけよかったということでしょ。ビーズ入れられて」

 俺の言葉に沙雪は、うなずくようにして頭を下げてしまった。
「う、うん。でも、やっぱり後ろも、お兄ちゃんのモノでしてもらうほうが、いいかな」
 顏を隠して小さな声で囁く。その姿が愛らしくて、そのまま俺は彼女の体を抱きすくめた。

「あ……」
「それなら今度は後ろで、もっともっと気持ちよくしてあげるよ」
「うん。お願い」

 返事を耳に吹き込むと、沙雪は顏を上げてくれた。
 視線が交差する。柔らかな彼女の唇を、俺のそれで塞ぐ。
 静かに唇を絡ませながら俺は、そのときだって前の穴にはいいものを入れてあげるよという思いを胸に潜ませていた……。

               終り

184 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/03 00:32 ID:???
         ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <>>Campus!の彩女のSSマダ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \______________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .愛媛みかん.  |/

アナルビーズてエロアイテムはどんなの?
エロゲーで聞いたこと無いのだが。

185 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/04 11:42 ID:???
キケン、お子様も見てる?

186 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:24 ID:???
              年上の彼女・育美

 新任の教師である、その人が気になりだしたのは、高校生になったばかりの頃だった。
 七歳年上になるわけだけど、笑顔がやけに可愛いくて、落ち着いた雰囲気の口調で話す。
そんな彼女が授業で教室を訪ねて来るのを、いつも心待ちにしていた。
 背中まで伸ばした長い髪を揺らして、キレイな声で笑う。
 いま、その人が今や彼女として・・恋人として俺の目の前にいる。

「ね、育美」
「なあに? どこがわからない?」
 俺の声に育美は問題集をめくっていた手を止めた。
 生真面目な表情。テスト前の家庭教師を頼んだのは俺だけど、ここまで真面目だと、なんだか後ろめたくなってしまう。
「………いや、そうじゃなくて」
 きょとんと目を見開き、首を傾げる彼女はとても年上とは思えないくらい、愛らしい。

 こんな綺麗な女性に「ええ、私達これからずっと、恋人同士ね!」と言われて舞い上がらない男がいたら、
是非ともお目にかかりたい。もちろん友達にはなりたくないけどね。

 七歳年上の、俺の恋人。

 まだちょっと自分でも信じられないけれど、俺は彼女の、もっともっと可愛い姿を知っている。俺だけに見せる、とっておきの姿。
「ちょっと気になってたことがあるんだけど」
「なに?」
 キレイな桜色の唇に目を奪われる。
 濡れた唇が目の前で艶めかしく開いている。
 欲望とはまったく無縁な清純さをたたえた顔のなかで、そこだけがくっきりと、彼女の熱を伝えてるような気がした。

 俺は彼女の瞳を見つめながら、静かに尋ねた。
「この間、俺を見ながら、司書室で何してたの?」

187 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:26 ID:???
「やだぁ……彰、やめて…っ」
 腕の中で弱々しく抗う体。
「だめ。俺の目の前で、同じ様にやってごらん」
 後ろから抱きしめ、耳もとに唇をもぐらせると、ため息とともに体から力が抜けていく。

「俺を見ながら……ここ、あけてたよね?」
 柔らかな膨らみをブラウス越しに撫でる。
 頭をふりながら、身をよじる姿はどう考えても誘惑してるようにしか見えない。
 耳まで赤くしてるくせに、否定はしない。
 目線を合わせないように顔をそむけて、そのせいであらわになった首筋に遠慮なく唇を押し当てながら、
ひとつひとつ小さなボタンをはずしていく。次第にあらわになってくる白い肌に、俺は足の間に熱が走るのを感じていた。

「ねえ、育美? こうやって胸をはだけて、何をしてたの?」
「いや……何にもしてない…っ」

 小さな女の子みたいにイヤイヤをして、胸の前をかきあわせようとする。その腕を押さえ込んで、指先に唇を這わせると、
それだけで腕の中の体がびくりと揺れた。

「嘘つきだね、育美は」

 わざとゆっくりと指先を舐め回すと、目をぎゅっと閉じてゆるゆると息を吐く。

「こうすると、気持ちいい?」
「…んん……彰、だめぇ……」

 ちゅ、と吸い付くだけで震える感じやすい彼女。

188 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:27 ID:???
「こんなこと、しちゃだめだってば…」
 浅い息をもらしながら、身じろぎする。
「彰、彰のお母さんが帰ってきちゃう…んっ!」
 指先に舌をからめると、せっぱつまった声をあげた。
「………母さんなら今日は遅くなるよ?」
 耳元に囁くふりで、柔らかな耳たぶを唇で噛む。
「んぅ…っ」
「ねえ、司書室でも、こんなえっちな声、出してたの?」

 はだけた胸元の谷間を指先でなぞる。真っ白な肌がほんのり上気して、綺麗だ。

「何にもしてない…っ……あ……」

 ブラを押し下げるように、豊かな膨らみを引っ張り出すと、つんとキレイに上を向いたピンクの乳首がこぼれ出た。
 つっ…と、乳首の根本を指先でなぞる。甘い声とともに、乳首がきゅっ、と固くなりはじめる。しこった乳首を軽く押しつぶすように
引っ張ってあげる。

「育美の胸って、美味しそうだね…」

 囁くたびに、びくりと体が揺れて、膝がすりあわされる。きゅ、きゅ、と乳首に繰り返される愛撫に、すっかり息が
あがってしまってるとこなんか、ホントに色っぽいったらない。ぷりんとふるえる乳房を包むように撫でては、尖った先端を擦りあげる。
無意識なんだろうけど次第に胸を突きだすようにしているのが、いっそうそそる。

「んん? もっとして欲しい? こうして欲しいんだね?」

 乳首をきつめに引っ張って指先で押しつぶしてやる。

「ふぁ…っ!」

 はじかれたようにのけぞって、濡れた唇から甘い声がこぼれおちた。

「や……ぁんっ…彰……っ!」

189 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:28 ID:???
 彼女がせつなそうに身をよじらせるたびに、柔らかい尻が俺の足の間に押しつけられる。その刺激に、俺のそこはみるまに硬さをまし、
ジーンズを押し上げた。

「俺を見ながら、こんなこと、してたんだ? 育美は……」

 しこった乳首の感触を指先で楽しみながら耳元でささやくと、育美は必死になってイヤイヤをする。

「ちが……してない……っ」

 真赤になって、でも目線をあわせないあたり、語るに落ちてるっていうのに。でも困った顔が可愛いから、もっともっと
意地悪なことをしてあげる。

 耳の端を唇で甘噛みしながら、わざとゆっくりと乳首をこねてあげる。

「あ……っ」

 びくり、と腕のなかで育美の体が震えた。熱にけむった瞳がうっすらと開いて、白い乳房を包み込むようにしている俺の手をみつめる。
ゆっくりゆっくりと、押しつぶしたり、軽く捻ったり、引っ張ったり、硬く頭をもたげている乳首を執拗になぶっているその動きに、
はぁ、と甘いため息が漏れる。

「ほら……、育美の乳首、気持ちいいって硬くなっちゃってる……エッチな体だね。こうやっていじってたら、
我慢なんか出来なくなっちゃった?」

「あぁんっ!」

 きゅぃっときつくひっぱりあげると、育美の体がしなやかに反った。

「ねえ、育美、教えてよ。……どんなこと考えて、触ってたの?」

190 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:30 ID:???
 硬く目を閉じて、溺れかけてしまっている育美に助け舟を出してあげる。胸が弱い育美は、胸を重点的に責めるとそれだけでもう、
こっちの言葉なんて聞こえてないんじゃないかというくらい感じきってしまう。ちゃんと答えられるように感じやすい乳首を開放して、
ふにふにとやわらかな乳房を指先で堪能していると、つぶやくように、とぎれとぎれに育美は答えた。

「あ…………ショ、彰が……ここ、いじって……舐めてくれたら…きっと気持ちいいだろうな……って……」

 ついさっきまで、やってない、と言い張ったことも忘れて、真赤になって一生懸命に嬉しすぎる告白をしてくれる、可愛い恋人。

「俺にこうして欲しかったんだ?」

 指先でとがった乳首をくりくりともてあそぶ。

「……ぅん…っ………してほしかったのぉ…………」

 さすがにそれ以上は言えないのか、きつく目をとじたまま、小さくあごをひいて、育美はくい、と胸を突き出した。
無言のおねだりに答えて、震えているピンクの乳首を思うまま捏ね上げた。腫れ気味で痛そうにさえ見えるのに、きつく引っ張ったり
ひねったりすればするほど、ジーンズの前に密着した柔らかなお尻が容赦なく俺を擦りたてる。乱れきったスカートは、足の付け根近く
までまくれ上がって、しなやかな足がひっきりなしにもがいているのが、よけいにそそられてしまう。

「あ……あぁんっ……はぁ……あ……あ……」

 しっとりと汗ばんだ頬にはりついた長い髪や、薄く濡れてほころんでいる唇、時折薄く目を開いては恥ずかしそうにあわてて
閉じてしまう仕草、その全てが愛惜しい。

「……エッチな育美に、ご褒美をあげるね。ほら、ちょっと立ってこっちむいて」

 剥き出しになった太ももを撫でながら促すと、育美はやけにぎこちない動きで、のろのろと腰をあげた。太ももからお尻に手のひらを
滑らすと、その理由は聞かなくてもわかった。
 熱くほてった空気が足の間に充満している。うっすらと湿り気をおびた薄い下着の上から指先に力をいれてお尻をつかむようにすると、
それだけで、育美の唇から甘いため息が漏れる。

「お漏らししてるみたいだね」

191 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:32 ID:???
 耳元に囁くと、びくりと肩が揺れた。頬を上気させたまま、途方にくれた顔で俺を振り向く。その表情が奮い付きたくなるほど
色っぽくて、腰のあたりがかっと熱くなった。

「動けないみたいだから……ほら、そのまま4つんばいになって…」

 育美の背中を軽く押して、前に腕をつかせると、突き出されたお尻を覆い隠しているスカートをゆっくりとまくった。

 豊かに張り出したヒップと申し訳程度にはりついている白いショーツ。うっすらと透けてしまっているのは、汗のせいなのか。
それともあふれた蜜のせいなのか。

「もっと腰を突き出して」

 くい、と腰がいやらしい線を描いて俺の前に突き出される。顔が見えないと恥ずかしさが薄らぐのか、その動きにためらいはなかった。
ゆっくりとショーツ越しに尻を撫で回すと、誘うように腰が揺れた。

「うん? どうしたの? 育美」

 スカートの脇のホックをはずして、邪魔なスカートを落としながら、背中に圧し掛かって耳元で囁く。

「……うぅん……」

 恥ずかしそうに目を閉じて、それでも腰は緩やかに俺の腰の前をこするように動いている。

「い・く・み、ちゃんとおねだりがあるなら、言わないとわかんないよ?」

 わざと、ぐい、とショーツ越しにきつく腰を押し付けると、育美はじれったそうにイヤイヤをした。しっかり腰を掴んでいるので
もう彼女は自分から動くことは出来ない。

192 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:33 ID:???
「……そ……そんなにしたら、彰のズボンが汚れちゃうよぉ」

「そうだね、いやらしい育美がいっぱいお漏らししてるからね。もう内股びしょびしょだもんね……ほら」

 薄くはりつめた太ももの皮膚を掌でなぞると、育美の体がびくびくと震えているのが伝わってくる。

「彰くぅん…おねがい……」

 育美の両足の間に片膝を押し込み、ぐいぐいと圧迫してあげると、それだけで

「あぁっ」

悩ましい声があがった。

「なにをおねだりしたいの? ん?」

 乱暴とさえいえる膝の動きにゆさぶられて、それでも育美は顔を真っ赤にして感じ入ってるようだった。

「ショ……ショウの、舐めさせて……」

 小さな小さな声が聞こえて。それはちょっと予想外のおねだりだったので、俺は思わず苦笑してしまった。
 耳元にちゅっと小さな音をたててキスをして、おまけに頬にもうひとつキスを降らせる。

「うん、いいよ。育美の好きなだけ、舐めて……」
「ん……」

 育美のピンク色に濡れた舌先が、俺の張り詰めた部分をゆっくりと舐めあげていった。根本から、血管が浮き出た胴をなぞり、
括れた部分をなぞられたら自然に溜息が漏れてしまう。俺の体がこわばってしまったのに気づいてか、熱くぬめった柔らかい舌は
探るようにその括れをねぶる。

193 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:34 ID:???
 裸になった俺の股間に、育美が綺麗な裸体を晒してひざまづいていた。
 そのイヤらしい口元の動きを目で追い、次第に息が浅くなっていくとろんとした表情の育美を見ていると、込み上げて来る興奮を
自分自身で持て余してしまう。

「………おいしい? 育美…」

 声がかすれてしまうのはどうしようもない。でも、丹念に舐め回していることを揶揄されたせいか、育美の伏せた頬がぽっと赤らみ、
舌の動きが緩んだ。

「育美はこれ、大好きだもんね? だからいっぱい舐めて、味わいたいんだね? いいよ、育美がしたいだけ、好きなだけ舐めて…」 

 舌を懸命に動かしながら、恥ずかしそうに、小さく首を横にふる。でもその腰が、いやらしくうねるのを俺は見逃さなかった。
俺の言葉が育美を辱めれば辱めるほど、彼女の腰の奥が熱く溶けてしまうことを知っている。
 
 やがて俺の分身が育美の口の中に隠れ、同時に溶けるかと思うような気持ち良さが腰の後ろを走った。

「う……っ……いいよ、育美……気持ちいいよ」

 舌と粘膜が容赦なくはりつめた部分を擦りたてて快楽を呼び起こす。

「ん……く………」

 出来るだけ奥へ俺のを導いているせいか、時折苦しそうに眉を寄せている。それでも、俺がかすれた声で呻くたびに、
いっそういやらしく舌を強張ったものに絡みつかせる。

「ふ……ぅ……ん………」

194 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:35 ID:???
 だんだん虚ろになってきた瞳で、育美自身も感じていることがわかった。激しく頭を振りながら、高くあげた尻を絶え間なく
揺らしている。実際に交わっているかの様なその動きと、下半身から突き上げてくる快感で、思考が焼ききれそうになる。

「育美、お尻揺らしてどうしたの? 何にも触ってないのに気持ちいいの?」

 少しでも気をそらすために、俺は育美の豊かな乳房に手を伸ばした。

「俺の口でしてるだけで、感じてるんだ? エッチだね、育美は……もう、そこ、びしょびしょになってるんじゃない?」
「んんっ……」

 その言葉で一度は動きをとめたが、いくらもたたないうちに、小さく腰が動いてしまう。恥ずかしさのためか、ずっと緩やかになった
舌の動きのおかげでギリギリまで追い上げられていた快楽の淵を、何とか踏みとどまることができた。

 初めてからまだ幾度も経験が無いにも関わらず、育美はしっかりと俺の快楽のツボを覚え込んでしまっている。
これも愛情のなせる技かな。

「我慢しなくていいよ。感じてる、イヤらしい育美をもっと見せてよ」
「……彰のいじわるぅ」

 顔をあげて、育美は真っ赤になったまま俺を睨んだ。でも、そんなのちっとも効果ない。

「イジワルじゃないよ? ホントのことだろ?」
「……ちがうわよ……」
「育美が俺の舐めるのスキで、舐めながら感じちゃって、んで、いやらしくお尻振ったのは、ホントだよね?」
「………………」

195 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:36 ID:???
 ふい、と瞳をそらした隙をついて、俺は股間に顔を伏せていた育美を、そのまま後ろに押し倒した。

「あ!」

 覆いかぶさって唇を塞ぐと、待ちかねたように育美の腕が首に絡み付き、柔らかい舌が滑り込んで来た。

「ん………」

 口をふさいだまま、力なく開かれた足を大きく割り開く。そして、その間の濡れた花を反り返った俺のモノの全長で、
なぞるように擦りあげてやった。いわゆる素股というやつだ。ぱんぱんに硬くなった俺のモノが、溢れた蜜にまみれてぴちゃぴちゃと
音を立てていた。

「ふぅん! ん!」

 甘い声が俺の口の中に吸い込まれていく。

「んぅ! んん!」

 熱くぬめったスリットを掻き分けるように俺のが行き来するたび、押し付けてくるように浮き上がる腰が彼女の陶酔を物語っていた。

「っ………育美、すごい、びしょびしょだね……」

 キスから解放して囁くと、育美はその濡れた唇から、甘い甘い声をこぼれさせた。

「あぁ! んん! くぅ…ん!」

 長い髪を枕の上で乱れさせて、快感に溺れている育美は物凄く可愛かった。

196 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:37 ID:???
「まだ、俺の入ってないよ? でも、すごい気持ち良さそうだから、このままいっちゃおうか?」
「や…っ! そんなのいや……あぁっ!」

 くにゃりと柔らかく蕩けた育美の熱い花と、俺の裏側が擦れあうたび、快楽が溢れ出して育美を鳴かせた。

「イヤなの…? じゃあどうしてほしい?」

 擦り上げる動きをそのままに尋ねると、恥ずかしそうに俺を見上げてイヤイヤをする。

「言わないと、ずっと、このままだよ……ほら……」

 くちゅくちゅとイヤらしい音を立てて、育美のびしょぬれのアソコを何度も擦りあげる。俺のも育美からあふれている蜜にまみれて
ぬめぬめと光って、物凄くイヤらしい光景だ。丸く張り詰めたピンク色の先が襞の合わせ目にある小さな突起部分を押し上げるように
擦るたび、はじかれるように甘い声があがる。

「きゃぅっ! あ! あんっ! 彰くぅん……っ! だめぇ……」

 だめ、と鳴きながら育美は俺の動きにあわせて、一生懸命腰を動かしていた。
言ってることとやってることが違ってる。でも、すごくカワイイ。気持ちいいことに弱くて、ちっとも我慢が出来ない育美。

「駄目なの? こんなにエッチにお尻振って、俺のに擦り付けてるのに、何が駄目なの?」

「やっ! 言わないで……っ! ぅん……っ……う……あぁ……」

 気持ち良さそうに眉を寄せて、顔を真っ赤にして感じている育美を見ていたら俺も到底我慢出来そうに無かった。

「可愛いよ、育美……育美を全部俺のモノにしたい……」

197 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:39 ID:???
 ついポロリと、そんな本音を漏らしてしまう。いつもいつも育美の前では大人振っている癖に、こんな時にこんな子供じみた事を
言ってしまうなんて。
 慌てる俺の気持ちも知らず、育美は熱に煙った瞳を薄く開いて、甘く途切れた声で俺にとどめを刺した。

「お願い…欲しいの……。……全部、彰のモノにして……」

 そんなことをいって腰を浮かせたりするもんだから。
 くにゅ、と俺の先が育美のほどけた花びらの間に食い込んだ。
 そこが誘うようにひくひくと震えてるのを感じた瞬間、俺は腰をそのままぐい、と前に突き出していた。

「ああああぁ………っ!!」

 ひときわ甲高い育美の声とともに、俺は育美の蕩けた内部に堅くそそり立ったものを埋めていった。充血してきついくらいのそこを
俺の先がぐいぐいと押し広げていく。いや、いやらしくうねる襞に引きずり込まれていったのか、もうどちらかわからない。
ぬるぬると蕩けた育美の中は一番奥まで押し上げた俺に遠慮会釈なく絡み付いてくる。その熱さと気持ち良さに俺はまるで脳髄まで
溶けてしまいそうになる。

「彰くぅん……あぁ……っ!」

 一杯まで満たしたまま動かないでいるのに、育美はもう気持ち良くて堪らない、という表情でイヤイヤと頭を振っている。
その動きにあわせてじくじくと捏ねられるのがやけに刺激的で、自然と腰が動き出してしまった。

「育美の中……すごいやらしい……絡み付いてくるよ」

 動きにあわせて甘ったるい声を漏らしている育美の耳元に囁くと、それだけでそこがきゅぅっと締まってしまう。

「ほら…今きゅってなった……言われて気持ち良いんだ?」

198 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 11:40 ID:???
 絡み付いてくる襞を楽しむようにゆっくりと深い抜き差しを繰り返す。
 育美の真赤になった襞の間から俺の赤黒いものがぬらぬらと姿を現してはまたそこに潜り込んで行く。
ぬちゅ、くちゅ、といやらしい音が部屋中に響いて、その様子を逐一教えてあげると育美はきつく目を閉じて、激しく恥らう様子を
見せた。

「や……そんなこと、言わないで……んんっ……」
「だって……育美があんまり濡れてるからだよ。どうやって動かしても、動くたびに……ほら…こんな風にいやらしい音が………ね?」

 腰を打ちつけるたびに響く淫音。俺の声に反応して締まる育美のそこに俺は陶然としてしまう。年上なのにこんなに可愛い女性、
絶対他になんて存在しやしない。

「育美……好きだよ……」

 うっすらと開いているピンク色の唇を奪って、そのまま声を閉じ込めてしまう。ぐい、ぐい、と育美の奥にねじこむたび、
口の中に育美の嬌声が響き渡る。
 ちょっと意地悪して 奥から退いて浅めに突いてやると、育美はじれったそうに腰をうねらせて、俺の腕に爪を立てる。
誘うように締め上げる花の感触を堪能しながら、もっと焦らすように浅い動きをくり返す。やがて、躊躇いがちに上目づかいで

「ねぇ……もっと、奥まで、してぇ……」

 と可愛いおねだりをしてくる。

「育美ってば、やらしー」

 ちがうもん…と言いながら腰をくねらせるその仕草が可愛いくて、笑いながらそのまま一気に奥まで貫いてしまう。悲鳴にも似た
声をあげながら気持ち良さに歪んだ育美の表情に、俺のそれはもっと堅さと大きさを増していく。

199 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 15:05 ID:???
 絡み付くそこから俺のを引き出し、またねじ込んでいく。単純極まりない行為なのに、俺も育美もこの気持ちいい動きをやめる気に
なんてなれない。数え切れないくらい育美を突き刺し、育美に締め上げられているうちにもう繋がっているそこ以外のことは
何もわからなくなってくる。
 ほどけた唇から絶え間なく漏れる育美のすすりなくような声が、体の中を駆け巡る快楽の激しさを俺に教えた。

「あ、あぁ、あ、だめ、彰っ……う、くぅん、ぅ……っ」

 せつなそうな、こんな声で呼ばれて感じない男はいない。そして、ひっきりなしに俺を締め上げては緩み、また締め上げる動きで、
育美もそろそろ限界が近くなってしまっていることがわかった。

「まだだめだよ、育美……もう少し我慢して……ね?」

 奥まで押し込んだとこで一度動きをとめて、すこし落ち着くまで待つつもりで育美をきつく抱きしめた。と、それは結果的に、
育美を追い込むことになってしまった。

「あ、あああぁ…………っ!!」

 俺をしっかりとくわえ込んだ腰ががくがくと勝手に跳ね上がり、腕の中で激しく身をのけぞらせて育美はイってしまった。

「…あ……はぁ……あ……ショウ……ん……」

 息があがってしまってまともに声も出せないまま、育美は薄く目を開いて目の前にいる俺を探した。
 力の入らない指先が動いて、俺の手に重なる。
 その瞬間、どうしようもない愛しさと、めちゃくちゃにしたいという両極端の欲望が瞬時に俺を貫いた。

「育美、ごめん……っ!」

 育美をきつく抱きしめたまま、俺は再び激しく動き出してしまった。

「あ…あ! ショウ……っ!」

200 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 15:06 ID:???
 まだいったばかりでキツイはずなのに、育美のそこは俺を柔らかく受け止めてくれる。愛しくて愛しくて、こんなにも愛しくて
堪らないのに、俺は育美をめちゃくちゃに壊してしてしまいたかった。育美が壊れてしまうまで貫いて、その白い体中を犯して、
全てを俺一色に、俺だけに染めあげてしまいたかった。

 思いのたけをぶつけた激しい突きに、育美はもう揺さぶられるままにまた、声を漏らしている。苦しいのか、感じているのかは
もうわからない。目を閉じて受け止めている上気した顔から、それを読み取るだけの余裕はもう俺には無かった。

「育美……育美……っ!」

 ふいにきつくうごめき始めたそこを無理やり押し広げるように突き刺す。

「あぁんっ!」

 紛えようも無い育美の快楽の声に、俺の意識はようやく引き戻された。でも、腰はもう止まらない。目前までせまった絶頂に向けて
快楽をむさぼる獣の動きをひたすら繰り返してしまう。そして。

「ショウ……ショウ…っ! ああ…だめ……またきちゃう……! いっちゃうっ…!」

 育美のその甘い悲鳴が、俺の我慢を再び無に返した。必死で引いていた手綱がはじけ、痛いくらいに締めつけてくる育美の奥を半ば
無理矢理掻き回しした。

「あ! あ! ああああ…………っ!!」

 育美が高い高い声で叫ぶのと同時に

「育美…………っ イク…………っ!」

 その奥にきつくきつく自分をくいこませて、俺は全てを解き放った。びくびくと震えながらそれは二度、三度と育美の奥に熱いものを
振り掛ける。気持ち良さに腰が抜けそうになりながら、俺は最後の一滴まで、育美の花に注いだ。

201 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 15:07 ID:???
「はー……」

 脱力してしまった体を育美に預けると、育美はまだ息元が整わないのに、くぅん、と鼻をならして頬をすりよせてきた。その頬にちゅ、
とキスを降らせて、重たい体をなんとか少し横にずらそうとする。と、

「ね、もうちょっと、このままでいて…」
「うん? 重いだろ?」
「ううん、いいの」

 そうしてギューっとしがみついてきた。

 あー、ちくしょー、可愛いぞ。俺も思いっきりきつく抱き返して、頬や顎にわざと音を立ててキスを降らせた。育美はこうしてあげると、
いつもくすぐったそうに首を竦めて、でも凄く嬉しそうにクスクス笑い声をあげるのだ。

「……ん??」

 そして、そこでようやく気づいた事実に俺は真っ青になった。 

「……あ……あーーーーー!」

「ど、どうしたの? 彰」

 俺の胸に顔をすりよせてごろごろ言ってた育美が、驚いて目を白黒させた。

「ごめん、俺、中出ししちゃった」

 気づくのが遅い、とか言うな。
 慌てて中から引き抜くと、自分とすごいことになっている育美をティッシュで丁寧に拭いてあげた。
 いつもは途中でちゃんとゴムをつけてるから、こんな風にまだピンクに腫れ上がってるそこからねっとりと白い俺のが流れてるのを
見るのなんて、はっきり言って初めてだ。すごくやらしい光景なんだけど、でも、今はそんなこと言ってる場合じゃない。

202 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 15:08 ID:???
 育美を大事にしたいと思ってるのに、わざわざこんな危険にさらすようなマネをしてたんじゃ世話ないよな。
 もし、万が一できちゃったら。俺は一体どうするんだろう。何ができるんだろう。
 俺はまだ17歳のガキで、たとえば育美と結婚して責任をとることさえ許されてない。まあ、その前に母親にしばかれることは
間違いないけど、でもそんなことは取り敢えず、どうでもいい。

 こういうときに思い知らされてしまう。
 自分が七歳も年下で、育美を守る力なんて何も持ってないんだ、ってことを。

「あ……、あ…のね?」

 もじもじと言いにくそうにしている育美を抱きしめて、申し訳なさに何をいえばいいのか、俺は言葉を探した。

「彰? あのね、その……大丈夫、だよ? 私、こないだからピル飲み始めたから……」
「え?」
「私生理が重くって……んで、そのお薬でね、ピルが出てるから……だから、大丈夫……なの」

 何がなんだか、よくわからないが。
 まあピルが避妊薬だってことぐらいは、とりあえず知ってる。

「そっか。でも、ごめん」

 妊娠の心配がなくなったとはいえ、俺が何も聞かずに育美の中に出してしまったことには変わりない。いつもは途中でちゃんと
装着するのに、今日は全然ダメだった。まったく思い出しさえしなかった。つまりは、それくらい気持ちよかったってことなんだけど。

「それでね………」

 自己嫌悪する俺に気づかずに、ぎゅ、と抱きついてきた育美が胸元で、ぼそぼそっ、と何かをつぶやいた。

「ん? なに?」

203 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 15:09 ID:???
 耳を寄せて、もう一度繰り返してもらう。
 育美は、真赤になって、でもやけに魅力的な上目遣いでこんなことを言い出すもんだから。

「彰が、中でイってくれたのがわかってね………すごく嬉しかったの」

 びくり、と一度はしぼみかけたそれが、思わず反応してしまう。

「あ……その……っ………ごめん」

 みるみる元気になっていく一部始終を育美に見られしまって、心ならずも俺まで赤くなってしまった。
 反省してたはずだろう、俺! と叱咤してみても、なんというかカラダは正直過ぎる。

 育美の肩口に顔を埋めて、取り敢えず顔を隠してみる。おまけに首筋にちゅっ、と唇を押し当てると、びくん、と反応するところが
また可愛いくて。

 やばいよ、何だか全然収まらないじゃんか。

「あ」
「……うん? どうしたの? 育美」
「ううん。彰のがね、流れて出て来た…」

 うっとりとそんな笑顔でそんなこと言うなんて、絶対フェイントだと思う。

204 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/06 15:10 ID:???
「ね、育美」

 感じ易い耳元に唇を寄せて、俺はそっと囁いた。

「もっかい俺に、気持ちいいこと、教えてよ」

 育美は、きゅ、と元気になってしまった俺に触れて、恥ずかしそうに、答えた。

「………気持ちいいこと教えてくれるのは、彰のほうでしょ」

 すばやく時計をたしかめて、母親が帰って来るまでの残り時間を計算する。横の机の上で広げっぱなしの試験勉強のことは、
終わってから考えることにして。

「もっと教えて欲しい?」

 ごそごそとぎこちなく動き始めた育美の手に俺の手を重ねて、動き方を導いてあげる。

「えっち……」

 言ってることとやってることの違う可愛い年上の恋人の唇をさっさと塞いで、俺は再戦のゴングを鳴らした。

              終わり

205 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/07 02:48 ID:???
SS作家氏
取り敢えず
こっちには、制限物を投下しない方が
良いと思われ

206 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/07 17:11 ID:???
だから年齢制限って知ってるか?

207 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/08 01:05 ID:???
>>206
と言っても、このゲームが手元に有る奴(俺モナー)は、ほとんど18歳以上なんだろうけど。
または、エロゲーマー予備軍だと思われます。

208 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/10 00:28 ID:???
しそキムチマヨネーズは無いのか…。

209 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/10 12:41 ID:???
>>208
炉スパの育美タンの小説にあります。

210 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/12 00:03 ID:???
左側の一番上のEDだけ出てないのですが、
条件など誰か教えてもらえませんか?

しかし過去編の育美と理乃の立場には哀れみを感じますね。
平安編見ると育美=静御前っぽいですが。

211 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/12 17:15 ID:???
>210
たしか、、、
普通に観月ルートですすめて、
須磨に旅行した際、掛かってきた電話に「ここにいます」で良かったと思う。
それと事前にめぐみとは会っておくこと。
すると旅行から戻ってきた際、めぐみと会って・・・以下略

漏れはED14が見れないんですが・・・
>>15見る限りBADだとは思うのだけど、どのルートで?
めぐみかと思って、後半の選択肢(参拝後)総あたりしてみたんだけど、ダメですた…_| ̄|○
助けてくだちぃ(;´Д`)


212 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/12 17:58 ID:???
通常観月ルートで「ここにいる」を選べば出たはず>ED14

213 :210:03/12/12 22:36 ID:???
>211
ありがとうございます。
今度やってみます。

214 :211:03/12/13 05:31 ID:???
>212
ありがとう
試してみるよ


215 :211:03/12/14 03:42 ID:???
報告
コンプできますた

漏れ↑の方でスクリーン好きだったんだけど、どうよ?
って聞いたヤシなんだが、答えてくれた人ありがとうよ
買ってよかったよ
お気には沙雪と育美…極端かなw
それと鬼女が妙にトキメキますた
カコイイ


216 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/14 05:45 ID:???
>>211
コンプおめでとう。
購入を勧めたヤシです。

沙雪、育美、鬼女・・・趣味が広いw

217 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/14 23:45 ID:???
ところで皆さん、PSXは買いましたか?
PS2版の新作画像をDVD−RWかCD−RWで取り込もうと思って金も無いのに
購入したんですが・・・。
CD−RW機能無し、DVD−RWは出来ますが再生はRW機能の有るドライバーのみ
可能と知ってショボーン・・・。
今更パソコンの周辺機器を追加出来る資金は既に無し・・・。
がっくしです・・・・・・。


218 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/15 01:08 ID:???
>>217
PSX買うよりもドライブ買え

所詮PSXなんぞプレーヤー付きのPS2だからな。

219 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/15 01:12 ID:???
取り込みとかっておっぴろげにしない方が良いと思うよ

220 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/15 01:18 ID:???
>>217
買ったのかよ・・・税込み10万円なんだし、15万円も出せば、
P-4のハイスペックのショップ自作機が1台、買えたのに。
TV-ボード(もちろんハードエンコードタイプ)+300GのTV録画用HDD。
DVD-R、RW(CD-R、RWも対応で)

>「PS2版の新作画像をDVD−RWかCD−RWで取り込もうと」
ゲームの画像を取り込む、機能なんか有ったのか?
TVチューナも、BSデジタルチューナかと最初は思ったが、アナログだけだし。
(デジタル地上波+BSデジタル内蔵ならエカッタのに・・・まずムリだけど)

よーし、俺もボーナス出たし、やっと19800円になったPS-2買いに行こう、今度の代休にでも。
ソフトは発売日に買ったし、めぐみタン、観月タン、育美タンのシナリオやるぞ。

221 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 11:56 ID:???
                 無題 宇佐観月

教室に椅子を引き擦る音が一斉に響く―――――。
 白衣を身に纏った女教師が普段と変わらない挨拶を終えると、六時限振りの自由を満喫すべく生徒達が慌しく動き出す。
 急いで教室を飛び出すものや、友達の席に向かいおしゃべりをするもの、はたまた部活の準備をするもの。
 それぞれが自由気ままな放課後を謳歌するため、能動的に活動を開始する。
 これが有り触れた進学校ならば、一直線に予備校に向かったり、机から教科書など引っ張り出し、
 おもむろに予習なり復習を行う事だろうに。
 流石は自由な校風が売りの月読学園と言った所だろうか。
 そんな週末特有のざわつきに包まれた教室のほぼ中央。

 宇佐観月は放課後の予定へ向けテキパキと帰り仕度を行っていた。
 純白を基調としたブレザーで、着るのに人を選ぶと言われる可愛いらしさに定評のある月読学園の制服。
 その制服を優等生らしくキチッと着こなし、腰の辺りまである絹の様な黒髪と上品な紅いリボンが育ちの良さと清楚さを引き立たせる。
 ベストの下、白いシャツに包まれた胸部からは女性として十分な膨らみが伺え、スカートから伸びる両脚も白くてスラリと長い。
 観月がそう望んで生まれて来た訳ではないだろうが、結果的に高いレベルで均整の取れたプロポーションは若い張りに満ちた身体を
 数字以上にグラマーに見せる。(ちなみにスリーサイズはB86W57H85)

222 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 11:57 ID:???
 一方、顔立ちのほうは。
 幾分子供っぽくあどけなさを残す輪郭に、きめ細やかな肌。
 そして、愛らしくクリクリッとした瞳、濃い睫毛、すっとした鼻立ち。
 どれをとっても文句の付けようがなく、今をときめく芸能人やモデルと見比べても遜色がない。
 恐らく10人の男性が観月を見たら、10人共が物凄く可愛いと評するだろう。
 紛れも無く美少女と呼べる・・・宇佐観月はそれだけの外見的要因を備えていた。
 また、趣味は茶道、華道に料理であり、性格的にも、落ち着いていてお淑やかな大和撫子。
 しかも実家である月読神宮の当主「月読の巫女」ですらあるので、周囲の男子生徒達からは高嶺の花と思われている。

 そんな観月と俺は教え子と担任の教師という関係だけでなく、俺の従姉妹が縁で知り合った幼馴染ということに表面上ではなっている。
 だが、実は熱烈に愛し合う将来を誓い合った恋人同士である。

 「兄様、兄様は今日お暇なんですか?」
 そう言っていつも遠慮がちに観月は俺に話し掛けてくる。
 だが、面倒臭そうに俺は答える。
 「別に用事は無いけど、今思い付いたから忙しいよ」
 俺の言葉に対し必ず泣きそうな顔をして、観月は可愛らしく訴える。
 「・・・・兄様のいじわる・・」
 「ごめん・・嘘だよ、何でも付き合うよ」
 いつもこうだ。
 最初、観月が俺に甘えてきて、それに応じずにからかったりとぼけたりする。
 それに拗ねたり、怒ったりする観月に謝りながら願いを叶えてやる。そんな関係が10年以上も続いている。
 端から見れば他愛も無い痴話喧嘩であるが、この図式は俺達のセックスでは逆の形で当てはまる。 
 俺の我侭で破廉恥な要望にも、最初は恥ずかしがったり、呆れたりするが最終的には観月は愛らしい喘ぎ声を上げながら応じてくれる。
 お互いの身体の相性は抜群で、阿吽の呼吸で愛し求め合う。

223 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 11:59 ID:???
 今日も放課後、俺が下宿に帰宅すると既に観月は約束通り、先に到着し家事をしてくれていた。
 俺が座布団の上で寛いでいると、観月が紅茶を入れて持って来てくれた。
 「はい、兄様、紅茶をどうぞ」
 「ああ・・。観月も少し休んだ方がいいぞ。・・制服のままでいいから、俺の膝の上に座れよ」
 「もう、紅茶が冷めちゃいますよ」
 そう言いながらも、観月は制服姿で俺の膝の上に跨ってくれた。舌を絡めて、熱いキスを交わす。
 いつもながら、何と甘くて新鮮な唾液なのだろう。俺は唾液の甘さを味わいながら、観月の口の中を隅々まで舐め回した。
 彼女の舌を捕らえる。俺達二人はトロトロと舌を絡め合わせた。俺は観月の舌の滑りを楽しみ、その裏側まで舐め尽くした。
 観月も濃厚なキスで気持ち良くなってきたのか、徐々に身体の力が抜けてきた。俺は彼女の身体を支えながら、その美味な唇を吸った。
 キスを続けたまま、俺は制服の上から彼女の厚みのある乳房に手を伸ばした。柔らかな巨乳を優しく揉みほぐす。
 「ふうむっ・・にいさまぁ・・・」
 観月が甘い溜息を溜息をつき、俺の口の中に湿った吐息を吹き込んでくれた。俺は構わず観月の乳房に指を食い込ませた。
 相変わらず、何て柔らかくてボリューム感のあるバストなのだろう。本当によくぞここまで育ってくれたものだ。制服の上からでも
 その柔らかさをしっかり感じ取れる。
 俺は遠慮無く制服の前をはだけた。白いブラジャーのカップに包まれた大き目の乳房が揺れる。
 「あんっ、ブラジャーを外さないで下さい・・・」
 だが俺は、構わずブラジャーを剥ぎ取り、柔らかくて美味しそうな生の乳房を晒け出した。お蔭で観月の素晴らしい乳房は、実に
 簡単に露わになった。
 俺のこよなく愛する白く透き通る様な乳房である。二つの膨らみは優しい丸みを帯びているが、バストラインは妙に艶めかしい。
 観月の乳房は着痩せするので誰もが予想する以上に豊かで、観月の息遣いに合わせて揺れ動いている。
 そして小さく控え目な薄桃色の乳首には、俺が縫い付けた純金製のピアスが今日も眩しく揺れて輝いている。

224 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 12:00 ID:???
 「はうんっ、兄様・・・」
 俺は深く考えることも無く、観月の乳房に吸い付いていた。舌先でその柔らかさを確かめるように、じっくりと乳房の表面に唾液を
 塗していく。
 そこには十代の若々しい弾力性が秘められていて、俺の舌を押し返して来る。柔らかな部分に舌を押し付けると、少し乳房の形が
 変わるが、すぐに元に戻ってしまう。
 「あふっ、ふううっ・・・」
 俺の舌が敏感な乳首を捕らえた。舌で乳首の先端を突付き回し、ピアスを噛んで引っ張る。観月は剥き出しになった巨乳を振るわせ
 ながら、俺の腕の中で身をくねらせていた。
 徐々に乳首が屹立してきたのを感じなら、俺は休まずに乳首ピアスとともに舌で更に捏ね回した。唾液の滑りで摩擦しながら、丹念に
 舐め叩いてやる。

225 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 12:01 ID:???
 「くふううっ・・ん、兄様」
 観月は滑らかな乳房を打ち震わせながら、俺の膝の上で可愛く悶えている。
 「そんなとこ吸うなんて、大きな赤ちゃんみたい・・・」
 「でも、観月だって、ここを吸われて弄られると気持ちいいんだろ」
 「はうっ、うふんっ・・・」
 「俺ももうこんなになっちゃってるんだ」
 「そんなもの、女の子の前で出さないで下さい・・・」
 そう言いつつも、観月は勃起した俺のペニスをやんわりと握ってくれた。ほっそりした指の中で、ペニスがニョキッとそそり立つ。
 「さて、こっちの濡れ具合はどうかな?観月の恥ずかしいヴァギナを見せてみなよ」
 俺は観月が乳房を責められ、メロメロになっている間に、制服のスカートを捲り上げ、純白のショーツを露出させた。
 俺はニーソックスに包まれた観月の太ももの間に手を差し込むと、観月はギュッと太ももを閉じたが、俺が乳房を弄んでいると、
 段々と力が抜けていった。
 「自分から足を開くなんて、観月はエッチな女の子だな」
 「だって・・・兄様・・・」
 「本当は最初から触って欲しかったんだろ?」
 俺はショーツの内側に指を潜り込ませた。観月の薄いアンダーヘアーを指で探り、敏感なクリトリスを指先で擦り回した。それから、
 指をトプッと秘穴にめり込ませた。
 「あはっ・・・」
 「おやおや、もうこんなに濡らしちゃって」
 ニーソックスだけを残して他の衣類を脱がし、観月のヴァギナを優しく掻き回してやると、クチュクチュと卑猥な音が鳴り響く。
 観月は俺の腕の中で身をくねらせている。俺の膝の上から落ちない様に、勃起したペニスを握る手に力を込めた。

226 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 12:03 ID:???
 「観月、欲しいかい?」
 「ああ・・はい・・・」
 「でも、きちんと何が欲しいか言ってくれないとね」
 「・・・いじわるぅ・・・」
 焦らされた観月は涙を浮かべながら、俺の目を見る。可憐な美少女の妖艶な姿に勃起したペニスはよりいっそう硬直する。
 「・・兄様の・・オチンチン・・挿入て・・下さい・・」
 生粋の巫女に破廉恥な言葉を吐かせても、未だ満足しない。
 「またもう一度、観月のヌード撮影させてよ」
 「!!」
 観月の瞳が大きく見開き、視線は一旦、宙を舞うがそれも一瞬だけで、俺に屈服する。
 「はい・・兄様。宜しく・・お願いしますぅ」
 お互いの要求に対する承諾を得ると、そのまま対面座位で俺達は合体した。向き合った格好で、観月が硬直したペニスの上に跨り、
 串刺しになった。
 「あふうんっ・・・」
 俺と観月は気持ち良い所を確かめ合いながら、ゆっくりと腰を動かした。こうやって肉体的に一つになっていると、魂も一つに
 なることが出来るような気がした。
 「あんっ、あんっ、あんっ、あんっ・・・・・」
 観月の好きな角度で存分に突き上げてあげると、彼女はお返しに、濡れそぼったヴァギナでそそり立ったペニスを情熱的で刺激的に
 締め付けてくれた。

227 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 12:04 ID:???
 「よし、このまま観月の大好きな騎乗位になるから、好きな様に腰を振っていいぞ」
 俺は完全に畳に横たわり、ニーソックスだけしか身に纏わない全裸の観月を上に乗せた。いつもこんな風に色んな体位を試していた。
 「あはん、こんな格好恥ずかしいです・・・兄様」
 「でも、下からの眺めは最高だよ、観月」
 上を見ると、剥き出しになった観月の巨乳がダイナミックに揺れ、ぶつかり合い、純金の乳首ピアスが合わせて踊っている。
 鮮やかで背徳的なピアスの向こうに、観月の可愛い喘ぎ顔が見える。俺は腕を伸ばして観月の美乳を揉みしだく。
 そして、重なり合った下半身の部分では、破廉恥な結合部が丸見えになっていた。観月は俺の上で何度も絶頂に達してしまった。
 「ああんっ、ああんっ、兄様、擦ってぇ・・!!」
 俺は観月の可愛いらしい喘ぎ声を聞きながら、熱い思いの精液全てを彼女のヴァギナに中出ししてやった。

228 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 12:05 ID:???
 何度も愛し合った後、まだ朦朧としている観月に、約束通り出来るだけ淫猥なポーズを取るよう命じてデジカメで彼女の恥態を撮影した。
 まず彼女の両脚を思いきりひろげ、俺の精液が溢れて流れ出た状態のものを撮り、産毛の様に薄い恥毛が慎ましい丘のあたりまで
 粘液が滑って光っている様子や、マングリ返しをさせて俺の精液が滴る観月のラビアを両手で広げさせてヴァギナだけでなくアナルまで
 丸見えの様子を何度も撮影した。
 いずれも観月の顔がはっきりわかるように、ロングとアップを交互に繰りかえした。
 デジカメの小さなシャッターの音を聞いているうちに、また催し始めた俺は、それから自分のグロテスクなペニスを振り立て、
 観月の白桃の様に美しいヴァギナにまともに入りこんでいる格好をタイマー機能で撮影した。
 俺が可憐で美しい大和撫子のヌードをあらゆる角度から撮影し終えると、観月は精も根も尽き果てたように畳の上でへたばっていた。


終わり

229 :番長:03/12/20 14:19 ID:uQXw7sNa
もうめぐみあかん!あか?あか?なんぼやつても寺で怨霊になるぼ。関ケ原の戦いとか屋島の戦い好きなやしはたまらんな。

230 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 16:04 ID:???
兄チャマ!あれほど言ったのに、まだそんなクソスレ立てるデスか!もう許しませんデス!
兄チャマのこと許すわけにはいかないデス!こんなスレでレスたくさん付くとでも思ってるなんて頭おかしいデス!
兄チャマみたいなバカは初めて見マシタ!兄チャマみたいなバカ、ゴキブリ以下デス!
兄チャマみたいなバカ、ウジ虫以下デス!死んでほしーデス!むしろ死ぬべきデス!兄チャマは絶対に許されないデス!
兄チャマみたいな勘違いしたバカを許すわけにはいかないのデス!面白半分にいい加減なカキコする兄チャマを四葉許さないデス!
兄チャマはキャラメルコーンのピーナッツをケツの穴に詰めて死んでしまえデス!!!
兄チャマが今までどんな生き方してきたか知らないけど、どーせひどい生き様だったと想像出来るデス!
兄チャマのカキコから読みとれるデス!バカ特有の 匂いがするデス!
兄チャマのことが全く理解出来んデス!兄チャマを絶対許さんデス!
兄チャマ死んでも許さんデス!地獄で苦しむデス!それでも足りないデス!
兄チャマは豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまうデス!!!
兄チャマもっと現実を知るデス!いつまでも引きこもってネクラなことしてる場合じゃないデス!
兄チャマはもー手遅れデス!兄チャマは何をやってもダメデス!
兄チャマはこの世に生まれてきたことを後悔してもダメデス!兄チャマは生まれ変わってもどうせダメ人間に決まってるデス!
兄チャマを絞め殺したいけど兄チャマに触るのが嫌なので やめるデス!でも、兄チャマみたいなカスは死ねよデス!
兄チャマ風呂の排水溝に吸い込まれて死ねよデス!!!
兄チャマみたいなヤツは絶対許せないデス!早く消えてほしいデス!
兄チャマさっさとこの世からいなくなってデス!!!
兄チャマいつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いデス!
兄チャマはこのまま生きててもいーことなんにもないデス!
兄チャマ何でもいいからさっさと死ねよデス!!!



231 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/20 16:33 ID:???
性交の夜には思い出す 桜継がしてくれた事 正常 騎上 後背 その他 体位は廻り廻るけど

輪姦されて汚い私なの でも見棄てずに拾ってくれた やめ てよ もう いい
そう言っても強引にね とっても うれしかった ありがとう

今日の私保ち続けたい 忘れていたい 事もある あの 日の 強姦 今でも恐怖くれる から

どんなに小さな刃さえも 私の心身 傷つける 無形と有形 確かに着ていた衣服が 今 襤褸きれへと変わってく

性交の夜には思い出す 桜継がしてくれた事 あの 日の セッ クス 今でも疼いて濡れ るの

今日はどんな風にしようか? いやらしいシチュエーション好き メイド ごっ こね いいよ
お止め下さいご主人様 花桜梨 もう壊れてしまいます


232 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/21 00:21 ID:???
>>228
撮影なら任せろ!
505isで、マーシーが記念撮影。
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ,〜((((((((〜〜、
 ( _(((((((((_ )
 |/ ~^^\)/^^~ヽ|
  |  _ 《 _  |
  (|-(_//_)-(_//_)-|)
  |   厶、    |
  \ |||||||||||| /
    \_______/
   /    \  __口
  ⊂  )   ノ\つ|| ◎ || < マーシーオリジナル、ドコモ
    (_⌒ヽ    ̄ ̄    505isサイレントシャッターモデル。
     ヽ ヘ }
     .ノノ `J

233 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/21 13:18 ID:???
荒れてんな〜。スレの主旨から外れ過ぎだよ、こりゃ。

234 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/22 00:41 ID:???
>>233
「DEEP BLUE」は、コミケも出店予定なしだし、
荒れるの当然と言えば当然なんだな。

235 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/22 03:50 ID:???
ちなみに皆さんはどのくらいの時間でオールクリアーしましたか?

私はPC版をしていましたので、その記憶を生かして約10時間弱でした。

236 :名無しくん、、、好きです。。。:03/12/31 09:55 ID:???
コミケでの最新情報によりますと、ロスパと3LDKのファンディスクが発売されるそうです。
滅茶苦茶楽しみですね。

237 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/01 21:38 ID:???
ま た コ ス プ レ マ ン か

238 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/11 12:26 ID:???
最近レスが無いですね〜。
保守保守

239 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/11 13:19 ID:???
噂の3LDKの移植が本当に発表されたならもう少し盛りあがるかもね

240 :めぐみんのことが好きです。。。:04/01/11 23:10 ID:???
めぐみんのコスプレが見てみたい。
衣装が二つしかないのが凄く悲しい…+αも一応あるけど。

それにしても3LDKがPS2に移植っていうのはどういうことか?
ドリームキャストならば少しは理解出来るんだけどな。

241 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/12 07:12 ID:???
どこが移植するか知らないけど、
(たぶん本命の)プリンだったら、PS2ってのは不思議でもなんでもないじゃん。
アルケやインチャネならDCかもだけど。
内容のことで言ってるのだとしても、DCでも無茶出来る訳でもないしなー。

でも今のプリンなら、両機種で出るかもね。

242 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/15 00:18 ID:???
昔NHKで放送された「街道をゆく」が、現在CSヒストリーチャンネルでやってるんですが。
今回のは「中津・宇佐編」
短時間ですが、宇佐神宮も出てますた。
巫女さんを3人ほど確認。
ガキの頃に1.2回行ったことあるけど、風景には全く見覚えなしw

243 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/17 02:58 ID:???
2ちゃんねるのこわい話
http://www.currymania.info/
の本日分

伊勢神宮の内宮に行くと・・・・
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1015332741/l50

は、ちょっとおもしろいかも
めぐみんみたくヤヴァイことに・・・それはないかw

244 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/18 21:50 ID:???
どこかにPS2版の攻略サイトないですか?
攻略条件はここのログ見て、ある程度わかったんだけど、
PC版の攻略が全然使えないんで、どこがどうなってるのかサパーリだよ

245 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/22 23:54 ID:???
月読神社って実在するんでしょ?
月読の巫女とかもあるのかなぁ…

246 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/23 00:23 ID:???
>>245
実在する↓月読の巫女は居そうもないが、舞殿は有る様だ。
http://www5.ocn.ne.jp/~tukiyomi/menu.html
http://www.hi-ho.ne.jp/kyoto/tukiyomi.html
http://www.genbu.net/data/yamasiro/tukiyomi_title.htm

247 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/23 00:54 ID:???
「つきよみ」なの?
ずっと「つくよみ」だと思ってたよ…

248 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/23 02:05 ID:???
主人公がむかつく
コスプレ好きはともかく性格悪い


249 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/24 16:24 ID:???
PS2版の攻略サイト、ヤフーでもグーグルでも見つからんな
どうやら今のところ存在しないようだが、お前ら作ってくれないか?
ネット初をやってみれ。そして漏れに見せろ。攻略できん(つД`)

250 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/24 17:47 ID:???
>>249
@選択肢を全て箇条書きにする。
Aそこから樹形図を書き、全てのパターンを計算。
B(゚д゚)ウマー
がんがれ。
攻略サイトを見ての攻略は面白くないぞ。

251 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/24 19:13 ID:???
なあなあ。
ゲームでのLostPassageのその後を書いたゲームが出てるって聞いたけどフント?

252 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/24 20:25 ID:???
>>250
そうかも知れないが、何回やってもクリアできないと腹立つ場合もある

253 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/25 00:08 ID:???
>251
そりゃあPC版のファンブックでかなり前に発売済み。
おまけCDが同梱されていて観月と沙雪のコスプレエッチが出来る。

254 :名無しくん、、、好きです。。。:04/01/25 08:17 ID:???
>249
G's1月号に載ってたよ

255 :めぐみんのことが好きです。。。:04/01/26 04:26 ID:???
>>251
確かにあるな…理乃が担任になって出てきた。

256 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/04 12:20 ID:???
やっぱりPCへの逆移植っていうか再移植してくんねーかな?
もちろん18禁で。

257 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/08 20:19 ID:???
理乃が担任って3LDK(はぁと)ちゃうか?

258 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/10 20:00 ID:oA8U1dUX
age

259 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/11 05:00 ID:???
今度、ロスパと3LDKの合同ファンディスクが発売されますね!
恐らく6月末頃だと思われ。
PS2版の画像も入れてくんないかなあ?

260 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/21 10:02 ID:???
誰かPS2版の攻略チャートを作ってくれよ。
雑誌にはあったようだが、ネット上にはどこにもねーよ。

261 :めぐみんのことが好きです。。。:04/02/21 13:54 ID:???
だから、激・ラヴ・めぐみんとかを攻略するには過去辺をやるべし。
あとはPCとほぼ一緒だからな。

自分のHPを2chに公開したくないのさ。

262 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/21 17:34 ID:???
>>261
別に2chに公開しろなんて言ってないよ。
探してもないんだ。嘘だと思うなら探してみてくれ。
PC版のなら大量に見つかるんだが、PS2版のは全然見つからない。

ついでに言うと、漏れはいわゆる「マニュアル人間」。
攻略チャートなしじゃプレイできないんだ。
だからまだ手を付けてもいないし、どういう作品なのかも知らない。
攻略チャートが見つかるまでずっと積みゲーだ。
好きにしろと言いたいだろうけど、漏れは一応プレイはしたい。
だから誰か攻略作ってくれ、ホントに頼むよ。どこ探してもないんだよ…。

263 :262:04/02/21 17:36 ID:???
失礼、「手を付けてもいない」というのは、正確には嘘だ。
本当は少しだけやった。
だけどPC版の攻略チャートが適合しないと判明してからはやってない。

264 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/21 17:41 ID:???
PC版の攻略で大丈夫だよ
沙雪、めぐみを取りあえず後回しにして攻略してけばいい

265 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/21 18:43 ID:???
>>264
後回し?すると攻略する順序があるということか?
どういう順序がベストでつか?
あと、聞くばっかりで申し訳ないけど、
PS2版はコモンエンドも見ないと先に進めないの?

266 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/21 21:15 ID:???
>>265
コモンエンドって何ですか?

教生、元恋人、フィリピンのエンドを全部見る

月読の巫女、病弱の現在見ることの出来るエンドを見る
(これは必須なのかどうか知らないです)

過去編がタイトルの「最初から始める」に出てくる

残りのエンドみる

自分はこんな感じでした。
注意してほしいのは似たような展開でも、
新たな選択肢が出てくる事があるので我慢して読み進めること。

PC版の攻略見てるとちゃんと気づくはずなので
もちっとがんがって下さい。



267 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/21 22:18 ID:???
>>265
観月のトゥルーエンドと沙雪のハッピーエンドとめぐみシナリオは
過去編ってヤツを見ないとクリア出来ないのよ
で、過去編を見るのに他のキャラをクリアする必要があるわけ

268 :巫女さん好きの午後:04/02/23 01:30 ID:???
>>265
エンディング一覧は埋っていないけど。(バットエンド埋め中)

(クリアした順)観月タン→育美タン→沙雪タン(さようなら)→
理乃タン→エリナ→沙雪タン(旅館の亭主エンド)

この後、タイトル画面にて、「最初から始める」を選ぶと、
「現代編」・「出雲編」の選択肢が出る。
「出雲編」を全て読むと、今度は「平安編」が出る、
これを全て読んでから、現代編を始めると、

食料を買いに、観月タンと校外へ連れて出るかの選択肢が出る。
「無理に誘う」・⇒「無理に誘わない」

ただし、ここで「無理に誘う」を選んでも、その日の帰りに道にて、
「今日は我慢する」・⇒「観月と別れて商店街へ」の選択肢で、
商店街へ行けば、お腹を空かした「めぐみタン」に
あまぱーんをプレゼント出来るけど。

269 :265:04/02/23 18:52 ID:???
>>266-268
サンクス。非常にありがたい。マジでありがとう。

270 :名無しくん、、、好きです。。。:04/02/25 23:06 ID:jR3aEdqD

661 名前:名無したちの午後 投稿日:04/02/25 20:58 ID:BagCd4UD
ttp://www.venus.dti.ne.jp/~nekoneko/uso900/topi20034.html
PS2
『3LDK 〜幸せになろうよ〜』プリンセスソフト/ADV/春
通常版:6800円/初回限定版:7800円(オリジナルドラマCD同梱)
PC版の移植
新規シナリオやイベントCG、妹尾千寿のEDが2種類追加

271 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/03 23:45 ID:???
特にない
否定する
誤魔化す
否定する
がんばれ
一緒に持つ
フィリピンって、どこだっけ?
ちょっと早いけど、そろそろ寝よう
眠い…
ごめんなさい
そんなことより…
エリナ
みんなと昼食をとる
そうでもない
置いていく
何でもない
沙雪が作れなくなったから
通り過ぎる
健全な思考
そんなことはしない
プロレス技
先を急ぐ
本物か?
触らぬ神に祟りなし
そっとしておく
流される
秘密にする
それどころじゃないだろ?
俺も早く帰ろう
8月23日

272 :271:04/03/03 23:52 ID:???
PS2版プレイ中、上のは新・沙雪EDをクリア「しようとして」
漏れが選んだ全選択肢なんだが、クリアできなかった。
どこが間違ってるのかわからないのですが、
具体的に「どこでどの選択肢を選べばいいのか」教えてください。
教えてクンですまないけど、マヂでわからなくて困ってるんだ。
ちなみにED達成率は、

観月ハッピーエンド
育美ハッピーエンド
理乃ハッピーエンド
エリナハッピーエンド
沙雪バッドエンド

で、5/17。

273 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/03 23:55 ID:???
沙雪新ED行くには誕生日にブローチ渡せばいい
選択肢忘れたけど誕生日当日に観月から誕生日のことを指摘させるイベントがあったはず

274 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/04 00:03 ID:???
あ、思い出した
多分>>271の最後の選択肢を観月を探す選択肢に変えたら良かったような気がする

275 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/12 00:02 ID:???
う〜ん、うまいっ!

ロスパ丼おかわり!


276 :めぐみんのことが好きです。。。:04/03/12 05:21 ID:???
めぐみ丼が欲しいです。
もち息長帯と三輪御前とめぐみんで

277 :巫女さん好きの午後:04/03/13 12:13 ID:???
>>276
ソレダ!(・∀・)イイネー!
めぐみタン丼は、やっぱり、風呂+コスプレで(;´Д`)=3。

278 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/13 19:27 ID:g6m5krAk
ヽ(`Д´)ノウワーン!めぐみタソルート行けないぞ!!!
10回以上も試したのに・・・・
誰かヘェルプミィ〜!!!


279 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/13 20:25 ID:???
>>278
特定のキャラをクリアしないといけない。

280 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/13 21:28 ID:0C+0buTf
300

281 :巫女さん好きの午後:04/03/14 00:30 ID:???
>>278
現在までに、めぐみタン以外のGoodエンドを見ましたか?
(移殖で追加されたGoodエンドも含む)

>>268で書いた通り、タイトル画面にて、「最初から始める」を選んで、
「出雲編」が選択出来ないと、「現代編」が完了していません。

そう言えば、カキコしてから、まだバッドエンド埋めてない・・・・・・。
ファンディスクまでに完了しないと・・・・・・。

282 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/17 17:11 ID:???
DEEP BLUEスレッド8 〜3LDK(はぁと)再販〜
http://vip.bbspink.com/test/read.cgi/hgame/1065325362/l50

次からテンプレに追加しようぜ。
ここで質問したほうが多分情報も多いと思う。

283 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/17 22:08 ID:???
当然、21歳未満閲覧禁止って入れといてね。

284 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/22 23:15 ID:???
今、PSのロストやっているんだが
沙雪が死んだ・・・

285 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/23 05:28 ID:???
どうせ助かるんだろぉ?
近頃の奇跡ってぇのは、大安売りだからな
とか思ってたので凹んだ記憶が
がんがれ>284

286 :めぐみんのことが好きです。。。:04/03/24 06:19 ID:???
そうだな、大安売りで白ける部分が凄いあるよ。
沙雪も安売りし過ぎな部分あるだろうね。
ブローチを返せただけでも凄い奇跡だと言う事さ。

287 :巫女さん好きの午後:04/03/24 18:07 ID:???
沙雪タンの初エンドは安売りな奇跡が無いからイイのですよ。
ただ、あのルート初めての時は、バットエンドだと思って、PS-2リセットしたけど・・・。
最近発売された某ゲームにて、
「奇跡は起こらないから、奇跡て言うんですよ」て、
言って置いて、(一度は死亡したけど)魔法を使っての復活エンドに、
多くのユーザー(俺も)が、Σ(゚д゚)ポカンしてたし。

288 :巫女さん好きの午後:04/03/31 11:26 ID:???
やっとPS-2ロスパ100%完了・・・次に、ゲーム機として使うのは3LDKだろうか・・・。

289 :めぐみんのことが好きです。。。:04/03/31 20:55 ID:???
そだな、6/24日予定らしいよ。

290 :名無しくん、、、好きです。。。:04/03/31 23:18 ID:???
まてねぇ〜

291 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/02 09:03 ID:???
背徳者の小夜曲ってPSに移植されないの?

292 :めぐみんのことが好きです。。。:04/04/02 23:04 ID:???
>>291
ひょっとしてそれはギャグで言っているのか?w

293 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/08 16:59 ID:???
沙雪が新幹線まで見送りに来てくれたよ

294 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/08 21:18 ID:???
んで蒸発したわけだな。

295 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/12 22:22 ID:???
22:20:02 *Ison-on nemuNZwwR

296 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/13 20:12 ID:???
正直、現実では女ばっかりの神社なんてないんだよね。

宮司だってちゃんと、大学か養成所行って資格取らないと駄目だしね。

297 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/14 08:25 ID:cWE7qDLV
仕事中……仕事いってきます
いつまでも喋ってないで早く行けよ

298 :名無しくん、、、好きです。。。:04/04/19 06:57 ID:???
音夢と一つになって

299 :名無しくん、、、好きです。。。:04/05/06 22:55 ID:8bblVQZE
age

300 :名無しくん、、、好きです。。。:04/05/20 17:45 ID:???
300

301 :名無しくん、、、好きです。。。:04/07/15 11:42 ID:???
301

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)