5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポケモンカップリング総合スレ2

1 :名無しさん、君に決めた!:04/03/17 23:11 ID:0Q2BcNw9
ポケモン関係のカップリングをマターリ語りましょう。
アニメ・ゲーム・ポケスペ・穴久保など何でもどうぞ。
基本的にsage進行でお願いします。

前スレ ポケモンの人間キャラのカップリングについて
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/poke/1056108727/l50

尚、サトカス・サトハルについては専用スレも立っています。
言い合いや混乱を避けたい場合はそちらで思う存分語ってください。

カスミ→サトシ総合スレッド
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/poke/1068183968/l50
サトシ×ハルカを語るスレ
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/poke/1073655956/l50

902 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 10:46 ID:???
>>873-901
お前ら、ウザイ
反応してる香具師もウザイ

903 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 10:47 ID:???
>>902
ウザイという人がウザイのです(^^

904 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 10:47 ID:???
チコリータ

905 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 10:48 ID:???
以下無限ループ

906 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 10:48 ID:???
>>873-904
通報しました

907 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 10:59 ID:???
「ユウキくんっ!研究所に帰ろ!」
「あ・・・ああ」
ここはコトキタウンの近くの103番道路。
少女と少年が今、ポケモンバトルを終えたところだった。
勝ったのは少年で名前をユウキといい、
少女はハルカという名前である。
「・・・ちょっとは勝てると思ったのになー!
 なんで相性はこっちの方がいいのに負けちゃったんだろ?」
「それはオレの方が、ポケモンの育て方が上手いのかもな」
そうユウキが言うとハルカは頬をぷくーっとふくらませ、
「そっ、そんなことないよ!
 今日はアチャモとあたしの調子が悪かったからだよっ。
 次は絶対勝っちゃうんだから!!
 ・・・あ。そうだ」
「ポケモン勝負は負けちゃったけど・・・」
それがどうしたんだ、という顔でユウキはハルカを見ると
「な、なんだよいきなり!?」
ちょっとためらい、ハルカは小さく言った。
「どっちが先にイくか、ちょっとしない?」
「するって・・・お、おい。まさか・・・」
動揺するユウキに、ハルカは少し怒ったような口調で
「ユウキ君は嫌?」
「そりゃ・・・何ていうか・・・」


908 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 11:00 ID:???
「あーっ!逃げるの?
 それってヒキョウかも!」
卑怯と言われたって・・・。
呆れた目でハルカを見る。
「じゃあ・・・勝手にやっちゃうから!」
そう言い、ユウキを草むらに押し倒す。
いきなりだったのでユウキは見事に転んでしまった。
そしてユウキの上にハルカが乗っている。
抵抗もせず、ユウキは言った。
「な、なにするんだよ!?」
「わかってるくせに!」
そう言いながらハルカは服を脱ぐ。
「誰か来たら―――」
「だいじょーぶ!
 ここ全然人来ないってお父さん言ってたし!」
言い終えたときにはすべての服を脱いでいた。
「は・・・早く服着ろよ!!」
と、言いながらユウキの視線は
ハルカの小さな割れ目と小さな胸にいっていた。
割れ目は少し濡れていた。
(オレ、今勃ってる・・・)
そうユウキが思っている間、
ハルカは自分の割れ目をユウキの股間の上にくるように動いていた。


909 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 11:02 ID:???
「よいしょっと・・・
 あ。何か硬いものが・・・」
「あ・・・」
「これが男の子のなのね!
 ・・・っていうか早くユウキ君も脱いでよ!!」
ちょっと間が合き小さくつぶやいた。
「あたしのアソコ、濡れてるのわかるでしょ・・・?
 早く、したいんだもん・・・」
「・・・分かったよ。
 ちょっとどいてくれないか?」
「あ、うん」

・・
・・・
『パサ・・・』
「うわぁ!
 こうゆうのなんだー・・・」
全裸になったユウキの股間を見て、ハルカは言った。
「よくよく見るのはもちろんはじめてかも!」
「お前、初めてなのか?」
「そうだよー!何で?」
(・・・ただそういう知識があるだけか・・・)


910 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 11:03 ID:???
「あたし上でいいかな?」
「ああ・・・」
そう言い、ユウキを押し倒す。
(濡れてるから、大丈夫よね!)
そんなことも考えながら
ユウキの先端を自分の割れ目にハルカは導く。
『にゅぽっ』
「あ・・・んあああああああああああっっ!!!」
痛みでハルカは叫んだ。
温かいハルカの膣(なか)に入っていくのをユウキは感じた。
「んんんっ・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・」
「だ、大丈夫か?」
「う、うん・・・。
 動かすけどいいよね?」
「ああ」
『ちゅくっちゅくっちゅくっ・・・』
水の音がなる。
「すごい・・・気持ちいい」
「んんっ!はぁ・・・
 あたしも・・・気持ちいいっ・・・かも!
 きゃっ?」
突然ユウキがハルカの上になった。
そしてハルカを腰で激しく攻め立てる。
「う、あ・・・んんっ!!
 はぁ・・・あんっっ・・・」
『ぢゅくっぢゅくっ・・・』


911 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 11:04 ID:???
ユウキには、快感で乱れるハルカを見て
更に興奮してきた。
そう思うたびに腰の動きは速くなっている。
「ユウキ・・・君っ!
 イ・・・イっちゃう!
 あ、んんんっ・・・んああああああっ!!」
「オレも、くっ・・・」
二人はほぼ同時に快感の絶頂に達した。

・・
・・・
「結局・・・どっちが勝ったのかな・・・?」
「さあ・・・それよりも、
 オレまだで良かったな」
「えー?あたしは出して欲しかったな」
「・・・またやろうな」
「うん・・・」


912 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 11:23 ID:???
タマザラシ

913 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 11:23 ID:???
シザリガー

914 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 12:34 ID:Gc0oMByY
ガンダルフ

915 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 12:59 ID:???
フグリーンw


916 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 13:11 ID:???
ガルーラ

917 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 13:14 ID:???
ラクライ

918 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 13:16 ID:???
イシツブテ

919 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 14:11 ID:???
テッポウオ

920 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 14:17 ID:???
オオタチ

921 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 14:36 ID:???
チルタリス

922 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 15:07 ID:???
ス…スね〜スバメだとベタだなら、
スレ違いなサトハル厨はこっちいけ
http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1087390210/l50


923 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 15:10 ID:???
スイクン

924 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 15:11 ID:???
スミサト

925 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 15:12 ID:???
トオハル

926 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 16:20 ID:???
ルリリ

927 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 16:28 ID:???
リングマ

928 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 16:39 ID:???
マクノシタ

929 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 16:52 ID:???
無駄にレス食ってる奴氏ねよ

930 :名無しさん、君に決めた!:04/07/13 18:06 ID:???
>>929
無駄レス乙

931 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:10 ID:???
タマタマ

932 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:12 ID:???
マッスグマ

933 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:12 ID:???
マルノーム

934 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:13 ID:???
ムチュール

935 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:16 ID:???
ルージュラ

936 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:25 ID:???
ラルトス

937 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:33 ID:???
ストライク

938 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:34 ID:???
クチート

939 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:34 ID:???
トドグラー

940 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:35 ID:???
ラルトス

941 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 09:36 ID:???
スリーパー

942 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 10:55 ID:???
いやっほぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!
しりとり厨帰れー!!!!!

                    , -つ:::*:.:∧_∧
                  /__ノ.....∴::::( ´Д`)・:.>>しりとり
                / / ∴:::*:.*: _>  ⌒ヽ*:.
     ,,,,,__     / /― = ̄:::*...../    へ \
    (mn)_  ヽ  / //・/ ソ/ ノ /    / \\\
      ∧_∧ )_(  /- ― = ̄  ̄  レ  ノ    ヽ_ヽ_つ
  m  (´∀` )⌒: //・ソ /彡/  /  /
  )| |    _/ / /- ― = ̄    /  /|
 ( _ ̄ ̄ ̄ _/___ /彡ソ/ ///   ( ( 、
     ̄ ̄ ̄ / /            |  |、 \
         /  /            | / \ ⌒l
         ( (             | |   ) /
         |  |            ノ  )   し'
         | /           (_/
         | |
        ノ  )
       (_/


943 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 11:00 ID:???
ユウキ「一睡も出来なかった…」
ユウキの眼は寝不足でクマが出来ていた
ハルカ「んん… むにゃ…」
ユウキ「良く寝られるな…  のわっ!!」
突然 ハルカがユウキの腕に掴みかかった
ハルカ「ユウキ君… むにゃ…」
ユウキ「寝相だよな… どうしよう… 起こすべきなのか?…」
その時 ハルカが寝返って仰向けになった
ユウキ「おいおい… 俺を誘ってやがるのか コイツは…」
どこから どー見ても ハルカは誘惑ってるようにしか見えなっかった
ユウキ「ハルカって 好きな奴居るのかな…  ゴクッ…」
ユウキはハルカの おそらく誰にも奪われてないだろうピンク色の唇を見て
唾を飲み込んだ…
ユウキが翻弄されているのも知らず ハルカはまだ未発達の胸を静かに上下させていた
ユウキ「……(胸… 結構でけぇ…)触ってみようか…な」
ユウキは静かにハルカの胸に手を伸ばした…


944 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 12:51 ID:???
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/poke/1089752621/l50

945 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 17:11 ID:???
パールル

946 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 18:04 ID:???
ルリリ

947 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 18:12 ID:???
リリーラ

948 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 18:28 ID:???
サトシとハルカの子供ってどっちを目指すんだろ…


949 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 18:40 ID:???
ライチュウ

950 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 18:51 ID:???
ウツボット

951 :名無しさん、君に決めた!:04/07/14 19:18 ID:???
トドゼルガ

219 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★